テーマ:和菓子

草餅

和菓子屋さんに草餅が並び始める季節になった。 草餅は現在ではヨモギの葉が使われているが、 もともとはハハコグサの葉が使われていた。 ちなみにハハコグサは七草粥に入れるゴギョウのことだ。 昔の人はハハコグサの香りが邪気を払ってくれると考えていたのだ。 このため草餅は上巳の節供(ひな祭り)に食べる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うぐいす餅

画像はうぐいす餅。 梅の花が咲き始めるころから店頭に並ぶ和菓子だ。 あんこを餅生地で包み、 きな粉をまぶして作られる。 両端を引っ張ったような形に整えられているのは、 ウグイスに見立てたからと言われている。 立春の頃に食べると縁起がいいと言われるが、 店頭には2月いっぱい並んでいる・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花びら餅

画像は花びら餅。 白い餅生地からうっすらと見える紅色がとても上品で、 初春の華やかさを表現した和菓子。 もともとは宮中の行事食の、 「菱花びら」を菓子化したものと言われている。 半月状に畳んだ餅生地の中には、 押し鮎に見立てた牛蒡と味噌餡が挟んであり、 梅の花弁に見立てたと言われている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

草餅

草餅は現在ではヨモギを使って作られる。 しかし、もともとは春の七草の1つ、 ゴギョウ(ハハコグサ)を用いて作られていた。 そして草餅は主にひな祭り(上巳の節句)の時に 作って食べられていたそうだ。 ゴギョウ(ハハコグサ)を用いていたのは、 その香りが邪気を祓うとされていたからだ。 しかし時代と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うぐいす餅

2月になると和菓子屋さんの店頭に、 「うぐいす餅」が並び始める。 うぐいす餅は餡を求肥で包み、 丸くしたものを楕円形に整えて、 これに「うぐいす粉」をまぶして仕上げている。 うぐいす粉とは青大豆のきな粉で、 普通のきな粉と違って、緑がかった色をしており、 きな粉とは違う甘みと香りがある。 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花びら餅

日本には1年を通して四季折々の年中行事がある。 そして和菓子にはその年中行事でとても重要な役割がある。 画像の「花びら餅」は1月になると、 和菓子屋さんの店頭に並ぶお菓子だ。 宮中の正月の行事食、「菱花びら」が菓子化され、 裏千家の初釜の菓子として、 使われるようになったものと言われる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨモギの越冬

日当たりのよい、緩やかな土手に、 ヨモギがたくさん生えていた。 ヨモギは春の山菜としても有名で、 昔から草餅の材料として使われる。 梅の花が見ごろになる立春の頃に摘んで来て、 春の香りを楽しみながら草餅を作る。 私が小さかった頃は、 ヨモギ摘みをしている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花びら餅

和菓子は野に咲く花や、四季折々の昆虫や野鳥のように、 季節によって店頭に並ぶものが変わって行く。 一月は何と言っても「花びら餅」だろう。 もともとは宮中の正月の行事食、 「菱花びら」を和菓子化したものと言われている。 白い餅生地を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柏餅

端午の節句には柏餅や粽を五月人形や武者飾りの前に供える。 年中行事ということで神棚や仏壇にも同様に供える。 じつは柏餅は女児のシンボルと言われていて、 ハマグリの形にしなくてはいけないのだとか。 本来、柏餅は画像のように、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜餅(道明寺)

今日は三月三日のひな祭り。 だからという訳ではないが、和菓子屋さんで桜餅を買って来た。 今年は京都が本社のお店で買ったので、 糒(ほしいい)を使った道明寺。 まず、蓋を開けると、フワッと春の香りが漂う。 餅を巻いてある塩漬けの桜の葉の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花びら餅

お正月を祝う和菓子「花びら餅」。 餅生地からうっすらと透けて見える桃色が何とも美しい。 花びら餅は新春の梅の花をイメージして作られているそうだ。 餅生地は求肥や羽二重餅が使われ、 桃色の餡と白味噌餡、 砂糖で甘く煮た牛蒡(ごぼう)が包み込まれてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

草もち

昔は草もちは文字通り「草餅」だったようで、 臼と杵を使って餅を搗き、 そこに茹でたヨモギを投入し、 ぺったん、ぺったん餅を搗きながら、 草餅を作っていたそうだ。 餅なので当然時間が経てば硬くなってしまうので、 軟らかい状態で食べるには、 搗きたての温かい餅を食べるしかなかったようだ・・・・・・{%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぼたもち、おはぎの由来

明日は春彼岸の中日だ。 春彼岸の中日には仏壇に「ぼたもち」を供える。 ちなみに、昔はこしあんのものを「ぼたもち」と呼び、 秋彼岸の中日に供える「おはぎ」は、 つぶあんのものを指していたそうだ。 これは小豆の収穫時期が関係していて、 収穫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菱餅

和菓子屋さんにひなまつり用の菱餅が置いてあった。 菱餅は大、中、小とあるのだが、 中と小が売り切れてしまっていて、 仕方なく大を買って来たら、 結構大きくてびっくりした・・・・・・。  菱餅は下から緑色、白色、桃色の 三色のものが一般的だ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜餅

桜の開花にはまだ早いが、 和菓子屋さんでは桜餅の販売が始まった。 桜餅の由来は、 桜の名所、隅田川で、 「桜の落ち葉を何かに利用出来ないか」と考え、 作られたのが始まりだとか・・・・・・。 桜餅が先ではなく、 葉っぱが先というところが面白い{%笑いweb…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花びら餅

お正月の和菓子、「花びら餅」を買って来た。 花びら餅は平安時代の宮中で行われていた、 「歯固めの儀式」に由来するそうだ。 歯固めの儀式では、お正月に長寿を願って、 押鮎、猪、大根などを食べていたという。 この宮中で行われていた、 正月の行事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かしわ餅

かしわ餅は江戸時代の初めごろには、 すでに出回っていた和菓子らしい。 ただし、現在のかしわ餅のように、 餅の中に「あんこ」が入っていたのかどうかはよく分かっていない。 かしわ餅に柏の葉を使うのは、 柏は新芽が出るまで、古い葉を落とさないから、 家督が絶えないという意味に通じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福ハ内

季節の和菓子、「福ハ内」。 豆の形をしたお菓子がマスに入っているのだが、 じつはこの豆、すごくでかい・・・・・・。 見た目のインパクトで、思わず買ってしまった。 縁起のいい名前で、 節分の日にぴったりの和菓子だった。 興味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

亥の子餅

亥の月(旧暦10月)の亥の日に行われる年中行事を「亥の子」という。 今年の亥の子は昨日だった。 西日本では亥の子の日に「亥の子搗き」を行う地域が多く見られる。 子供たちが地域の家々を回り、 亥の子の歌を歌いながら、 亥の子石という丸い石に、 縄を取り付けた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春彼岸(供え物)

お彼岸には地域によって様々な供え物をする風習がある。 我が家では父が東京世田谷の出身だったので、 世田谷に古くから伝わる供え物をしている。 写真は彼岸の入りの日に供えたソバと、 彼岸の中日(春分の日)に供えるぼたもち。 ちなみにぼたもちは春はこしあん、 秋はつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花びら餅

花びら餅は新年を祝うための和菓子で、 年末ごろから和菓子屋さんの店頭に並び始める。 花びら餅は、 甘く煮た「ごぼう」と味噌餡を、お餅で包んでいる。 ごぼうも味噌餡も控えめな甘さで、 餡子が苦手なかたでも食べられる。 私自身も餡子はあまり好きな方ではないのだが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麩饅頭

麩饅頭は生麩で餡をくるんだお饅頭で、 写真のように笹の葉で綺麗にくるんで売られている。 笹の葉のかわりにサルトリイバラの葉でくるんでいるお店も多い。   最近、仕事が忙しくフィールドに出られず、 和菓子ブログと化している里山再生計画だが、 9月の下旬ごろには通常のスタイルに戻せると思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

くずきり

くずきりは葛粉を水でといて加熱し、 冷やして固めたものを、細長く切ったもので、 これに黒蜜をかけていただく。 冷たくのどごしがよく、暑い夏にぴったりの和菓子だ記事画面(「続きを見る」から入る)の画像クリックで、等倍画像が開きます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わらび餅

わらび餅というと、スーパーなどでパック詰めされて売られている、 半透明のお団子状のものを思い浮かべるかたが多いと思う。 ところが、この「わらび餅」にはわらびはいっさい入っていなくて、 サツマイモやタピオカから採ったでんぷんやくず粉から作られている。 本来の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水饅頭

夏の和菓子「水饅頭」。 つるんとした葛の生地で餡をすっぽりくるんでいる。 写真のようにお皿に乗せて食べるのもいいが、 氷水を入れた器に水饅頭を入れて食べるのもいい。 葛の生地は冷蔵庫で冷やすと硬くなってしまうため、 冷やして食べるなら、この食べ方がベ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若鮎

「若鮎」は鮎釣り解禁から、 落ち鮎のころまで店頭で見られる和菓子。 見ての通り、可愛らしい鮎の形をした和菓子で、 中には求肥がぎっしりと詰まっている。 あんこの苦手なかたも食べられる夏の和菓子だ記事画面(「続きを見る」から入る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水無月

毎年、6月30日には、各地の神社で、 「夏越の祓え」と呼ばれる儀式がとり行われる。 この日には茅の輪くぐりと、 紙で出来た人形(ひとがた)を流す儀式が行われる。 写真の水無月と呼ばれる和菓子は、 小豆を外郎に載せたお菓子で、 古来より夏越しの祓えの日に食べられて来た{%ナイフとフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜餅

桜餅には江戸発祥の長明寺桜餅と呼ばれるものと、 上方発祥の道明寺桜餅と呼ばれるものがある。 関東地方で普通に見られるのは、 小麦粉の焼き皮で餡を包み込んだ、長明寺桜餅と呼ばれるもの。 塩漬けにされたオオシマザクラの葉は香りがよく、 いっしょに食べることで、春の香りに包まれる・・・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うぐいす餅

うぐいす餅は餡を求肥で包み楕円形にし、 両端をつまみウグイスを思わせる形にしてある。 うぐいす粉と呼ばれる、 青大豆で作ったきな粉をまぶして完成となる。 梅の季節にぴったりの春の和菓子である記事画面(「続きを見る」から入る)の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花びらもち

花びらもちは正月を祝うための和菓子で、 甘く煮た牛蒡と甘い味噌餡をお餅で包んでいる。 最初、それを聞いたときは、 「ちょっとな~」と、あまり食べたいとは思わなかったのだが、 実際に食べてみると、意外と「うまい」のだ。 思わず、2つ3つと手が伸びてしまう{%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more