アクセスカウンタ

里山再生計画

プロフィール

ブログ名
里山再生計画
ブログ紹介
いつの頃からか近所から姿を消していた、多くの野草や野鳥、そして昆虫たち・・・・・・。里山は今も昔のままに、野の花が、渡り鳥が、そして四季折々の昆虫たちが、季節の移ろいを知らせてくれる・・・・・・。日本人が忘れかけていた、「日本の四季」が、里山には今でも確かに存在している・・・・・・。

(当サイトの全てのファイルは著作権及び意匠権によって保護されています。全ての権利は管理者に将来に亘って帰属します)

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
ヤマユリの花
ヤマユリの花 里山の斜面で咲く大きな大きなヤマユリの花。 夏の里山の象徴のような花だ。 この花が咲き始めると、 里山はヤマユリの甘い香りに包まれて行く。 今年も無事にヤマユリの花に出会えたことに感謝したい記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/20 17:38
ヒメジャノメ
ヒメジャノメ ヒメジャノメは林縁でよく出会う。 ジャノメチョウの仲間は色や模様がよく似ていて、 識別に迷うことがしばしばある。 地味なチョウでカメラを向けている人は少ないが、 同じ種類だと思って撮影していたチョウが、 じつは別種だったなんて嬉しいこともある・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/18 17:39
姉妹ブログを更新しました
姉妹ブログ「くろねこさんの昼さがり」を更新しました。 今回は我が家で起こるポルターガイストについての、 こわ〜いお話・・・・・・。 夏の夜のお供にどうぞ・・・・・・。               http://kuronekosannchi.cocolog-nifty.com/blog/ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/17 18:00
オニユリのむかごを植えてみたら・・・
オニユリのむかごを植えてみたら・・・ 先週から我が家でオニユリが咲いている。 これは3年前に里山で拾って来たむかごを植えたもの。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/16 18:28
カナブン酒場
カナブン酒場 以前から目を付けていた樹液が出ている木。 いつもスズメバチが来ているので、 遠目でしか観察したことがなかった。 この日はスズメバチの姿はなかったので、 カブトムシやクワガタムシ、 ゴマダラチョウなどが来ていないものかとそばまで覗きに行くと、 なぜかカナブンだらけだった・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/15 18:19
タラノキが開花
タラノキが開花 タラノキは春の若芽が山菜の「タラの芽」として有名。 このため、冬芽から芽吹きのころの タラノキを見分けられる人は予想以上に多い。 しかし、季節の移ろいと共に、画像のような葉を繁らせて行き、 夏にこんな花を咲かせることを知っている人は少ない・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/14 18:48
ナナフシモドキ
ナナフシモドキ ちょっと前まで糸のように細くて、 指先に乗っかるほどの大きさだったナナフシが、 いつの間にかこんなに大きくなっていた。 画像のように木の枝や葉の上にいると、 そこにいると分かっていても、「あれ」とちょっと考えてしまう。 きっと、散策中に見逃しているナナフシが何匹もいるのだろうな〜。 完成度の高い擬態に拍手を贈りたい・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/12 17:55
オニユリが開花
オニユリが開花 谷戸の各所でオニユリが開花した。 オニユリは畑の周辺や林縁に道端など、 あちこちに自生している。 自生場所によって少しずつ開花のタイミングがずれているので、 一ヶ月くらいは花を楽しむことが出来る。 里山では毎年、この橙色のユリが咲き出すと、 本格的な夏がやって来る・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/11 17:53
ヒグラシが鳴き始めた
ヒグラシが鳴き始めた 朝と夕方にヒグラシの「カナカナカナ」という鳴き声が 聞こえて来るようになった。 今のところ、里山で鳴いているセミはニイニイゼミのみだったので、 ヒグラシが鳴き始めて少し夏らしくなった気がする。 日本の夏の夕暮れに、 ヒグラシの「カナカナカナ」という物悲しい鳴き声はとてもよく似合う・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/10 17:43
キンミズヒキ
キンミズヒキ キンミズヒキは林縁や谷戸の草地で見られる。 背丈の低い草地に多い。 周囲が一面緑色の場所で咲いていると、 キンミズヒキの黄色い花は、 「はっ」とさせられるほど鮮やかで美しい。 里山では「そこらへんに生えてる草」だが、 都市部の道端では全く見られない・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/08 16:54
七夕飾り
七夕飾り 近所の神社に七夕飾りが飾ってあった。 ここのところ、風が強いので、 短冊や飾りが飛ばされてしまわないか心配したが、 なんとか持ちこたえている様子。 毎年、最寄り駅に飾られる七夕飾りは、 七夕の日を迎える前に、 強風で短冊が飛ばされて、あちこちに散らばっている。 神社の七夕飾りはなぜかそんな様子は少しもなくて、 やっぱり神様が守って下さっているのかな〜・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/07 17:19
ニオイコベニタケ
ニオイコベニタケ ニオイコベニタケは桃色の美しいキノコ。 谷戸の林縁ではあちこちから発生する普通種。 他のキノコとも相性がいいようで、 他種といっしょに並んで生えていることもしばしばある。 他のキノコを撮影したカットに偶然写りこんでいることも多い・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/06 16:56
オオシオカラトンボ
オオシオカラトンボ ため池や田んぼ周りなど谷戸の広範囲で見られるトンボ。 涼しげな色合いのトンボで、蒸し暑い日に汗をだらだら流しながら、 散策している時に出会うとホッとする・・・・・・。 オオシオカラトンボのように、 青い体色をしたトンボは意外と少なくて、 普通種ではあるが案外貴重な存在だったりする・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/05 17:55
ヤブガラシの花
ヤブガラシの花 ヤブガラシは一つ一つは極小の花で、 とても昆虫などやって来そうにない。 ところが不思議なことに、この花には多くの昆虫が集まって来る。 よく見かけるのはスズメバチの仲間とアゲハチョウの仲間。 スズメバチは花にしっかりとしがみ付き、 アゲハはホバリングしながら口吻を伸ばしている。 こんな小さな花に蜜などあるのだろうか 他にもアリや小型のコガネムシの仲間もよくやって来ている・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/04 17:43
ニイニイゼミの抜け殻
ニイニイゼミの抜け殻 里山ではニイニイゼミの抜け殻が増えて来た。 ニイニイゼミの抜け殻は泥でコーティングされているので、 他のセミの抜け殻と迷うことがなく簡単に見分けが付く。 暑い日が続いて、 「今年はセミの声が少ない」と勘違いされているかたが多いようだが、 関東平野ではこの時期から鳴き出すセミはニイニイゼミだけで、 アブラゼミやミンミンゼミが出現するのは、 もう少し先になる・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/03 17:41
テングタケの幼菌
テングタケの幼菌 こう晴れ続きで強風の日が続くと、地面はカサカサに乾燥して、 キノコの発生は期待出来ないな〜と思っていたら、 テングタケがちゃんと出て来ていた。 しかし、この先順調にキノコが発生して行くためには、 やっぱり少し雨が降って欲しい・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/07/01 18:26
ニイニイゼミと梅雨明け
ニイニイゼミと梅雨明け ニイニイゼミは里山で最も早く鳴き出すセミ。 関東平野では昔からこのセミが鳴き出すと、 1週間から10日ほどで梅雨明けと言われている。 今年は正確な出現時期がつかめずにいたのだが、 1週間前に新しい抜け殻は何個か見つけていた。 その時は「いくらなんでもまだ梅雨明けには早いだろう」 と思っていたのだが、 全然そんなことはなかったようだ・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/30 18:58
梅雨明けとヤブカンゾウ
梅雨明けとヤブカンゾウ 早くも梅雨が明けた。 6月に梅雨明けと言うのは関東地方では初らしい。 田んぼの畦や土手で咲くヤブカンゾウは、 やっぱりしとしと降る雨がよく似合う。 空梅雨で乾燥した地面では、 あまり元気がないように見える・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/29 18:06
スミゾメヤマイグチ
スミゾメヤマイグチ 数年前から林道、林縁に発生ポイントが出来て、 それからは毎年ほぼ同じ場所に発生している。 里山のポイントはけっこう乾燥気味の場所で、 あまりキノコが出そうな感じはしないのだが、 なぜかこの場所に定着している。 マイフィールドの里山では、 林道に沿った10メートルほどの範囲にしか発生しない・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/27 18:48
ヤツメカミキリ
ヤツメカミキリ ヤツメカミキリは里山では梅雨のころによく出会う。 桜や梅の古木や枯れ木に集まるので、 これらの木が多い谷戸で出会うことがほとんどだ。 しかし、個人的には木の幹よりも、 画像のように下草にいるのを見つけることが多い・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/26 18:41

続きを見る

トップへ

月別リンク

里山再生計画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる