ヤマボウシ

ヤマボウシ.png
ヤマボウシは樹高が10メートルほどに生長する
頭状花序の下に白い大型の総苞片があって、
これが花弁のように見える特徴がある
花(白い総苞片も含めて)は上向きに付くので、
大きなものでは木の近くまで行くと花が全く見えなくなる。
花後に赤く熟した果実は甘く食べることが出来る。
このため一部の地域では「山桑」と呼ばれているそうだ。
では、本来のヤマグワのことは、
なんと呼んでいるのだろうか・・・・・・
ちなみにマイフィールドでは、
羽化したミドリシジミが集まって来る木としても知られている・・・・・・
記事画面の画像クリックで大きくなります。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント