アクセスカウンタ

里山再生計画

プロフィール

ブログ名
里山再生計画
ブログ紹介
いつの頃からか近所から姿を消していた、多くの野草や野鳥、そして昆虫たち・・・・・・。里山は今も昔のままに、野の花が、渡り鳥が、そして四季折々の昆虫たちが、季節の移ろいを知らせてくれる・・・・・・。日本人が忘れかけていた、「日本の四季」が、里山には今でも確かに存在している・・・・・・。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
シオヤアブ
シオヤアブ いかつい顔で体もごついシオヤアブ。 ハチのような模様で、ただ止まっているだけでも、 「来るなら来てみろ」と威嚇しているようにさえ見える。 そんなシオヤアブだが腹部の先端を見ると、 サンタクロースの帽子やニットの帽子に飾りとして付いている、 丸いぼんぼんのようなものが付いている。 似合っているとか似合っていないは別として、 顔は怖くてもそんなかわいいところもあるようだ・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/17 17:02
セミの不思議な行動
セミの不思議な行動 画像のアブラゼミは桜の幹の股の部分に、 隠れるように止まっていた。 一週間後、同じ場所を通ると、全く同じ場所にじっと止まっていた。 全く場所を移動した気配がないので、 もしかして、死んでるんじゃないかと心配になって、 人差し指でそっと触れてみた。 すると、おしっこをまき散らしながら飛び立って行った。 とりあえず、生きていたことにホッとしていたところ、 飛び立ったアブラゼミは私の頭上を旋回して急降下、 あっという間に元いた場所に戻って来て、 全く同じ位置にピタリと静... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/16 16:32
ナガゴマフカミキリ
ナガゴマフカミキリ ナガゴマフカミキリを見つけた。 木の幹でじっとしていると、周囲と同化してしまい、 意外と気付かないものだ・・・・・・。 たまたま、この木の上の方でセミが鳴いていて、 どこで鳴いているのかと上を見上げていた。 見つからないので、もしかしたら下にもいるんじゃないかと、 視線を目線ほどの高さに戻したら、 目の前にナガゴマフカミキリがくっ付いていた・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 35 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/15 17:00
セミの幼虫
セミの幼虫 近所の公園を歩いていたら、右斜め前方の木の幹から、 何かがポロリと落ちて来たのが視界の片隅にちらりと見えた。 「ボトッ」と音がしたので何だろうと見に行くと、 何のことはないセミの抜け殻が落ちていた。 「何だセミの抜け殻が風で落ちたのか」と思い、 そのまま通り過ぎようとしていたところ、 「あれ、そういえばさっきボトッって音がしたよな」とふと思った。 セミの抜け殻のような軽いものが、 「ボトッ」などと重量感を感じさせる音を立てて落ちて来るのはおかしい。 そう思って... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/08/14 16:10
姉妹ブログを更新しました
姉妹ブログ、「くろねこさんの昼さがり」を更新しました。               http://kuronekosannchi.cocolog-nifty.com/blog/ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/13 16:55
カノコユリ
カノコユリ 里山近くの民家の生け垣からカノコユリが「こんにちは」していた。 この辺りではなぜかカノコユリとの遭遇率が高いのだが、 ごく狭い範囲での地域的なブームでも起きているのだろうか。 カノコユリの本来の分布は四国南部と九州西部だが、 かなり局所的な分布であると聞いたことがある・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/13 16:41
ミンミンゼミの疑問
ミンミンゼミの疑問 関東平野ではミンミンゼミは平地の身近なセミで、 市街地にも普通に生息している。 家の網戸や外壁に貼り付いて、「ミンミンミン」と大音量で鳴いていて、 「うるさいな〜」と思うこともしばしばだ。 ところが、近畿地方以西では、 ミンミンゼミは山地のセミという印象が強くなる。 同じ種類のセミなのになぜなのだろうか・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 36 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/08/12 16:40
セミの抜け殻のある風景6
セミの抜け殻のある風景6 こんなところにも、セミの抜け殻が・・・・・・...続きを見る

面白い ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/11 16:48
シロテンハナムグリ
シロテンハナムグリ 花や樹液に集まると言われているシロテンハナムグリだが、 花の少ないこの時期は樹液に集まることが多いのだろうか。 この日は5匹のシロテンハナムグリに出会ったが、 画像の個体以外は全て背丈の低い草の上にいた。 毎年、この時期にシロテンハナムグリはよく見ているが、 ほとんどが地面に近い場所で出会っている・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 38 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/08/10 16:52
セミの抜け殻のある風景5
セミの抜け殻のある風景5 こんな所にもセミの抜け殻が。 きっと、ベンチに腰掛けたり、公園を普通に歩いていたら、 まず気付かないだろうから、一見目立つこんな場所でも、 羽化するには安定したよい場所なのかもしれない。 とりあえず、中身の方はもういなかったので、 明るくなるころにはもう飛び立って行ったのだろう・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/09 16:54
ノウゼンカズラ
ノウゼンカズラ ノウゼンカズラはもともとは中国原産の植物だが、 平安時代にはすでに渡来していたといわれている。 現在では花の少ない夏に、 各地で見られるおなじみの花となっている。 梅雨のころから真夏にかけて、 画像のような橙色の花を次々と咲かせる・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/08 16:43
セミの抜け殻のある風景4
セミの抜け殻のある風景4 セミは木の幹や枝など安定した場所で羽化することが多い。 しかし、花壇の中までわざわざ歩いてやって来て、 こんな不安定な場所を選んで羽化するやつもいる。 突然、風が強くなったりしたら、 振り落とされる可能性だってあるだろう・・・・・・。 とりあえず、抜け殻の中身はどこにも見当たらなかったので、 無事羽化して飛んで行ったのだろう・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/08/07 16:45
ニイニイゼミ
ニイニイゼミ ニイニイゼミは桜の木が好きだ。 最盛期なら桜の幹を注意して見て回ると必ず見つかる。 しかし、気にかけて歩いていないと、 ニイニイゼミは樹皮と同化してしまって気付かない。 見つけても、ちょっと目を離すと、 「あれ、どこだっけな」ということになる・・・・・・。 ニイニイゼミの方もそれを自覚しているのか、 他のセミのようにすぐに飛び立つことはしないようだ・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/06 16:32
姉妹ブログを開設しました
私、くろねこのありふれた日常とたわいない出来事を、 四季折々の写真と共に綴るエッセイブログです。 お気軽にご訪問下さい...続きを見る

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/06 10:02
セミの抜け殻のある風景3
セミの抜け殻のある風景3 アガパンサスの花の裏側にセミの抜け殻がたくさん付いていた。 「何でこんな所に」と思うのだが、 アガパンサスの花の裏側は身を隠すのにちょうどいいらしい。 その証拠に普通に歩いていると目線が高いので、 ここにセミの抜け殻が付いていても気付かない。 きっと、ここで羽化を始めても、天敵の鳥には気付かれないはずだ。 たくさんの抜け殻がそれを証明していた・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 33 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/05 16:53
フヨウの花
フヨウの花 首都圏で見られるものは栽培品が野外に逃げ出し野生化したもので、 もともとは四国、九州、沖縄に分布する。 いつ見ても咲いているので、 「フヨウは花持ちがいいな〜」と感じるのだが、 じつは朝咲いて夕方にしぼむ一日花で、 翌日に咲いているのは、新しく蕾が開いたものだ。 非常に強健で、アスファルトの割れ目にも根を下ろし花を咲かせている。 人と人がすれ違うのがやっとの狭い歩道で、 大きく生長して道を塞いでしまい、 迷惑がられているのをよく見かける・・・・・・記事画面の... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/04 16:58
セミの抜け殻のある風景2
セミの抜け殻のある風景2 転倒防止用の柵にセミの抜け殻が付いていた。 人からすると、「何もこんな風につるつるで、 足の爪がひっかかりにくい場所を選ばなくても、 木はたくさんあるのにな〜」と思うのだが、 セミからするとここは、 「安定したいい場所」なのかもしれない・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/03 16:52
ホシベニカミキリ
ホシベニカミキリ 葉っぱの上に何かが乗っている。 かなり離れた場所からでもすぐに気付いた。 しかし、あんまり真っ赤過ぎて、人工物である可能性も考えていた。 近くまで行ってみると、真っ赤というよりも、 朱色に近い色であることが分かった。 ホシベニカミキリだった。 緑色の葉っぱの上にいると、この色はかなり目立つ。 こんなに目立つ色をしていて、 天敵に見つかりやすくはないのだろうか・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/02 16:43
セミの抜け殻のある風景
セミの抜け殻のある風景 住宅街にある木陰の多い公園。 ウォーキングをしている人、公園を抜け道にして早足で歩いて行く人、 買い物袋を片手に話し込んでいるおばさん二人、 ベンチで缶コーヒー片手に休憩中の営業マン・・・・・・。 私が子供のころは公園には走り回る子供たちがたくさんいたものだが、 今はなぜか子供の姿は全く見かけない・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/01 17:16
強健なオニユリ
強健なオニユリ オニユリは乾燥や直射日光にも強いので、 自生場所を選ぶことなく様々な環境の場所で見られる。 同じく里山で見られるヤマユリは地温の上昇に弱いため、 林縁や雑木林の半日陰の環境にのみ自生していることを考えると、 オニユリはかなり強健なユリと言えるようだ・・・・・・。 このような理由から考えても、 市街地の真ん中で自生のヤマユリが見られることはまずないが、 オニユリは開発に取り残されたちょっとしたスペースがあれば、 頑張って生き残っていることがある。 例えばコンクリートブロ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/31 17:02

続きを見る

トップへ

月別リンク

里山再生計画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる