テーマ:紅葉

ユキヤナギの黄葉

ユキヤナギにまだ葉っぱがたくさん残っていて、 きれいに黄葉していた。 ユキヤナギというと春にまるで雪をかぶったように、 たくさんの花を咲かせることで知られているが、 じつはきれいに紅葉(黄葉)する樹木でもある。 ユキヤナギは都市公園などにも植栽されるが、 このような場所では花の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コナラの紅葉

谷戸の風の影響をあまり受けない場所では、 コナラにまだ葉がたくさん残っていて、 きれいに紅葉が進んでいた。 コナラは幼木ほど赤くなりやすく、 成木になると橙色ぐらいまでで終わるものが多い・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カラスザンショウの黄葉

例年だととっくに丸坊主になっているカラスザンショウだが、 今年はまだ葉が残っている木がちらほらあった。 ここ数日の寒さで一気に黄葉が進んだようで、 いつの間にかまっ黄色になっていた。 黄葉する葉は青空によく映える・・・・・・。 {%BIGLOBEwebr…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

谷戸のモミジ

谷戸のイロハモミジやオオモミジは、 谷の奥に自生しているものほど、 紅葉のスピードが遅い。 これは谷の奥ほど他の木々に日差しをさえぎられてしまうためで、 もっとも遅いポイントでは紅葉のピークは1月に入ってからになる。 画像は谷戸の開けた場所にあるイロハモミジ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イチョウの黄葉とツタの紅葉

ツタは様々な樹木の幹を這い上がっているのを見かける。 画像は黄葉したイチョウの木を這い上がっていたツタ。 ツタは紅葉するので、 イチョウのように黄葉する木に絡んでいると、 とても華やかに見える。 ただ、同じタイミングで見ごろを迎えるのは難しく、 ツタが真っ赤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イロハモミジの紅葉

今秋の里山は全体的に紅葉の進み具合が遅い。 谷戸のイロハモミジはようやく赤い色が目立ち始めたが、 緑色の葉もまだ多く、画像のような状態の木が多い。 里山では紅葉はゆっくりと進んでいるが、 都市部の公園などでは紅葉しないで、葉が褐色に変化して、 枯れ葉となって落ちているものもあった・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

晩秋の公園

住宅地にある公園。 普段は何気なく通過していて、 気にも留めることがない公園なのだが、 ふと見ればすっかり晩秋の光景になっていた。 「なんかいいな」と感じたので、 カメラを持って来てパシャリと一枚。 ちょっとカメラを取りに帰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クヌギとコナラ

里山の雑木林を代表する樹木、 クヌギとコナラがようやく色付いて来た。 画像左の黄色く黄葉が始まっているのがクヌギ、 右の赤く紅葉して来ているのがコナラだ。 クヌギの葉は鮮やかに黄色く黄葉するが、 コナラの葉は黄色から橙色、 条件がよいと赤色まで変化して行く{%キラキラwebry…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマグワの黄葉

ヤマグワの若木が綺麗に黄葉していた。 里山ではヤマグワは谷戸のあちこちにあって、 大きなものからちっちゃな幼木までバランスよく見られる。 背景のイロハモミジは赤く紅葉しているように見えるが、 まだまだ緑色の部分が多く、 写真の印象よりも紅葉は進んでいない・・・・・・{%コーヒーw…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イチョウの黄葉

イチョウは場所によって黄葉の進み具合が様々。 画像のようにすでに鮮やかに黄色になっている場所もあれば、 まだ緑色の葉ばかりという所もある。 うちの近所ではイチョウの木があちこちにあるが、 まだ緑色の葉ばかりで、ちゃんと黄葉するのか心配だ・・・・・・。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

遅い紅葉

今秋は暖かかったせいか里山の紅葉の進み具合が遅い。 画像の木は上の方の枝が色が変わり始めていたが、 まだ緑色の色素が抜け切っておらず、 くすんだような色合い。 しかし、このような木はまだ少なく、 イロハモミジやオオモミジはほとんどの個体がまだ青葉だった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガマズミの果実

里山ではガマズミは谷戸の林縁を歩けば次から次へと出会う樹木だ。 注意深く歩いていると、 小さな幼木もあちこちに生えていることに気付く。 果実を食べた野鳥たちがガマズミを増やそうと、 あちこちにフンをして種を散布してくれているのだろう。 画像のガマズミは果実の周りの葉が、ほんのりと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハナミズキの果実と紅葉

ハナミズキは果実と紅葉を同時に楽しめる樹木だ。 実付きがよく枝にびっしりと果実を付けている年が多い。 他の樹木に比べて紅葉が早く、 カエデなど紅葉の主役が色付き始める前に早々と赤く紅葉する。 都市部で街路樹や公園樹として植えられていて、 しばしば見かける樹木だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コナラの紅葉

コナラは幼木ほど赤く紅葉する。 成木は紅葉しても橙色ぐらいのものが多い。 画像は30~40センチほどの高さの幼木で、 小さな雑木林みたいでかわいいので撮影してみた。 今年は年末年始も普通に仕事なので、 お正月が来るという実感が全くない{%門松hdeco…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

散り行く葉

気が付けば12月も残りわずかとなった。 落葉樹の枝に残る葉も今年のうちに全て散ってしまいそうだ。 紅葉した葉がたくさん付いている木はとても華やかだが、 一枚、二枚と葉が散って、枝に残る葉がまばらになると、 なんだかとても寂しい光景へと変わって行く・・・・・・{%コーヒー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハゼノキの紅葉

ハゼノキはイロハモミジやオオモミジと並んで、 里山を代表する紅葉の一つ。 実が野鳥に好まれるため、幼木もあちこちに生えている。 林縁はもちろん、田んぼの周辺、 丘の上などでも芽生えて生育している。 ハゼノキは「はっ」とするほど真っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まるで絵画のように

橙色、朱色、赤色、黄色。 ひとくちに「紅葉」と言っても様々な色がある。 これに常緑樹の緑色がアクセントに加わって、 里山の紅葉の風景になる・・・・・・。 それぞれの色が折り重なって、 グラデーションのようになっている場所もあって、 同じ場所でも少し角度を変える…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミツバツツジの紅葉

もう、とっくに終わってしまっていると思っていたミツバツツジの紅葉だが、 意外なことにまだほとんど葉を落とすこともなく綺麗に紅葉していた。 ミツバツツジの紅葉は橙色に染まるものが多いが、 条件が良いと赤色まで進んで行く。 ミツバツツジは里山の斜面や林床に多く見られる{%晴れwebry…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカシデの黄色

紅葉の季節になるとカエデの仲間ばかりが注目されがちだが、 里山をゆっくりと散策していると、 カエデの仲間より鮮やかに色付いている樹木に出会うことがよくある。 上の画像で黄色く黄葉しているのはアカシデだが、 周りのカエデを凌ぐ色鮮やかさで、 思わず息をのむ美しさだった・・・・・・。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里山の紅葉リレーはまだ続く・・・

里山では最も紅葉の遅いポイントでも、 紅葉が見ごろになって来た。 このポイントは左右を丘陵に囲まれて深い谷になっていて、 日の当る時間がかなり制限されるため、 毎年カエデの仲間の紅葉は遅く、 12月中旬ごろから見ごろになって来る・・・・・・。 まだ真っ赤になっている木は少なく、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

都市公園の紅葉

木々の多い都市公園でも紅葉を見ることは出来る。 しかし、里山の紅葉とは少し様相が違う。 画像の左側で見事に赤く紅葉しているのはモミジバフウ。 中央の黄色い黄葉はコナラ。 そして、右側はイロハモミジ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉、黄葉

赤く紅葉しているのはイロハモミジ、 黄色く黄葉しているのはアカシデ。 どちらも里山の林縁に多い樹木で、 晩秋から初冬に色鮮やかに紅葉する。 どちらも紅葉の色付きに当たり外れが少なく、 毎年安定した色合いに紅葉する・・・・・・。 {%BIGLOBEwebr…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカシデの紅葉

アカシデが綺麗に紅葉していた。 アカシデは黄色から橙色、赤色へと変化して行く。 画像の木は紅葉の過程の全ての色が含まれていて、 たいへん美しかった・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。 落ち葉の呼び名事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イロハモミジの紅葉

遠くから見ると赤く紅葉しているように見えるイロハモミジ。 近くまで行って木を見上げてみると、 橙色の葉と赤色の葉が混ざっていることが分かる。 橙色の葉もいずれ赤く紅葉して行くのだが、 こういう紅葉の過程も美しい。 枝ぶりが印象的だった部分を撮影してみた・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカシデとケヤキの黄葉

画像は手前がアカシデで奥がケヤキの黄葉。 アカシデとケヤキは日当たりやその他の条件によって、 葉が黄色くなる木と赤くなる木がある。 画像はどちらも黄色く黄葉したもの。 同じ黄色でも黄色の質は微妙に違っていて、 「黄色」という言葉だけで木々の黄葉を表現する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツタの紅葉

里山ではツタは樹木の幹を這い上がっている姿が定番だが、 都市部ではフェンスや建物の壁、塀などで見つかる。 アスファルトの割れ目などからも、 にょきにょきと伸びて来て、普通に生育出来る強健な植物だ。 ツタは身近な場所で見られる植物だが紅葉は意外と美しい。 葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハギの黄葉

里山で通称「ハギ」と言っているのはヤマハギのことだ。 一般にはハギで通っているので、 混乱しないように記事のタイトルも「ハギ」とした。 ハギは黄色い黄葉が美しいが、葉が薄いので見ごろは短い。 葉が黄色く変化するとあっという間に終わってしまう印象だ{%大変we…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

橙色のイロハモミジ

画像はイロハモミジ。 赤くなる過程で橙色になっているのだがこれはこれで綺麗。 真っ赤な紅葉はハッと息を呑む美しさだが、 橙色の紅葉は瑞々しく爽やかな印象。 イロハモミジはここから日に日に赤味を増して行き、 最終的には雑誌やポスターなどでよく見かける、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イチョウの黄葉

イチョウは都市部でおなじみの黄葉。 街路や都市公園などでしばしば見かける。 カエデの仲間より一足早く色付き始めて見ごろを迎える。 個体によって黄葉の進行は少しずつ違い、 並んで植栽されている場所でも、 一度に見ごろを迎えるこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオモミジの紅葉

里山では比較的日当たりが良い場所にある、 カエデの仲間の紅葉が進んで来た。 画像はオオモミジ。 里山の林縁は木々の葉に日差しを遮られて、 木漏れ日のような日の当りかたをするので、 一気に赤くなることは少なく、 画像のように所々に黄色や緑色の葉を散りばめながら、 時間をかけて紅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more