アクセスカウンタ

里山再生計画

プロフィール

ブログ名
里山再生計画
ブログ紹介
いつの頃からか近所から姿を消していた、多くの野草や野鳥、そして昆虫たち・・・・・・。里山は今も昔のままに、野の花が、渡り鳥が、そして四季折々の昆虫たちが、季節の移ろいを知らせてくれる・・・・・・。日本人が忘れかけていた、「日本の四季」が、里山には今でも確かに存在している・・・・・・。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
変形したアイタケ
変形したアイタケ 「今シーズンは雨量が少ないから出ていないかもな〜」と思いながら、 アイタケがよく見られるポイントへ向かうと、 予想に反してちゃんと出ていた・・・・・・。 しかし、いったいどうやったらこんな風に変形するのかという、 不思議なねじれ具合を見せていた。 最初は誰かにいたずらされて、壊されているのかと思ったのだが、 周辺に破片らしきものは一切落ちていなかったので、 念のため触ってみると、千切れてしまっているわけではなく、 裂けたりねじれたりしているだけだった。 空梅雨、水不足... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/23 17:33
ホシハラビロヘリカメムシ
ホシハラビロヘリカメムシ ホシハラビロヘリカメムシ、何だか舌を噛みそうな名前だ。 「普通種」というわりには出会いはそれほど多くない。 食草のクズやフジを丹念に見て回っても、 見つかるのは別の昆虫ばかりだったりする・・・・・・。 地味な色合いのカメムシなので、 見落としていることが多いのかと思っていたら、 どうやらそんな単純な話でもないらしい・・・・・・。 ホシハラビロヘリカメムシは都市部ではほとんど見られず、 ある程度の自然度が保たれた場所でないと生息していない、 少々気難しいやつのようなの... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 37 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/22 17:14
ヤマドリタケモドキ
ヤマドリタケモドキ まるで、UFOが着陸しているような、 面白い形になっていたヤマドリタケモドキ。 一応、傘の大きさは大人の手の平ほどはあるのだが、 このポイントは例年だともっと大きくなる。 例年なら傘の表面がひび割れることはあっても、 綺麗なキノコの形を保っているのだが、 今シーズンはこんな風に割れてしまったり、 生長が途中で止まってしまい、 そのまま乾燥してしまったりしているものがじつに多い。 6月の終わりにまとまった量の雨が降って、 キノコが出始めたのはよかったのだが、 その後... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/21 17:02
オニユリ
オニユリ 谷戸のあちこちでオニユリの花が咲いている。 里山ではオニユリは自生場所によって、 最大で半月ほど開花にずれがある。 画像の場所は今週になってようやく咲き始めたが、 開花が最も早かった場所ではもう花は終わっている。 私はこの場所のオニユリが気に入っていて、他の場所でもう咲いていても、 毎年ここのオニユリが咲くのを待って撮影している。 なぜかというと、この場所で撮影すると背景が畑になるからだ。 畑や田んぼは正に里山の象徴で、 里山をテーマに写真を撮影している者にとって... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/20 17:25
ムラサキヤマドリタケ
ムラサキヤマドリタケ 紫色で斑模様のムラサキヤマドリタケは、 いかにも毒キノコっぽい感じがするが、 じつは見た目とは違い優秀な食用菌だ。 食用のキノコとしては最上級とも言われていて、 炒め物から汁物、煮物までどんな調理法にも合う。 残念ながらスーパーなどに出回ることはなく、 文字通り「山の幸」ということになる・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/19 16:52
シオヤアブの面構え
シオヤアブの面構え 林縁の開けた場所でシオヤアブに出会った。 ふてぶてしいというか堂々としているというか、 カメラを目と鼻の先まで近付けたって平然としている。 どこか遠くを見ているのか、 もの思いにふけっているのか・・・・・・。 いやいや、そんなはずはない。 きっと、この面構え通りの性格なのだ・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/18 16:20
コテングタケモドキの幼菌
コテングタケモドキの幼菌 林縁にコテングタケモドキが出ていた。 例年ならテングタケと同様にあちこちで出会うキノコだ。 一本出ていれば、 そのすぐそばで数本見つかるようなキノコなのだが、 今シーズンは空梅雨が影響してか、 何と上の画像の一本しか見ていない・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/17 16:46
サガミラン(サガミランモドキ)
サガミラン(サガミランモドキ) サガミランは関東地方の南部で発見されたため、 「相模蘭」と名付けられた。 ところが当時、マヤランを別名で「サガミラン」と呼ぶことがあったため、 それと区別するためにサガミランの方にも、 別名で「サガミランモドキ」が付けられた。 この話には続きがあるのだが、本題から逸れてしまうので、 また別の機会に記事にしてみたい・・・・・・。 本種はマヤランの白花品種と混同されていることが多いが、 別種であることが分かっている。 サガミランはマヤランと同様に菌従属栄養植物で葉を持た... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/16 17:02
コガネヤマドリ
コガネヤマドリ コガネヤマドリはクヌギ、コナラの雑木林に出る。 私はカシの多いエリアでは一度も見たことがないので、 クヌギやコナラと相性がいいキノコなのだろうか。 見ての通り派手な色なので、小さな幼菌のころからよく目立つ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/15 17:12
ノリウツギの花
ノリウツギの花 ノリウツギは6月の終わりごろから7月にかけて開花する。 梅雨時に咲く花なので、 雨で散策に出られなかったりしているうちに、 花が終わってしまっている年も多い・・・・・・。 花はアジサイにやや似ているが、樹高は2mから5mほどにもなり、 花の咲く位置はアジサイよりもかなり高い。 このため、気にかけていないと、 花が咲いていることに気付きにくいようだ・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 37 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/14 16:55
ドクツルタケの幼菌
ドクツルタケの幼菌 毎年、見かける場所で、ドクツルタケが出始めていた。 ドクツルタケは色の濁りが全くない真っ白いキノコで、 雑木林にすっくっと立っている姿はたいへん美しい。 しかし、ドクツルタケは欧米で「死の天使」と呼ばれている猛毒菌で、 その美しさに惑わされて食べてしまったら最後、 人を死に至らしめる・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/13 17:09
クロアゲハのメス
クロアゲハのメス 前方をヒラヒラと飛んでいた黒いアゲハが低木の葉にピタリと止まった。 こんな所に堂々と止まるアゲハはジャコウアゲハぐらいなので、 そのつもりで見に行ったら予想に反してクロアゲハのメスだった。 すぐに飛び去る可能性が高いだろうと思って、 手軽に撮影出来るコンデジを出して撮影をしていたら、 またしても予想に反して一向に飛び去る気配はなかった。 「こんなことなら、一眼でもよかったな〜」と後になって思う・・・・・・。 アゲハの仲間はジャコウアゲハ以外は、 こんな風に止まることは... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 35 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/12 16:51
ヒメコウジタケの幼菌
ヒメコウジタケの幼菌 綺麗な赤いキノコの幼菌が点々と出ているのを見つけた。 幼菌ばかりで「これは何だか分からないな」と思っていたら、 傘の開いた成菌が二つだけあって、 どうやらヒメコウジタケの幼菌であることが分かった。 キノコは幼菌の時は色や形が成菌とはかなり違っていて、 「え、これがこうなるの」というものがけっこう多くて面白い。 また、幼菌までカバーしている図鑑はないので、 継続観察出来ないと、同定出来ないことも少なくなく、 数年がかりでようやく種類が分かったということもよくある・・・・... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/11 16:41
マヤラン
マヤラン 林縁や林道脇でマヤランが咲き始めている。 マヤランは花の時期にだけ地上に現れる。 花期以外は地中に地下茎が伸びているだけで、 地上部には何もない・・・・・・。 花期にたくさんの株が群生して咲いているように見える場所でも、 元をたどればじつは一本の地下茎に繋がっているということもあるそうだ。 マヤランは菌従属栄養植物で葉がないため、 光合成を行うことが出来ない。 このため、樹木の根と共生関係にある菌根菌から、 樹木が光合成によって得た養分を間接的に吸収して生活してい... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/10 17:05
アシベニイグチ
アシベニイグチ アシベニイグチが出始めていた。 周辺に6〜7本確認出来るが、 撮影しやすい場所にあるものは少ない・・・・・。 イグチの仲間はどれもぷっくりしていて、 写真にすると可愛らしく写るので、 個人的に好きなキノコの仲間だ・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/09 16:54
ヨツスジトラカミキリ
ヨツスジトラカミキリ ヨツスジトラカミキリはアカメガシワの花が好きで、 花の時期にはアカメガシワの周辺でよく見つかる。 都市部でもよく見つかるカミキリムシで、 我家では洗濯物に止まって休憩しているのを、 何度か目撃している・・・・・・。 ヨツスジトラカミキリの色柄はハチに擬態していると言われているが、 洗濯物の陰に潜んでいると、確かに一瞬ドキリとさせられる・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 37 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/08 16:50
ウラムラサキ
ウラムラサキ ウラムラサキがたくさん出ていた。 2センチあるかないかの小さなキノコだが、 色鮮やかなので群生しているとけっこう目立つ。 キノコは普通に歩いていたら気付かないほど小さなものの方が、 色が綺麗だったり、形が面白いものが多く興味が尽きない記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/07 17:42
オカトラノオ
オカトラノオ 里山の斜面でオカトラノオが風に揺れている。 オカトラノオは斜面の下の方に多く自生している。 ちょうど梅雨時の花で、雨で散策を見送ったりしているうちに、 花が終わってしまっていたという年も多い。 今年は雨の日が少ないおかげで、無事に見ることが出来たが、 雨が少ないと他のものに影響が出て来るのが、 自然の仕組みになっているので、 単純に喜んでばかりはいられないのだ・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/06 16:49
クロコノマチョウの幼虫
クロコノマチョウの幼虫 クロコノマチョウの幼虫がススキの葉にたくさんいた。 幼虫の体は上の画像のようにとても細長く、 もしかしたら、細長いススキの葉に似せて、 天敵から身を守っているのかもしれない。 ところが、どういう訳か、頭部だけは真っ黒で、 「なんでそこだけ黒くしたのかね」と、 詰めの甘さを思わず突っ込まずにはいられない・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/07/05 17:32
テングツルタケ
テングツルタケ 林縁の開けた場所にテングツルタケが6本も出ていた。 なんだかんだ言いながらも、 里山はようやくキノコシーズン突入のようだ。 ただ、やはり水不足が影響しているのか、 この場所のテングツルタケは例年に比べてどれも小型だった。 人には不快だがジトーっとした高湿度の日が続いてキノコたちは大喜びで、 地中での活動が活発になったようだ。 これからどんどん出て来るといいな〜・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/04 17:28

続きを見る

トップへ

月別リンク

里山再生計画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる