キンモクセイが開花

いい香りを漂わせながら、 キンモクセイが咲き始めた。 毎年のことだがこの香りを感じると、 「もうそんな時期か・・・」と、 カレンダーを眺めて、 今日の日付をわざわざ確認したりしてしまう。 そういえば昨年はキンモクセイが3回も咲いて話題になった。 あれからもう1年が経ったのだなぁ。 …
コメント:0

続きを読むread more

ヌスビトハギ

画像はヌスビトハギの花。 先週UPしたアレチヌスビトハギは、 もともとは北アメリカ原産の外来種だが、 ヌスビトハギは昔から日本各地で見られる植物だ。 里山では林縁や雑木林の半日陰の場所に多く見られ、 日当りのよい開けた場所で見かけることはまずない。 3~4ミリ程度の小さな花で、 肉眼で…
コメント:0

続きを読むread more

おかえりなさいアキアカネ

先週、アキアカネが突然山から帰って来た。 谷戸はアキアカネの到着で急ににぎやかになった。 赤トンボは季節感が感じられて、 とてもいい被写体だが、 アキアカネは正にその代表だろう。 アキアカネに協力してもらい、 秋を感じられる写真を撮りたいなとも思ったが、 山から帰って来たばかりでお疲れ…
コメント:0

続きを読むread more

林縁の彼岸花

画像は林縁で咲く彼岸花。 彼岸も明けて、 彼岸花も終盤に入りつつあるが、 林縁や雑木林で見られるものは、 まだまだ見ごろをキープしている。 この花が終わる頃、 秋はまたもう一歩、 歩を進めることになる・・・・・・記事画面の画像…
コメント:0

続きを読むread more

姉妹ブログを更新しました

姉妹ブログ、「くろねこさんの昼さがり」を更新しました。 日常生活に潜む、 思わず「プッ!」と吹き出してしまう笑撃を、 四季折々の写真と共に、 あなたにちょっとおすそわけ・・・・・・。             http://kuronekosannchi.cocolog-ni…
コメント:0

続きを読むread more

ガガイモの花

画像はガガイモの花。 フェンスに絡んでいるのを見つけることが多いが、 これは目に付きやすいから。 里山環境であれば、 ガガイモは草地や林縁でも普通に見られる。 ただ、蔓性の植物なので、 地を這った状態だと他の植物に埋もれてしまって、 非常に分かりづらい。 マイフィールドは白花が圧…
コメント:0

続きを読むread more

ショウリョウバッタのメス

画像は草の中に潜むショウリョウバッタのメス。 日本最大級のバッタで、 メスの大きさはオスの倍の8センチ近くもある。 オスは草地に一歩踏み込むと、 キチキチ音を立てながら一斉に飛び立っていき、 嫌でもその存在に気付かされることになる。 ところがメスは体が大きく重いせいか、 オスのように飛…
コメント:0

続きを読むread more

アレチヌスビトハギ

画像はアレチヌスビトハギの花。 北アメリカ原産の帰化植物だが、 花は日本のヌスビトハギより美しい。 図鑑を見ると、 普通に市街地でも見られるようなことが書いてあるが、 個人的にはアスファルトに覆われた都市部では見たことがない。 分布を広げるためには、 土の場所が必要なようで、 アスフ…
コメント:0

続きを読むread more

オオシロカラカサタケ

雨で傘がちょっときれいになってしまっているが、 オオシロカラカサタケと思われる。 マイフィールドでは、 近年になって草地でしばしば見かけるようになった。 白いキノコなので、 草を被っていてもとてもよく目立ち、 発生していればすぐに見つかる・・・・・・。 {%BIG…
コメント:0

続きを読むread more

彼岸花

彼岸花には隠れた名所がある。 そしてそれは決して特別な場所ではなく、 住宅街の中や生活道路の一角に、 時期になると突然現れる。 画像の場所は50mほどに渡って、 彼岸花の群落が長々と続いていて、 花の時期は思わず立ち止まって眺めてしまうほど見事である。 このような場所は、 ごくごく近…
コメント:0

続きを読むread more

姉妹ブログを更新しました

姉妹ブログ、「くろねこさんの昼さがり」を更新しました。 日常生活に潜む、 思わず「プッ!」と吹き出してしまう笑撃を、 四季折々の写真と共に、 あなたにちょっとおすそわけ・・・・・・。             http://kuronekosannchi.cocolog-ni…
コメント:0

続きを読むread more

ウスバキトンボ

画像は草地で休んでいたウスバキトンボ。 ウスバキトンボは初夏の頃に南国から渡って来る。 その後、日本列島を少しずつ北上していくが、 日本の冬は越せずに死んでしまう運命にある。 地域によってはお盆の頃に数を増し、 群れで飛び回るため、 「盆トンボ」などと呼ばれることもある・・・・・・{%コ…
コメント:0

続きを読むread more

キクイモの花

キクイモはセミの大合唱が一段落したころに咲き出す花。 里山に秋の到来を告げる花の1つで、 他ではあまり見かけない花かも知れない。 里山ではかつてキクイモを畑で食用に栽培していた。 現在では栽培はされていないが、 その当時の名残りで、 畑周辺では現在でもキクイモがたくさん見られ、 毎年こ…
コメント:0

続きを読むread more

どんぐりを枝ごと落とした犯人は?

▲雑木林を歩いていると、クヌギのどんぐりが枝ごとボトボト落ちている。 毎年この時期になると、 クヌギやコナラのどんぐりが、 枝ごとボトボト落ちている光景をしばしば目撃する。 台風が過ぎた後とかなら話は分かるが、 風もない穏やかな日が続いていたのに、 ある日突然、こんなことが起きるのだ。 ▲こちらはコナラ…
コメント:0

続きを読むread more

ツルボの花と草刈りの関係

画像はツルボの花。 ツルボは秋の到来を告げる花だが、 夏の終わりに草刈りが入る場所でないと、 残念ながらその花を見ることは出来ない。 ツルボは背丈が低い花なので、 一面に草が繁っているような環境では、 他の草に負けてしまい育つことが出来ない。 普段は草刈りをしないスペースの草を、 夏…
コメント:0

続きを読むread more

白花の彼岸花

彼岸花は里山よりも、 街中で見られるものの方が開花が早い。 そして公園などに植栽されているものよりも、 民家の庭先に植えられているものの方が早く咲く。 また、赤花よりも白花の方が、 早く見ごろになる傾向がある。 画像は今シーズン、 近所で一番開花が早かった場所の株。 他のポイント…
コメント:0

続きを読むread more

姉妹ブログを更新しました

姉妹ブログ、「くろねこさんの昼さがり」を更新しました。 日常生活に潜む、 思わず「プッ!」と吹き出してしまう笑撃を、 四季折々の写真と共に、 あなたにちょっとおすそわけ・・・・・・。              http://kuronekosannchi.cocolog-n…
コメント:0

続きを読むread more

セミの抜け殻

画像はセミの抜け殻。 この枝はセミに大人気で、 羽化の場所に選ぶ個体が多かった様子。 そうは言っても一晩でこうなったという訳ではなく、 何日かかけてこのような団子状になったのだろう。 セミはどういう訳か、 先輩が羽化した場所を、 同じように羽化の場所に選ぶことが多く、 このような抜け…
コメント:0

続きを読むread more

色付き始めたコムラサキ

画像はコムラサキの果実。 9月に入りようやく実が紫色に色付き始めた。 まだまだ日中は30℃を超える日も多く、 セミの鳴き声も一向に止む気配はない。 しかし朝晩はだいぶ涼しくなり、 植物は確実に秋を感じ始めているようだ・・・・・・記…
コメント:0

続きを読むread more

ルリタテハ

樹液酒場にルリタテハがいた。 翅をパタパタしてお寛ぎの様子だったので、 1枚撮影させてもらうことにした。 ルリタテハは成虫越冬のチョウだが、 低温に強いらしく、 11月ぐらいまでは普通に活動をしている。 また、暖かい日には、 真冬でもその姿を見かけることがある・・・・・・{%コーヒーw…
コメント:0

続きを読むread more