イチモジさんとウスバさん

イチモジフユナミシャクとウスバフユシャク.png
異種間交流中のイチモジフユナミシャク(左)とウスバフユシャク(右)
この時期の里山は灯りの下にいるのはたいていこの二種。
特にウスバフユシャクはたくさんいる。
たくさん見つかるので、
姿のよく似た他のフユシャクが混ざっていないかと、
一応は全個体を確認するのだが、
見事なまでに全部ウスバフユシャクで、
「なんでこんなにウスバさんだらけなのかね~」と、
一人つぶやいているのだ・・・・・・
記事画面の画像クリックで大きくなります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント