近所のスミレ調査②「スミレ」

画像

スミレは山地よりも人里付近に多い
昔、近所の道路が簡易舗装だったころ、
道路の両側の土が露出している部分で、
スミレがたくさん花を咲かせていたのを覚えている
その後、急速に開発が進んで、道路が完全に舗装されてしまい、
スミレはアスファルトの下に消えて行った・・・・・・
当時は「もう近所でスミレは見られないだろう」と諦めていたのだが、
いつの間にかスミレはアスファルトの上に復活していた

画像

現在、近所でスミレが見られる場所はアスファルトの道端
昔のように簡易舗装ではないので、
アスファルトの僅かな隙間や割れ目で生育している
土の場所の方がよほど生育条件が良さそうだが、
公園や土手、畑の周りなどの土の場所では、
不思議なことに全く見られなかった・・・・・・

画像

近所でスミレが最も多いのは、
交通量の多い大きな道路のガードレールの下で、
約50メートルに渡って、長い群落を作っている場所もある
(各種スミレの見分け方は、
記事下のテーマ「スミレの見分け方」より記事一覧に入れます。
タイトルに「○○スミレの識別」とあるのが、
いわゆる「見分け方」の記事になります

記事画面の画像クリックで大きくなります。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック