テーマ:里山の記憶

寒中にスミレ開花

一昨日、近所でスミレの花が咲いていた。 もともと、スミレは春の花だが、 秋に咲くことはそれほど珍しいことではない。 しかし、年を越して、 寒中に咲いているのを見つけた記憶はないと思う・・・・・・。 そもそも、例年なら、今の時期は、 スミレは花を咲かせるどころか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木林

里山の雑木林では様々な動植物が見られる。 春には林道脇で各種スミレをはじめ、 都市部では珍しくなってしまった、様々な植物が花を咲かせる。 初夏にはゼフィルスと呼ばれる美しいチョウが舞い、 夏にはカブトムシ、クワガタムシなど夏の昆虫の活動の場となる。 雑木…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リンドウ

谷戸でリンドウがたくさん咲いている。 今年は例年よりも見に行くのが遅れてしまい、 「花の時期を逃してしまったかな~」と、 半分あきらめながら、 自生場所を覗きに行ったのだが、 ちょうど見ごろの花ばかりで驚いた。 まだ、咲いていないものもかなり見られて、 今年は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミソハギ

ミソハギは七月の「東京盆」のころから咲き出し、 八月の「月遅れ盆」のころまで次々と開花する。 お盆にはミソハギの花を束ねたものを、 水の子(洗った米とナスやキュウリを 賽の目に切ったものをまぜたもの)と、 容器に入れた浄水とのセットで盆棚に供えるので、 お盆には欠かせない花となって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤブカンゾウ

里山ではヤブカンゾウは、 谷戸田の周辺や林縁の土手などに多く自生している。 ヤブカンゾウは近所でも見られる場所があって、 住宅街に残されたちょっとした薮や土手などで、 まだかろうじて生き残っている。 じつは家の近所は、 昭和30年代までは田んぼが広がっていたそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホタルブクロ

里山ではホタルブクロが見ごろを迎えている。 今の季節は里山のどこを歩いていても、 必ず咲いている花だ。 里山環境では林縁や田んぼ周辺、草地、山道など、 どんな場所にも適応して花を咲かせている。 昔は家の近所でも見られた花だが、 開発が原因で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノアザミ

里山ではノアザミは、日当たりがよく、 土が適度に湿っている場所に自生している。 谷戸の田んぼ周辺には特に多く見られる。  私が子供の頃、 ノアザミは近所の原っぱにもたくさん咲いていた。 空き地や原っぱがなくなったことで、 近所から消えて行った植物はとても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウツギ

里山のウツギの花は、 谷戸の南側ではもう終わりに近いが、 谷戸の北側や林縁の土手の下で見られるものは、 今ようやく見ごろを迎えている。  ウツギは土手をコンクリートのブロックで 固めたような場所でもしばしば見られる。 排水のための丸い穴や、 コンクリートのわず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コバノタツナミ

里山ではコバノタツナミは谷戸の各所に自生している。 湿気が多い場所には少なく、 逆に乾き気味の場所でよく見られる。 じつはコバノタツナミは近所でもよく見られる。 月極め駐車場のすみの方や、 道端の石塀の下などに群生している。 それも、一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シロバナタンポポ

画像は谷戸で咲くシロバナタンポポ。 里山ではシロバナタンポポは、 カントウタンポポほど数は多くは多くないが、 あちこちに点在している印象。 都市部ではカントウタンポポ同様、 ほとんど見られないタンポポだ・・・・・・。 しかし、意外なことに、うちの近所では、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アリアケスミレの生育環境

里山のアリアケスミレは、 田んぼの周りや草地など、 土にある程度の湿り気が 保たれている場所を好んで自生している。 アリアケスミレは湿気が多い、 土の場所が好きなのかなと思いきや、 決してそんな訳ではないようだ・・・・・・。  近所で見られるアリアケスミレは、 道端や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒゴスミレ

画像は里山の林縁で、 落ち葉に埋もれながらひっそりと咲くヒゴスミレ。 意外かもしれないが、 ヒゴスミレは近所でも見られる。 「スミレ、アリアケスミレ、ヒメスミレ」ほど多くはないが、 道端でちらほらと見かける。 里山では林縁で木漏れ日を浴びながら、 ひっそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スミレの生育環境

スミレは里山にも自生しているが、 数は圧倒的に近所の道端に多い。 住宅地の道端や、 バス通りに沿う歩道脇を探すと、 あちこちで見つかる。 そんな場所は決まって、 アスファルトで舗装されているものだが、 スミレはむしろそんな場所を好む傾向がある{%タクシー(ブンブン)hdeco…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウルイ

山菜としては「ウルイ」の名前で知られているが、 ウルイとは谷戸に多く自生している 「オオバギボウシ」のことだ。 里山ではオオバギボウシは、 小川や湿地の周辺に普通に自生している。 オオバギボウシの若葉は、 昔から春の山菜として利用されている。 おひたしや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨモギの若芽

ヨモギはあまり生育場所を選ばず、 里山のあちこちに自生している。 都市部にも適応出来る強健な植物で、 街路樹といっしょに歩道の脇で、 頑張って育っているのをよく見かける。 そんな場所に生えているヨモギでは、 排気ガスや犬のおしっこがかかっていそうで、 ちょっと抵抗があるが、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガマズミの果実

谷戸のガマズミがたわわに実を付けていた。 都市部ではガマズミと言っても、 なかなか、ピンとこないものだが、 電車に揺られて少し郊外へ出ると、 ごく普通に見られる低木だ。 私が子供のころは、 家の近所でもガマズミが見られたが、 開発で空き地や雑木林がなくなっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

禅寺丸

昨年、「マイフィールドの里山には、 小ぶりの実が鈴なりになる、 柿の木があちこちに生えているが、 この柿はいったい何だろう?」という記事を書いた。 すると、当ブログによく訪問して下さるかなたさんから、 「禅寺丸ではないか?」というコメントをいただいた。 そこで、禅寺丸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レンゲ

写真は4月中旬撮影のレンゲの花。 里山では谷戸の田んぼ周辺や、 土手や農道脇など日当たりのよい場所で見られる。 田んぼのレンゲ畑は、 緑肥となって消えて行く運命にあるが、 畦道や土手で見られる群落は、 自然に種を落とし、 毎年、花を咲かせている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノビルの酢味噌あえ

私が子供のころ、 ノビルは近所の、 空き地や原っぱなど、 身近なところに、 普通に生えていた。 現在ではその空き地や原っぱが、 なくなってしまったので、 近所でノビルを探すのは難しくなったが、 かろうじて生き残っている場所もある。 里山では探すまでもなく、 あちこちに生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒゴスミレの生育環境

子供の頃、ヒゴスミレは、 近所の原っぱや空き地に、 たくさん咲いていたのを覚えている。 現在、その空き地や、 原っぱはなくなってしまったが、 ヒゴスミレは道端でたまに見かける。 数はスミレやヒメスミレほどではないが、 ヒゴスミレはアスファルトの割れ目でも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒメスミレの大きさは・・・

昔風の言い方をすれば、 ヒメスミレは里に多く山に少ないスミレだ。 このため、 スミレと同様に近所でもよく見つかる。 近所ではアスファルトの割れ目に沿って、 並んで育っているのをよく見かける。 歩道脇や月極め駐車場、 階段や段差などを、 注…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アリアケスミレ

アリアケスミレは近所でも見られるスミレで、 アスファルトの割れ目など過酷な環境にも適応して、 大きな株に生長している。 写真の株はガードレールの外側で車道側を向いて生えていて、 歩道からでは見えにくく、見過ごしそうだった・・・・・・。 撮影も車道からでないと無理で、 車が途切…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スミレ

スミレはアスファルトの割れ目や、 ブロック塀の下によく生えている。 わずかな隙間を好むようで、 すぐそばに土が露出した場所があっても、 株が見られるのは、 アスファルトの方ばかりだ・・・・・・。 このため、スミレは里山よりも、 近所を探した方がたくさんの株が見つかる{%顔モ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貴雲寺の道祖神

貴雲寺は岸根公園の近くにあるお寺で、 最寄り駅は、 横浜市営地下鉄の、 「岸根公園駅」になる。 写真の道祖神の隣には、 お地蔵様や庚申塔も、 いっしょに並んでいる。 いずれも古い時代のもので、 かつては岸根の道端に、 立っていたものと思われる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガガイモの袋果

里山でガガイモの袋果を見つけた。 里山に自生するガガイモは、田んぼの周りの環境を好むようで、 谷戸ではあちこちに生えている。  ガガイモは強健な植物のようで、 家の近所の複数のポイントでも、毎年アスファルトの割れ目から、 にょきにょき生えて来て、金網に絡んで育っている{%新芽we…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フキノトウ

暖かい日が、 数日続いたせいか、 里山では、 落ち葉を持ち上げて、 フキノトウが顔を出し始めた。 この日は、 フキの自生している、 数ヶ所のポイントで、 フキノトウが出ているのを確認した。 このぶんだと、フキノトウは、 次々と出て来そうな感じだが、 あさって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東泉寺前の道祖神

横浜市神奈川区羽沢町に、 「東泉寺」というお寺がある。 タイトルにある「東泉寺」は、 そのお寺の名前で、 地名ではない。 写真の道祖神の最寄り駅は、 横浜市営バスの、 「東泉寺前」停留所。 羽沢町のあたりも、 昭和30~40年ごろまで、 里山だった場所だが、 現在…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神大寺と庚申塔

神大寺地区は今でこそ住宅地になっているが、 昭和40年ごろまで田んぼが残っていた。 昭和30年ごろまで時代を遡ると、 市営地下鉄片倉町駅から六角橋方面へ抜けて行くバス通り沿いは、 バス通りは全て田んぼで、バス通りの両側の住宅地も、 平地部分はずっと田んぼが続いていたそうだ{%顔モジヘェー(シェイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正覚院の百万遍供養塔

港北区大豆戸町(まめどちょう)にある正覚院は、 横浜七福神(港北区)のひとつ、 大黒様を祀っているお寺だ。 このあたりは、 非常に起伏の激しい土地で、 新横浜駅がある場所が最も低い。 新横浜駅が開業したころは、 新横浜駅周辺には、 建物は見当たらず、 あたり一面、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤坂谷戸の道祖神

戸塚区舞岡町にある、 舞岡公園の尾根道は、 昔の「旧道」に当るそうだ。 この尾根道の途中に、 かつて、赤坂谷戸と、 呼ばれていた場所があって、 尾根道から、 少し外れた林縁部分に、 ひっそりと道祖神が祀られている。 ひたすら前を見て、 尾根…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more