アクセスカウンタ

里山再生計画

プロフィール

ブログ名
里山再生計画
ブログ紹介
いつの頃からか近所から姿を消していた、多くの野草や野鳥、そして昆虫たち・・・・・・。里山は今も昔のままに、野の花が、渡り鳥が、そして四季折々の昆虫たちが、季節の移ろいを知らせてくれる・・・・・・。日本人が忘れかけていた、「日本の四季」が、里山には今でも確かに存在している・・・・・・。

(当サイトの全てのファイルは著作権及び意匠権によって保護されています。全ての権利は管理者に将来に亘って帰属します)

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
ヌルデの花
ヌルデの花 9月の上旬、里山ではヌルデの花がたくさん咲いていた。 ヌルデは花付きはいいが、画像のように目立たない花なので、 枝葉の一部と捉えている人が多いようで、 散策している人はほとんど気にしていない。 冬になるとたわわに実った果実をあちこちで目撃するが、 花がこの時期に咲くことはあまり話題にならない。 ヌルデは8月〜9月の最も暑い時期に花が咲くので、 散策している人が少ないことも、 その原因の一つかもしれない・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/09/25 18:06
フキバッタ
フキバッタ フキバッタはフキやクズの葉を食べると言われているが、 食草が豊富にあっても都市部では見たことがない。 里山環境では谷戸のあちこちで出会うところをみると、 周囲を樹林に囲まれた環境が好みなのだろうか。 里山では田んぼ周辺にたくさんいる コバネイナゴとしばしば間違われている・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/09/23 18:20
オトコエシ
オトコエシ 里山では林縁や草地でオトコエシが花盛りだ。 40〜50センチほどの高さのものから、 1メートルを超えるものまで見られるが、 小さくてもちゃんと花を咲かせている。 大きく生長し過ぎたものは自重に耐え切れず、 横倒しになって花を咲かせている姿をしばしば見かける・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/09/21 17:19
ショウリョウバッタのメス
ショウリョウバッタのメス 草の中にショウリョウバッタが潜んでいた。 こうして見るとショウリョウバッタは、 草の葉っぱの形に擬態していることが分かる。 じっとしていれば道行く人に気付かれることはまずないだろう。 ショウリョウバッタのメスはかなり大きいので、 こうして何かに擬態していないと天敵にすぐに見つかってしまう。 それにしても自分の体を食べ物の形に寄せてしまうなんて、 かなり思い切ったことをしたものだ。 しかし、これが最も合理的な擬態なんだろうな〜・・・・・・記事画面の画像クリッ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/09/20 18:45
姉妹ブログを更新しました
姉妹ブログ、「くろねこさんの昼さがり」を更新しました。 今回は街でよく見かける「腕をブンブン振って歩く女性」のお話。                   http://kuronekosannchi.cocolog-nifty.com/blog/ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/09/19 18:47
センニンソウ
センニンソウ 里山では谷戸のあちこちで見られるセンニンソウ。 大株が見られる場所では土手の上から、 まるで滝が流れ落ちるように白い花が群開していて壮観だ。 この場所を通ると、 毎回、思わず立ち止まって見入っている人が必ずいる・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/09/18 18:23
シオカラトンボのメス
シオカラトンボのメス 画像は「ムギワラトンボ」と呼ばれるシオカラトンボのメス。 田んぼの脇の草に止まっているのを見つけたものの、 近付いたら飛び去りそうな予感がする。 ところがそばまで行っても一向に飛び立つ気配がない。 「あれ」と思って様子を観察すると、 「むしゃむしゃ」と何かを食べている最中だった。 チラッ、チラッとこちらを見ていたので、気にはなっているようだが、 食欲の方が勝っている状態のようだった・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/09/16 18:17
ツルボ
ツルボ 秋の空気に入れ替わって、 里山ではツルボがあちこちで見られるようになった。 ツルボは土手や草地で普通に見られるが、 草刈りをせず、草が生え放題の場所ではほとんど見られない。 草刈りを行わない場所では、次第に背丈の高い草に覆われて、 ツルボのように背丈が低い植物は育たなくなってしまう。 里山のように季節ごとに人の手が入る場所では、 ツルボはどんどん増えて行く・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/09/15 18:16
オオカマキリ
オオカマキリ いやに黄色い印象のオオカマキリと出会った。 写真で見るとそうでもないが、肉眼で見るとカマや胸部、 翅の付け根付近がかなり黄色い印象が強い。 発見した時の第一声は「なんか黄色いよね」だった。 様々な角度から撮影しておきたかったのだが、 撮影に付き合ってくれたのはこの1枚だけ。 黄色いカマキリは、「ちょっと急いでいるので悪いね」と、 そそくさと薮の奥へ歩いて行ってしまった・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/09/12 17:05
クズの花
クズの花 強靭な蔓を地面に這わせ、大きな葉を次々と広げて、 あっという間に草地を占領してしまうことから、 クズはやっかいがられることが多い。 しかし、クズは秋の七草の一つとされていて、 花は画像のようにとても可愛らしい・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/09/11 17:29
ヤブヤンマ
ヤブヤンマ 里山の最寄り駅で発見した昆虫シリーズ、 今回は大物で「ヤブヤンマ」。 いつそんなシリーズが出来たんだという話はさて置き、 ヤブヤンマを見つけたのは8月の下旬、 駅の人通りの少ない裏の方でひっくり返っているところを発見した。 ひっくり返っていたので、もうすでに死んでいるのかと思っていたら、 摘み上げると翅をバタバタとバタつかせて、 まだかろうじて生きている様子・・・・・・。 このままここに置いて行ったら、人に踏まれてしまうと思い、 とりあえず連れて帰ることにした。 ヤブヤン... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/09/10 18:35
姉妹ブログを更新しました
姉妹ブログ、「くろねこさんの昼さがり」を更新しました。 今回は我が家のビビリなへなちょこネコたちのお話・・・・・・。                  http://kuronekosannchi.cocolog-nifty.com/blog/ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/09/07 18:06
近所のセセリチョウ
近所のセセリチョウ 帰宅途中のこと、住宅街の小道を歩いていたら、 視界の片隅をチラチラと横切っていく何かがいる。 立ち止まって、じっと目を凝らすと、 セセリチョウが5〜6匹、 民家のグリーンカバーの花に集まって来ていた。 こんな時はカバンに入れっぱなしになっているコンデジの出番だ。 セセリチョウは意外と素早く飛び回るチョウで、 姿を確認するまでチョウだと思っていなかったということも多い。 セセリチョウはこんな都市部の住宅街でも頑張って生きていて、 毎年たくさんの個体を観察することが出来... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/09/02 17:16
ヤマホトトギス
ヤマホトトギス 林縁や林道でヤマホトトギスが可愛らしい花を咲かせている。 まだまだ、暑くて体感的には「夏」なのだが、 里山では秋の花が咲き始め、 コオロギなどの秋の鳴く虫がセミに負けないくらい、 にぎやかになって来た。 暦は確実に秋にシフトしようとしている。 都市部では秋を感じることが出来る場所が少ないので、 なかなか秋を感じることが出来ず、 いつまでも「体感的に夏」の印象ばかりが強いのだ・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/29 17:37
暑さ戻りセミ復活!
暑さ戻りセミ復活! 最近、気温が低めの日が続いて、 セミの鳴き声がだいぶ少なくなっていた。 最盛期には早朝から夜の8時、 9時ごろまでガンガン鳴いていたので、 「やっぱりセミも秋を感じ始めているのかな〜」と思っていたのだが、 暑さが戻りセミの鳴き声も復活した。 それにしても、8月も下旬だというのに、35℃とかやめて欲しい。 もう、いいかげん秋を感じさせて欲しい。 それでも、夜はセミは鳴かなくなって、 代わりにコオロギがいい声で鳴いている。 「もういい加減、主役は交代しろよ」といって... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/25 18:11
シロバナガガイモ
シロバナガガイモ 里山ではガガイモの花は薄い桃色のタイプしか見たことがない。 ところが近所では白花のガガイモが自生している場所がある。 月極め駐車場のアスファルトの割れ目から芽を出して、 フェンスに絡んで生長している。 毎年、たくさん花を咲かせるのだが、 その後草刈りにあって残念ながら果実を見たことはない。 白花のガガイモが珍しいのかどうかは知らないが、 個人的にはこの場所でしか見たことがないので、 桃色のタイプよりは少ないものと思われる・・・・・・記事画面の画像クリックで大... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/22 18:17
エンマコオロギ/ミョウガの花
エンマコオロギ/ミョウガの花 マイフィールドの里山の最寄り駅には、 様々な昆虫が入り込んで来る。 この日は改札付近でエンマコオロギを発見。 隠れる場所がなくてあたふたしていたので、 救出してやろうと手を差し伸べたら自分から飛び乗って来た。 これから里山に出かける時なら途中で放してやるのだが、 帰りでしかも改札に入ったところだったので、 Uターンする訳にもいかず、いっしょに帰ることにした。 しかし、まさかコオロギを救出するとは思ってもみなかったので、 昆虫を入れる容器など持ち合わせていない。 仕方なくコ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/19 18:48
アブラゼミ
アブラゼミ 熱中症にならないように木陰で水分補給をしていたら、 セミの声がばかにやかましい。 振り返って背後の桜の木を見ると、 目線ほどの高さに2匹、 目線より上に3匹のアブラゼミが確認出来た。 かなり上の方からも声が聞こえていたので、 少なくとも5匹以上のセミが止まっていたようだ。 ちなみにすぐ隣の桜の木には1匹も止まっていなかった。 セミを観察していると、こういうことがよくあるのだが、 なぜなのだろうか・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/15 19:09
姉妹ブログを更新しました
姉妹ブログ「くろねこさんの昼さがり」を更新しました。 今回は今や都市部では激減してしまったクツワムシのお話。                 http://kuronekosannchi.cocolog-nifty.com/blog/ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/11 18:22
カブトムシ
カブトムシ 里山ではこの時期、午前中に林道を歩くと、 かなりの確率でカブトムシに出会う。 樹液の出ている木で見つかるのはもちろんだが、 林道を普通に歩いていたり、ひっくり返ってじたばたしているものもいる。 どういう理由でそうなったのか定かではないが、 とにかく地上にいるカブトムシは慌てているように見える。 樹液に夢中になっていたら、もう辺りは明るくなっていて、 「やべえ早く隠れなきゃ」といったところだろうか・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/08/07 18:01

続きを見る

トップへ

月別リンク

里山再生計画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる