クマガイソウが開花

画像

里山ではクマガイソウが開花した
例年4月15日ごろが開花の目安になっている
クマガイソウは「熊谷草」と書く
名前の元になったのは、
源平時代の武将、熊谷直実(くまがいなおざね)
袋状に膨らんだ特徴的な唇弁を、
鎧の背の部分に付けて矢を防いだという、
母衣(ほろ)に見立てたというのが名前の由来
ちなみにクマガイソウに似た姿をしている
アツモリソウは「敦盛草」と書き、
直実と戦った平家の武将、
「敦盛」がその名の由来となっている・・・・・・
記事画面の画像クリックで大きくなります。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック