ナガバノスミレサイシンと湿度の関係

画像
里山では4月に入って、
ナガバノスミレサイシンの花が目立つようになった
雑木林や林縁の半日陰で湿り気の多い場所を好む
里山の絞り水が染み出して来る、
斜面下などに群落が出来やすい
また、林縁のキノコが生えやすい場所には、
タチツボスミレやマルバスミレに紛れて点々と自生している
水が集まりやすい、
大きく落ち込んだ土手の斜面でもよく育ち、
このような場所では大きな群落が見られる・・・・・・
(各種スミレの見分け方は、記事下のテーマ「スミレの見分け方」より記事一覧に入れます。タイトルに「○○スミレの識別」とあるのが、いわゆる見分け方の記事になります
記事画面の画像クリックで大きくなります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

かわいい かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック