テーマ:都市の自然

ネジバナがこんな所に・・・

月極め駐車場の脇のちょっとしたスペースに、 いつの間にかネジバナが進入して立派な花を咲かせていた。 ネジバナはれっきとした日本の野生ランなのだが、 都市部の公園や街路樹の根本などでも普通に見られる。 さすがにアスファルトの隙間では見られないが、 ちょっとした土の場所があれば問題なく生育するようだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイサンボクの花

タイサンボクは放任すれば樹高は20メートルにも達する。 もともとは北アメリカの原産だが、 明治の頃にはすでに渡来していたと言われる。 梅雨時に白い大きな花を咲かせる。 花はホオノキと並んで日本で見られる樹木では最大級。 花言葉は「壮麗」で、 正にタイサンボクの花にピッタリの言葉だ・・・・・・{%コー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キクノハアオイ

道端に見慣れない花が咲いていることに気付いた。 花は橙色で1センチもないだろうか。 目を凝らしてよく見ると、 なんだか椿の花の形によく似ている。 葉は特徴的でまるでキクの葉っぱのようだ。 調べて見ると、「キクノハアオイ」という植物だった。 熱帯アメリカ原産の外来種で、 1913年に横浜で初めて確認…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「アメリカロウバイ」なのか「クロバナロウバイ」なのか・・・

画像はアメリカロウバイの花。 アメリカロウバイは5~6月に、 画像のような暗赤色の花を咲かせる。 もともとは北米南部の原産で、 明治から大正の頃に渡来したとされている。 じつはアメリカロウバイには、 クロバナロウバイというそっくりさんがいて、 その違いは非常に曖昧という他なく、 解説されている図…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラシノキの花

里山のいいところは、 手つかずの自然ではなく、 人の生活と自然が常に隣り合わせになっているところだ。 このため人の生活圏には、自然の中では見られない、 様々な栽培種の花を見ることが出来る。 そしてこれが、 里山に多くの種類の昆虫が集まって来る理由の一つになっている。 画像はブラシノキの花。 昔は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユリノキの花

ユリノキは公園や街路によく植栽されているので、 見る機会が多い樹木だと思う。 しかし、もともとは北米原産の樹木で、 日本の山野には自生していない。 樹高は20メートル以上になる高木で、 今の時期は画像のような花を咲かせているが、 木の高い場所で咲いているものがほとんどで、 気付いていない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イモカタバミとベニカタバミの見分け方

画像はイモカタバミの花。 花は濃厚な紅紫色で、花の中央は更に色が濃い。 雄しべの葯は黄色である。 イモカタバミの萼は緑色をしている。 これは識別の際に大きなポイントとなるので、 しっかりチェックしておきたい。 イモカタバミの葉は花に対してか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シランの花

シランは都市部でもしばしば見かける花で、 どちらかと言うと、「花壇の花」の印象が強い。 しかし、シランはれっきとした日本の野生ランで、 もともとは園芸植物という訳ではない。 身近な場所でしばしば見かける花なので、 全くそんなイメージはないと思うが、 野生下ではほぼ絶滅といってもいいランである{%注意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イモカタバミとムラサキカタバミの見分け方

画像はイモカタバミの群落。 今の季節、都市部でよく見かける花だと思う。 もともとは南アメリカ原産の植物だが、 園芸植物として入って来たものが野生化している。 イモカタバミの特徴として、 紅紫色の花の絨毯を敷き詰めたような、 大きな群落を作ることがしばしばある。 花は濃厚な紅紫色で花の中心は更に色が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八重咲き

この花を撮影したのは4月10日。 ちょうどツツジの花が咲き始めた頃に撮影している。 この花の周囲にはオオムラサキツツジがたくさん植えられていた。 画像の花はオオムラサキツツジの花と全く同じ色合いだったので、 最初はその存在に全く気付かなかったのだが、 まだ花がまばらにしか咲いていなかった時期だったこともあって、 この株の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あれ、まだ咲いてるの⁉

歩いている時に、偶然目に留まった上の画像の花。 遠目に見た時は、てっきりユキヤナギがまだ咲いているのかと思ってびっくりしたのだが、「そんなバカな!」と思って確認に行ってみたところ、なんと大きなコデマリの木だった。 コデマリと言うと枝垂れた枝のイメージがあるのだが、 この木はほとんどの枝がほぼ垂直に育ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タンポポはじつに面白い

別に何の変哲もないタンポポの画像に見えると思う。 しかし、このタンポポは、 その辺でよく見かけるタンポポとはちょっと違う。 しかし、花や葉の特徴が普通のタンポポと何か違うのかと、 画像に穴が開くぐらい眺めたところで、 きっと何も違いは分からないと思う。 なぜなら、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっと図々しいアリアケスミレ

都市部ではスミレやヒメスミレと同じような場所に自生しているアリアケスミレ。 ガードレールの下のアスファルトの隙間はもちろん、 月極め駐車場でもよく見られる。 里山ではアリアケスミレは、 スミレよりもやや湿り気の多い場所(畑や田んぼの周りなど)にも自生している。 月極め駐車場というのは、駐車場になる前は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツツジとサツキの見分け方

画像は昨日の一枚目の写真の、 「サツキの花」のクローズアップ。 「やっぱりオオムラサキツツジに似ているな~」と思うかたも少なくないかもしれない。 花色だけに注目していると、 「似ている、似てない」の話になってしまうので、 まず、チェックしておきたいのは「雄しべの本数」だ。 上の画像をチェックしてみる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツツジとサツキは花色では区別出来ない!

花や昆虫に詳しい人なら、上の画像を見て、 「オオムラサキツツジ」という品種名が思い浮かぶかもしれない。 しかし、この画像の花は、「オオムラサキツツジ」ではない。 では、この花はいったいなんなのかというと、 じつは「ツツジ」ではなく、「サツキ」の花である。 そしてこちらが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤みの強いスミレの花

道端で赤みの強いスミレの花を見つけた。 一瞬、スミレじゃないんじゃないかと思うほど、 鮮やかの色合いの花だったが、 冷静になって観察してみれば、特徴は全てスミレと一致する。 画像の株はスミレとヒメスミレが、 点々と自生している道端で一緒に育っていた。 しかし、赤みの強い花はこの一株だけで、 他の株…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「スミレの色変わり」と「交雑種」について

スミレは個体数が多いこともあって、 花色や花の形、 花の大きさなどに様々な変化が見られる。 画像は昨年見つけた花色の色変わり個体。 (ちなみに画像は今年新たに撮影したもの) 大きな道路の歩道側、アスファルトの隙間に沿って、 普通の花色のスミレといっしょに自生していた。 見つけた時は他種との交雑も疑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スミレとヒメスミレ

画像はガードレールの下、 それも車道側で育っているスミレ。 スミレは郊外の花のイメージがあるかもしれないが、 都市部でも探すと案外見つかる。 ガードレールの下はスミレのお気に入りの場所で、 5メートル、10メートルと群落が続く場所もあるくらいだ。 平坦な場所ではガードレールの死角になって、 普通に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タンポポの見分け方

近所では3月に入って間もなく、 3倍体雑種タンポポの蕾がほころび始めた。 ひとくちに3倍体雑種と言っても、 大きく3種類のタイプがあって、 うちの近所で最も多く見られるのは、 私が識別のために、 勝手に「タイプA」と呼んでいるタイプ。 画像のように3倍体雑種のタンポポは、 蕾の時はカントウタンポポのように総苞片は直立…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アツバスミレ(二色咲き)の識別

画像は昔から近所の道端でよく見られるスミレ。 強健でアスファルトの隙間でも大きな葉を繁らせ、 毎年たくさん花を咲かせている。 近所では数ヶ所に群落があるが、 いずれもアスファルトの道端で育っている。 花は大輪で上弁が白く、側弁と唇弁が紫色の二色咲き。 距はぼってりとしていてアリアケスミレに近い感じ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノジスミレ

画像は近所の道端のノジスミレ。 今年は暖冬で葉っぱがなくならなかったせいか、 半月ほど前からちらほら咲き始めている。 このまま順調に咲き進んで行くかと思っていたのだが、 その後、寒さが戻ったりして、 花数はまだそれほど増えていない。 ノジスミレに限らず、スミレの仲間は、 都市部のアスファルトの方が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近所のスミレ調査⑥ コスミレ

近所の道端にコスミレらしき葉が見られることは知っていたのだが、これまで花が咲いているところはなぜか一度も見たことがなかった。 頻繁に通る道ではないせいもあるのだろうが、 毎年通るたびに気にかけていたのに不思議なものである。 で、今年初めて花を確認出来て「ホッ」としているのだが、 じつは画像の花を撮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハラビロカマキリ

画像はうちの物干し場周辺に定住しているハラビロカマキリ。 同居しているようなものなので、 顔を合わせても恐れることも、威嚇して来ることもない。 「やあ!」ってなものである。 ハラビロカマキリは都市部の住宅街でも、 しばしば見かけるカマキリだ。 基本的に樹上生活をしているせいか、 ある程度の樹木が生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台風銀杏

今年は台風で枝ごと落ちてしまった銀杏がかなりの数見られた。 しかも、その時点では、落果するにはまだ少し早く、 熟れていない若い果実ばかりだった。 街路や都市公園では折れた枝や、 落ちた果実は早々に片付けられてしまい、 その後どうなったかは観察のしようがなかったが、 清掃の入らない環境に生えているイチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里山のカタチ

住宅と畑が隣り合う環境。 これは現代の里山の一つの形。 昔は周囲を緑に囲まれていたが、 現在は開発が進み住宅街になってしまっている。 しかし、地形は変えることが出来ずそのままで、 丘陵と谷が複雑に入り組んだ里山地形であることが分かる。 住宅地の中に畑が広がっているだけの場所なのに、 ここにはびっく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台風15号の爪痕 ②

昨日は里山の台風被害を少しだけご紹介したが、 今日の記事は近道をするために、 たまたま通りかかった都市公園の様子。 都市公園は里山ほど木々が多くないので、 そこまでの被害はないだろうと思っていたら、 一目で里山を凌ぐ被害であることが分かった・・・・・・。 木が根こそぎ引っこ抜けて倒れていたり、 幹が途中から折れて倒れて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セミの抜け殻がたくさん付いている木

マイフィールドでは、 9月に入ってもセミの勢力は一向に衰えることはなく、 次から次へとセミが羽化して来ている。 「セミの好む木」の下には、 幼虫が地上に出て来るときに開いた小さな穴が、 まるでハチの巣のようにたくさん開いている・・・・・・。 そして幹にはその穴の数に見合う抜け殻が、 びっしりと付い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

草の先端で・・・

風で右へ左へゆらゆらと揺れている草の先端に、 セミの抜け殻がしっかりとしがみついている。 何もこんなに不安定な場所を選ばなくても、 もっと安定した場所がいくらでもあるのにと思うのだが、 ちゃんと無事に羽化出来たようで、 セミの姿はどこにもなかった・・・・・・。 {%BIGL…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フヨウの花

フヨウは元々は中国から渡来したものと思われるが、 詳細はよく分かっていないとのこと。 しかし、室町時代にはすでに渡来していたらしく、 かなり古い時代に日本に帰化しているようだ。 現在では野生化したものがあちこちで見られる。 強健でアスファルトの隙間でも普通に生育し、 都市部の環境にも難なく適応してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽化出来なかったセミ ③

今日の画像はちょっと衝撃的だ。 羽化出来なかったアブラゼミに群がるのは、 キマダラカメムシの幼虫たち。 今夏、マイフィールドでは、 このキマダラカメムシの幼虫が大発生している。 セミを撮影しようと、木を一本、一本、見て回っていると、 セミ以上に見つかるのがキマダラカメムシの幼虫なのだ。 一本の木に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more