クズの花とハラビロカマキリの幼虫

クズの花.png
目線よりもやや高い場所にあるクズの花を見上げていたら、
すぐ隣にハラビロカマキリの幼虫がいることに気付いた
クズの花にやって来る昆虫を待ち伏せしているのだろうか。
「他にも何かいないかな?」と辺りを見回すと、
クズの葉っぱの上に白い半透明の物が落ちている。
「なんだろう?」と摘まみ上げてみると、
その特徴的な鎌の形から、
カマキリの脱皮殻であることが分かった。
ここはカマキリの好む場所なのか、
脱皮殻は3個も見つかった。
画像のハラビロカマキリも、
恐らく次の脱皮で成虫になるものと思われる・・・・・・
記事画面の画像クリックで大きくなります。

この記事へのコメント