紅梅には白花もある

画像

紅梅がちらほらと咲き始めている
現在の開花状況は、
本当にちらほらという言葉がピッタリで、
あっちの枝に一輪、こっちの枝に一輪、
と、数える程度だった
ちなみに本来は「紅梅」とは、
花の色を指している言葉ではなく、
枝や幹の断面の色のことを指している
紅梅の幹を切ると、
美しい赤褐色の断面をしていて、
このようなものを「緋梅系の梅」という
緋梅系の梅は、
緋梅性」、「紅梅性」、「唐梅性」に分類され、
紅色の花を付ける品種が多い
ややこしい話で申し訳ないが、
じつは、数は少ないが、白花の紅梅もある
では、普段私たちが見かける
赤い花を付ける梅は何なのかというと、
本来は梅にはちゃんと「品種名」があって、
赤花の梅だけでも、たくさんの品種がある
似たような花を付けるものも多く、
専門家やマニアの人でもない限り、
見分けることは難しいと思う・・・・・・
そんな理由もあって、
赤い花を付ける梅を全てひっくるめて、
「紅梅」と呼ぶようになったのではないだろうか・・・・・・
記事画面の画像クリックで大きくなります。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック