「二日とろろ」と「初夢」

とろろご飯.png
我が家では一月二日は「とろろ飯」を食べる。
大晦日から元日にかけてお酒やご馳走をいただき、
酷使して来た胃腸を休めるという意味があるらしい。
どうやら母の出身地の風習らしいが、
うちでは私が物心ついたころから「とろろ飯」だったので、
どこの家でもそうなんだろうと思っていた。
二日ではなく三日に食べるという地域もあるらしい・・・・・・。

かつて大晦日は寝ないで夜を過ごすものだった。
なぜかと言えば、起きたまま新年を迎えるためだ。
このため新年になってから初めて寝るのは一月一日の夜となり、
その時に見る夢を「初夢」と呼ぶようになったのだ。
初夢と言えば一富士、二鷹、三茄子が有名だ。
しかし、なぜその夢を見るといいとされるのかをご存じだろうか。
まず「一富士」の富士は誰もが知っている日本一高い山で、
「不死」に通じることから縁起がいいとされている。
そして「二鷹」の鷹については、鷹は賢く強い鳥であり、
「高い」に通じることから縁起がいい。
三茄子の茄子は「物事をなす」に通じるからと言われている。
そして多くのかたがご存じなのはここまでだと思うのだが、
じつは初夢に見ると縁起がいいとされる夢にはまだ続きがある。
四番目は「四扇」で、扇は末広がりであることから。
五番目は「五煙草」で、煙は上へ上へ上って行くことから。
そして六番目は「六座頭」で、
座頭とはお坊さんの頭のことを言い、
お坊さんの頭には毛がないことから、
「怪我がない」に通じるためと言われている・・・・・・
記事画面の画像クリックで大きくなります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント