アクセスカウンタ

里山再生計画

プロフィール

ブログ名
里山再生計画
ブログ紹介
いつの頃からか近所から姿を消していた、多くの野草や野鳥、そして昆虫たち・・・・・・。里山は今も昔のままに、野の花が、渡り鳥が、そして四季折々の昆虫たちが、季節の移ろいを知らせてくれる・・・・・・。日本人が忘れかけていた、「日本の四季」が、里山には今でも確かに存在している・・・・・・。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
なぜ、今ごろ・・・・・・
なぜ、今ごろ・・・・・・ 12月だと言うのにナナフシの幼虫を見つけた。 ナナフシの幼虫は脚を一本失っていたが元気に動き回っていた。 普通、ナナフシは落ち葉の下などで、卵で越冬するはずなのだが、 なぜ今ごろ幼虫がいるのだろう・・・・・・。 ここのところ、暖かい日が続いているので、 春と勘違いして孵化してしまったのだろうか。 しかし、このくらいの気温の上下は、毎年あることだと思うのだが、 ナナフシの幼虫を冬に見たのは初めてだ・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/05 16:03
ウワミズザクラの黄葉
ウワミズザクラの黄葉 ウワミズザクラはかなりの高木になるため、 黄葉に気付きにくい樹木だが、 葉は黄色から淡い橙色に変化する。 どこまで色が変化して行くかは環境にもよるが、 濃い黄色に変わるものが最も多い・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 41 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/04 21:24
ガマズミの果実
ガマズミの果実 ガマズミは里山では林縁に多く見られる。 枝先が真っ赤になるほど、たくさんの果実を付ける。 真っ赤に熟した果実がとっても甘そうなので、 ちょっと摘んでかじってみたくなるが、 葉っぱが落ちないうちはやめておいた方がいい。 すっぱくて食べられたものではない。 ガマズミの果実が甘くなるのは霜に何度か当ってからだ記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/03 17:53
オオモミジの紅葉
オオモミジの紅葉 イロハモミジは最終的に真っ赤に紅葉するものが多いが、 オオモミジは橙色や黄色に紅葉する個体もかなり見られる。 画像のオオモミジは橙色に紅葉する木で、 単独でもとても綺麗なのだが、 真っ赤に紅葉するイロハモミジとの対比が美しい記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/02 18:32
セージ
セージ 畑の脇でモールのようなふわふわの花が咲いていた。 どうやら、セージの花らしい。 農家さんが植えたものか、 近くの住宅から逃げ出したものかは分からないが、 面白い花なので一枚撮影させてもらった。 撮影した時は気付かなかったのだが、 この花、近所では住宅の庭や、 玄関先に置かれたプランタンでけっこう咲いていて、 住宅街ではあちこちで見かける花のようだ・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/01 17:37
アカシデの紅葉
アカシデの紅葉 アカシデは黄色から橙色、 条件が良ければ赤色まで紅葉が進む。 個人的には黄色から橙色に変わり始めるころの 色合いがとても好きだ。 カエデのような派手さはないが、 グラデーションの紅葉にはまた別の美しさがあって、 カメラやスマホを向けている人をよく見かける・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 46 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/30 18:50
オオミズアオの幼虫
オオミズアオの幼虫 オオミズアオという翡翠のような色合いの美しい蛾がいる。 画像はその幼虫で、近所のツツジの植え込みにいた。 オオミズアオは様々な植物の葉を食べることで知られている。 もうすぐ12月だというのに、 まだ普通に動き回っていたことにまず驚いた。 オオミズアオは繭で越冬するはずなのだが、 こんな時期まで幼虫でいて大丈夫なのだろうか オオミズアオは地面の落ち葉を綴って、 繭を作り越冬すると言われているので、 もしかしたら、 繭を作... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/29 17:27
林縁の紅葉
林縁の紅葉 林縁のイロハモミジの紅葉は、場所によって進行具合は様々で、 すでに見ごろの場所もあれば、まだほとんど緑色という場所もある。 また、林縁の紅葉の面白いところは、 先にご紹介した木のように、斑に紅葉が始まるものや、 上の画像のように一枝だけが真っ赤に紅葉しているもの、 全体にじょじょに赤く変化して行くものなど、 条件によって、様々なものが見られることだ。 画像のイロハモミジは一枝だけが真っ先に赤く紅葉していたが、 他の枝はほぼ緑色で見ごろはまだ先だった・・・・・・記... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 40 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/27 17:16
リンドウ
リンドウ リンドウは里山に咲く野の花のアンカーで、 一年を締め括るに相応しい花だと思う。 マイフィールドでは10月の終わりごろから咲き出し、 11月に入ってから見ごろになる。 昔はあちこちのフィールドで見られた花だが、 開発による自生地の消滅や、 盗掘が原因で個体数が激減している。 マイフィールドでは土手や斜面に群落があるので、 毎年、まとまった数の花が見られる。 それでも、年配のかたに話を聞くと、 「昔は踏み潰すほど咲いていたよ」というくらいだから、 農道脇などでも普通... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 40 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/26 16:49
桜の落ち葉
桜の落ち葉 一週間前には紅葉がちょうど見ごろになっていた桜の巨木。 いつの間にか、だいぶ葉が落ちて、 枝に残る葉は全体の2〜3割程度になっていた。 その代わり、桜の根元には、紅葉した葉が散りばめられて、 カラフルなカーペットが敷かれているようだった・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 37 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/25 18:01
十一月の雪
十一月の雪 昨日から天気予報では雪になるかもと言っていたが、 「降っても雨混じりのみぞれだろう」と勝手に思っていた。 ところが、雨はいつの間にか雪に変わり、 予想以上の降り方になった。 道に雪が積もることはなかったが、 畑や住宅の屋根の上はうっすらと雪化粧となった。 首都圏では地球温暖化の影響なのか、 12月に雪を見ることがなくなって、もうずいぶん経つと思うが、 まさか11月に雪が降ることになるとは、 これっぽっちも思ってもみなかった・・・・・・記事画面の画像クリックで... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/24 18:39
ツマグロヒョウモンの幼虫
ツマグロヒョウモンの幼虫 近所の歩道のガードレールの下には、 スミレが道に沿うように長い群落を作っている。 ここのスミレの群落では、 毎年ツマグロヒョウモンの幼虫がたくさん観察される。 一昨日、この道を通ったら、 ツマグロヒョウモンの幼虫がまだたくさんいて、 路上に下りて来ているものもかなり見られた。 スミレは一株がとても小さいので、 幼虫は葉を食べ尽くしてしまうと、このように一度地面に下りて、 近くのスミレまで移動して行かなくてはならないのだ。 「秋も深まり、だいぶ気温が下がって来たけど... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/23 18:14
トチノキの黄葉
トチノキの黄葉 所々、赤くなり始めた、林縁のイロハモミジを見て歩いていたら、 イロハモミジのはるか頭上に、 鮮やかな黄色に染まった、手の平のような形の葉があった。 この特徴的な葉はトチノキだ。 日本の山野に自生するトチノキは、黄葉が美しい樹木で、 秋に気温が下がって来ると、このように鮮やかな黄色に変化する。 一方、街路によく植栽されているベニバナトチノキは、 あまり黄葉は綺麗ではなくて、 枯れ葉のようになって落ちて行くものが多い記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 35 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/22 17:46
ナラタケ
ナラタケ このナラタケは降り積もった落ち葉から出ているように見えるが、 落ち葉を掻き分けて見ると、 太い木の根から出ていることが分かった。 この日は周辺に画像くらいの大きさの株が、 数ヶ所から出ていることを確認することが出来た。 木の幹から出ていてくれた方が絵になるので、 あたりを見回して探してみたが、 出ているのはなぜか木の根か根元ばかりだった・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/21 17:13
日に日に進む紅葉
日に日に進む紅葉 このイロハモミジは11月15日の記事でご紹介した木と同じものだ。 15日の記事の画像は13日(日曜日)の撮影で、 この時は(15日の記事の)画像の部分しか紅葉している部分はなかった。 と言うわけで、上の画像の枝は、 先週の時点ではまだ全体に緑色だったのだが、 今日、観察に行ってみたら、橙色の斑模様になっていた。 ちょうど一週間でここまで進んだことになる。 林縁のちらちらと木漏れ日の当る環境にあるイロハモミジは、 こんな風に日当たりのよい部分だけが先に斑に変化して行く... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/20 18:20
ツクバトリカブト
ツクバトリカブト 今シーズン見たツクバトリカブトの花の中に、 ひときわ花色の薄い個体があった。 この群落では濃い青紫色の花を付けるものが大半だが、 この花だけはうっすらと色付く程度の淡い色合いで、 とても目立っていた・・・・・・。 背後から「違う種類なんですかね」と、 お仲間らしきかたから声をかけられたが、 基本的に横浜市にはツクバトリカブトしか自生していないことになっている。 個体差の範囲内と考えるのが妥当だと思う・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 35 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/19 17:41
ケヤキの紅葉
ケヤキの紅葉 ケヤキが綺麗に紅葉していた。 この木は橙色に紅葉していたが、 黄色く黄葉する木や、 赤色に近い色まで紅葉が進むものもある。 ケヤキが並んでいるような場所では、 隣り合う木が全く違う色に紅葉していて、 違う種類の木なのかと思うこともよくある。 ケヤキは綺麗な樹形に育つので、 紅葉の季節には木の真下へ行くよりも、 木全体を見渡せるような、 少し離れた場所から観賞するといいと思う・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 54 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/18 16:53
スッポンタケの幼菌
スッポンタケの幼菌 10月の初旬、竹林の林縁でスッポンタケの幼菌を見つけた。 その後、定期的に観察を続けていたが、 11月に入ってもまだ幼菌のままで、 今のところ、キノコが顔を出す気配はない・・・・・・。 今年は定期的に雨が降っているので、 問題なく出るだろうと思っていたのだが、 ちょっと幼菌の期間が長い気がする・・・・・・。 スッポンタケは幼菌からキノコが顔を出す条件がシビアで、 卵形の幼菌のまま終わってしまうことも珍しくないので、 ちょっと心配だ・・・・・・記事画面の画像ク... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/17 16:57
カネタタキ
カネタタキ 斜面の転倒防止用の手すりにカネタタキがいた。 こんな時期にカネタタキと出会うとは思っていなかったので少々驚いた。 しかし、2〜3メートルほど先にもう一匹いて、 もう一度驚くことになった・・・・・・。 11月にカネタタキがいるのは普通なのだろうか記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/16 17:36
林縁のイロハモミジ
林縁のイロハモミジ 林縁のイロハモミジは日の当り方で、 紅葉の進行具合や色合いが場所によってかなり違う。 画像の場所は木漏れ日がチラチラと当るような環境で、 紅葉の始まりのころは、日当りが特によい箇所が、 所々、橙色に染まり、淡い斑模様になってとても美しい・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/15 22:28

続きを見る

トップへ

月別リンク

里山再生計画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる