スッポンタケの幼菌

画像

10月の初旬、竹林の林縁でスッポンタケの幼菌を見つけた
その後、定期的に観察を続けていたが、
11月に入ってもまだ幼菌のままで、
今のところ、キノコが顔を出す気配はない・・・・・・
今年は定期的に雨が降っているので、
問題なく出るだろうと思っていたのだが、
ちょっと幼菌の期間が長い気がする・・・・・・
スッポンタケは幼菌からキノコが顔を出す条件がシビアで、
卵形の幼菌のまま終わってしまうことも珍しくないので、
ちょっと心配だ・・・・・・
記事画面の画像クリックで大きくなります。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック