テーマ:冬芽葉痕

シナサワグルミの冬芽葉痕

画像はシナサワグルミの冬芽葉痕。 クルミの仲間の葉痕はどの種類もとてもかわいい。 そんなクルミの仲間の中でも、 シナサワグルミはちょっとレアかもしれない。 昔は児童公園などによく植えられていたのだが、 最近はほとんど見かけなくなってしまった。 だからたまたま立ち寄った公園で、 シナサワグルミを見つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリギリの冬芽葉痕

画像はハリギリの冬芽葉痕。 ハリギリは漢字では「針桐」と書く。 これは幹にびっしりとある鋭いトゲから来た名前だ。 画像のように幼木にもトゲはしっかり付いていて、 まるで鎧を着たようなその姿は非常に特徴的。 もう少し先の話になるが、 葉が開ききる前の若葉は山菜として利用出来る。 しかし、ウコギ科最強…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

センダンの冬芽葉痕

冬芽葉痕観察で外せないのがこのセンダン。 センダンの冬芽葉痕はサル顔で、 手ごろな大きさの幼木を見つけられれば、 画像のようなかわいいおサルさんがたくさん付いている。 ところでこの画像を撮影している時に気付いたことがあって、 この幼木の葉痕はまだ緑色をしていて瑞々しかったこと。 普通なら一月下旬とも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クサギの冬芽葉痕

クサギというと、星形に開いた赤い萼の中央に、 藍色の丸い果実が付いている光景を想像することが多いと思う。 人から見ると、 果実そのものは食欲をそそらない色で、 あまり美味そうには見えない。 現実に果実は潰すと悪臭がして、ちょっといただけないのだが、 なぜか野鳥には人気のようで、 すぐに藍色の果実はなくなって、 赤い星…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テウチグルミの冬芽葉痕

画像はテウチグルミの冬芽葉痕。 自然観察を趣味にする者にとって、 冬芽葉痕観察は冬の楽しみの一つだ。 クルミの仲間は種類を問わず、 葉痕がとても大きく観察しやすい。 しかも、どの種類も、 葉痕の表情がかわいいのだから言うことがない。 テウチグルミは食用の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

河津桜の花芽

暖冬のせいなのか、河津桜が早くも三輪開花していて驚いた。 ほとんどの枝は冬芽が膨らんで、 黄緑色になっている程度だったが、 画像程度に色付き始めていている枝もちらほら見られた。 この分だと今月中に開花宣言となるのではないか・・・・・・。 河津桜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カラスザンショウの冬芽葉痕

画像はカラスザンショウの冬芽葉痕。 カラスザンショウの葉痕はにっこり顔でかわいらしい。 私が子供の頃、カラスザンショウは、 空き地があると真っ先に進入して来て、 ニョキニョキと小さな幼木を生やしていたものだが、 最近では建物を壊して更地が出来ても、 カラスザンショウの幼木が生え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニワウルシの冬芽葉痕

画像はニワウルシの冬芽葉痕。 ニワウルシは「ウルシ」と名前に付くものの、 じつはウルシの仲間ではなくニガキ科の樹木だ。 葉はウルシの仲間によく似ているが、 ニガキ科なのでかぶれる心配はなく、 庭に植えても大丈夫という意味で、 「ニワウルシ」と名付けられたそう。 もともとは日本の樹木ではなかったが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

河津桜の冬芽葉痕

画像は河津桜の冬芽葉痕。 冬芽葉痕を撮影するために河津桜を見に来たのだが、 じつは河津桜はもう蕾が数輪ほころび始め、 芽吹きが始まっている枝すらあった。 早咲きの河津桜なので、 花芽がちらほらほころび始めていることは不思議ではないが、 芽吹きまで始まっていること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリギリの冬芽葉痕

画像は鎧を着ているようなハリギリの冬芽葉痕。 ハリギリはウコギ科の落葉高木で、 成木は20メートルを超える大きな木になる。 ハリギリは山菜としても知られている。 ウコギ科の山菜はどれもえぐみが強いのだが、 中でもハリギリは最もえぐみが強い{%注意!webry%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャンチンの冬芽葉痕

画像はチャンチンの冬芽葉痕。 「今日は風が強いな~」と先端のコをみんなで飛ばされないように押さえているみたい。 チャンチンはどの枝にも、葉痕がたくさん付いているが、 幼木はこんな風に、 先端に冬芽葉痕が集中しているものをよく見かける。 チャンチンは冬芽葉痕観…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オニグルミの冬芽葉痕

画像はオニグルミの冬芽葉痕。 混み合ってます。 みんな先端にそんなに集まらないで、 枝は長いんだから、 もっと分散すればいいのにねぇ・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴシュユの冬芽葉痕

ゴシュユは中国原産の落葉小高木。 漢方薬を目的として導入されたと言われている。 日本には江戸時代の享保年間に、 東京の小石川植物園に植えられたのが初めとされ、 これが株分けされて各地に広まって行ったそうだ。 薬用部位は果実だが、渡来したのは雌株だけなので、 果…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イイギリの冬芽葉痕

画像はイイギリの冬芽葉痕。 本来、イイギリは山地に自生する樹木だが、 公園や街路に植えられるため都市部でもよく見かける。 公園でブドウの房のような赤い実を、 ぶらぶらとたうさんぶら下げている木を 見たことがないだろうか。 イイギリは土の場所があれば、とても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユズリハの冬芽葉痕

ユズリハの冬芽葉痕は鏡餅のような形をしている。 ユズリハは子供の葉が成長してから、 親の葉が散って、代替わりをして行くことから、 縁起の良い木として葉を正月飾りに利用する。 昔ながらの鏡餅や玄関飾りには必ず飾り付けられていた。 昔は縁起の良い木として、 庭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サワグルミの冬芽葉痕

サワグルミの冬芽葉痕はスヤスヤ眠る子供の顔。 画像は太い枝に付いていた葉痕だが、 細い枝ほど葉痕は幼顔になって行くのが面白い・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマグワの不思議

画像はヤマグワの冬芽葉痕。 里山にはヤマグワが多い。 大きなものは10メートルを超える大きな木になるが、 林縁で見られるものは2~5mほどのものが多い。 大きな高木になったものは、 谷戸の開けた場所でポツリと育ったものに多い{%木web…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

センダンの冬芽葉痕

画像はセンダンの冬芽葉痕。 葉痕はかわいいサル顔で観賞価値が高い。 とても成長の早い樹木で、 冬芽葉痕撮影に手ごろな大きさの若木を見つけても、 翌年には手の届かない大きさになっていたということも少なくない・・・・・・記…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キハダの冬芽葉痕

キハダの冬芽葉痕は滑稽なピエロ顔。 ピエロの鼻の部分が冬芽で、 春になると鼻が割れて芽吹きが始まる。 キハダの樹皮の内皮は古代から染料に用いられている。 この内皮が鮮黄色であることからキハダと呼ばれる。 また、粉末を胃腸薬として…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハゼノキの冬芽葉痕

ハゼノキは里山の秋を彩る代表的な樹木の一つ。 樹高は10メートルにもなるが、 ハゼノキの果実は野鳥に人気なので、 あちこちに幼木が育っていて、 冬芽葉痕の観察には事欠かない。 紅葉が美しいので、 庭に植えられたり、盆栽にされたりもするので、 植栽なら都市部でも見かける樹木だ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムクロジの冬芽葉痕

画像はムクロジの冬芽葉痕。 ムクロジの冬芽は主芽の下に予備芽が付いている。 春に芽吹くのは大きな主芽。 予備芽は主芽に何かアクシデントがあって、 芽吹けなくなった時にだけ展開する仕組みになっている。 葉痕は少し面長のにっこり笑顔・・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリエンジュの冬芽葉痕

ハリエンジュの冬芽葉痕は恐ろしい鬼の形相をしている。 冬芽は葉痕の下に隠れている「陰芽」と呼ばれるタイプ。 ハリエンジュの葉痕は、普通左右に裂け目が入っていて、 この裂け目が怖い表情に拍車をかけている。 春の芽吹きはこの恐ろしい鬼の顔を突き破って出て来て、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エンジュの冬芽葉痕

エンジュの冬芽は葉痕の下に隠れている。 冬芽はこげ茶色の毛に覆われていて、 その一部分が葉痕の真ん中に見えている。 このような冬芽を「半陰芽」と呼ぶようだ。 このため葉痕はU字形をしているが、 ちゃんとにっこり微笑む顔になっている・・・・・・{%コーヒー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャンチンの冬芽葉痕、一週間で・・・

一週間前はまだ葉っぱがたくさん残っていたチャンチン。 「どうなったかな~」とずっと気になっていたので、 ちょっと確認に行って来た。 そうは言っても、一週間しか経っていないので 「葉っぱは半分程度に減っていればいい方かな」と思っていたのだが、 なんと、なんと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャンチンの冬芽葉痕を見に行ったら・・・

チャンチンの冬芽葉痕を撮影しようと見に行ったら、 まだ葉っぱがたくさん残っていて驚いた。 葉っぱは寒さでパリパリになっていたが、 まだかなりの数が残っていて、 「12月の前半まで気温が高めだったことが影響しているのかな~」 とふと思った・・・・・・。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニワトコの冬芽葉痕

にっこり微笑むニワトコの冬芽葉痕に出会った。 ニワトコは直立する主幹を持たない樹木で、 根元から数本の枝を四方八方に伸ばす。 その特徴的な姿から、 離れた場所からでもニワトコであることが分かる。 都市部ではほとんど見かけないが、山野では普通に見られる樹木で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オニグルミの冬芽葉痕

かわいい羊顔と言われるオニグルミの冬芽葉痕。 オニグルミは大木が多いので、 観察に向いている大きさの木を探すのも大変だが、 運よく見つけることが出来れば、 画像のようなかわいい羊たちがあなたを迎えてくれるだろう。 成木は枝の生育状況によって、 一本一本微妙に葉痕の表情が違ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬のアジサイ

アジサイの冬芽葉痕を観察しに行ったら、 画像のようにすごいことになっていた。 もともとアジサイは自然にドライフラワーになりやすいのだが、 こんなにたくさんの花が、 形も崩れずにそのまま残っていることは珍しい。 そんな訳で、急きょ予定を変更して、 冬芽葉痕ではなくて、アジサイのド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリギリの冬芽葉痕

芽吹きの早い一部の樹木は、 もう、新芽が動き始めているが、 多くの樹木はまだ冬芽を堅く閉ざしている。 画像は里山ではあちこちに生えているハリギリの幼木だが、 今のところ、全く目覚める気配はなかった・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒメグルミの冬芽葉痕

クルミの仲間の葉痕はどれも可愛い表情をしている。 画像はヒメグルミの冬芽葉痕。 とんがりぼうしをかぶって、手袋をはめた子供が、 「わ~い」とバンザイしているように見えないだろうか・・・・・・記…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more