テーマ:昆虫

トウネズミモチの花とキアゲハ

トウネズミモチの花は昆虫に人気だ。 トウネズミモチの花はパッと見た感じでは、 蜜なんてほとんどなさそうに見えるのだが、 チョウやハチの仲間が集まって来るところを見ると、 どうやら見た目とは違うようである。 畑の脇にあるこの木には、 アゲハ、キアゲハ、クロアゲハ、モンシロチョウなど、 谷戸で暮らすお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モンシロチョウ

モンシロチョウは里山で最も普通に見られるチョウなのかもしれない。 畑でキャベツやブロッコリーを育てていれば、 その周辺で必ず見られるチョウだ。 身近な場所で必ず見られるチョウなのに、 個人的には相性があまりよくなく、 考えてみたらこれまでもそれほど写真を撮っていない。 ところが今年はどういう訳か、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムラサキタテハの来訪

洗濯物を取り込んでいたら、 スウェットのズボンに、 ムラサキタテハがくっついていることに気付いた。 どうやら強風で飛ばされて来て、 身動きがとれなくなったらしい。 それにしても、こうしてまじまじと見ると、 すごい形をしているんだなぁ。 こんな形でよく飛べるものだ。 で、ムラサキタテハだが、 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツマグロヒョウモンの道案内

前方をヒラヒラと飛んでいるツマグロヒョウモン。 こちらを意識している訳ではないと思うが、 常に一定の距離を保っている。 歩いている方向と同じ方向に飛んでいるので、 なんだか道案内でもされているようだった。 しゃがんで野の花にカメラを向けて、 ペットボトルのお茶で水分補給していたら、 道案内役…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キアシドクガ

キアシドクガが舞う季節になった。 毎年、5月中旬頃に羽化が始まる蛾で、 昼間、谷戸をヒラヒラと待っている姿は、 モンシロチョウやスジグロシロチョウにしばしば間違えられる。 「毒蛾」と名前にはあるものの、幼虫にも成虫にも毒はない。 ここ数年、キアシドクガは大発生が続いており、 時に孵化した幼虫は木を丸坊主にしてしまい、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

進化に積極的な(?)アカボシゴマダラ

画像はアカボシゴマダラの春型(Hestina assimilis assimilis)。 膝ほどの高さの小さなエノキの幼木で、 アカボシゴマダラの春型が羽化していた。 よくこんなに小さなエノキの木で、 羽化までたどり着けたものだと感心する。 考えてみたらアカボシゴマダラは、 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バックして来るキアゲハ

目の前にひらひらと落下して来て、 測ったようにピタリと着地したキアゲハ。 重たい三脚に一眼を据えていたので、 撮影はあきらめようかと思っていたのだが、 キアゲハが意外なほどじっとしているので、 三脚を大きく動かして、 キアゲハを脅かさないように注意しながら、 一枚撮影してみることにした。 ところ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤブキリの幼虫がタンポポデビュー!

ヤブキリの幼虫がタンポポデビューしていた。 画像のタンポポの周辺では、 ヤブキリの幼虫が一つの花に必ず一匹乗っていて、 なんともかわいらしい光景に、 思わずほっこりしてしまった。 恐らくこのあたりで卵が孵ったのだろう。 ヤブキリの幼虫は生まれてからしばらくの間は、 タンポポの花の上にいることが多く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

越冬明けのホソミイトトンボ

画像は越冬して春を迎えたホソミイトトンボ。 日本で成虫越冬する数少ないトンボの一種だ。 ホソミイトトンボの越冬型は、 秋に羽化して未熟な淡褐色の体色のまま冬を越す。 春に活動を始めるころには、 画像のような青く美しい体色に変化しているが、 どのタイミングで青くなったのかは不明。 この日は林縁の藪か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツチイナゴ

久しぶりに大きな昆虫を見た気がする。 ツチイナゴがお目覚めになったのか、 林縁に出て来ていた。 左の後ろ脚を失っていたが、普通に動けていて、 活動に支障はなさそう。 どうやら無事に越冬出来たようで何よりだ・・・・・・記事画面の画像クリック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミナミトゲヘリカメムシ

天気の良い日、ベンチの上に荷物を下ろそうとしていたら、 端の方に何かがいることに気付いた。 ミナミトゲヘリカメムシだった。 どうやら越冬場所から出て来て、日向ぼっこをしているようだ。 ミナミトゲヘリカメムシは、 もともとは南方系のカメムシだったが、 温暖化と共にじょじょに北上し、 関東平野では普通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホソウスバフユシャクのメス

ホソウスバフユシャクは、 フユシャク亜科の中では最も遅く発生する。 ウスバフユシャクやクロテンフユシャクより一回り小さく、 メスは極小でかなり分かりづらい。 クロテンフユシャクと発生時期がかぶるが、 サイズが違うので見間違えることはない・・・・・・。 {%BIGLOBEwe…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒロバフユエダシャクのメス

現在、マイフィールドのフユシャクは、 ヒロバフユエダシャクとシロフフユエダシャクが最盛期。 画像はヒロバフユエダシャクのメスで、 まるでウイングスーツを着て、 滑空しているような独特な形をしている。 この形のおかげで、 ヒロバフユエダシャクのメスはとても同定しやすい・・・・・・{%コーヒーwebry…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロテンフユシャクのメス

フユシャク亜科のメスはオスがいないと正確には特定出来ない。 しかし、今の時期、マイフィールドでは、 ウスバフユシャクやウスモンフユシャクはすでに姿を消しており、 画像のメスは時期的に見ても、 クロテンフユシャクのメスで間違いないと思う。 これから少しずつ暖かくなって来ると、 「フユシャクの季節はもう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シモフリトゲエダシャクのメス。

画像はシモフリトゲエダシャクのメス。 シモフリトゲエダシャクはフユシャク最大種と言われている。 実際に見た印象も、 とにかく「デカくて太い」の一言に尽きる。 同時期に出現する他のフユシャクとは、 その大きさを見ただけで、 もはや迷うことすらないだろう。 そして犬や猫を思わせるようなその毛並みは、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シロフフユエダシャクのメス

マイフィールドでは二月に入って、 フユシャクの種類が一気に入れ替わった。 一月中はナミスジフユナミシャクとウスバフユシャクの勢力が最も強く、どこを歩いてもこの二種に出会うという印象だったが、二月に入った途端にこの二種とはぱったり出会わなくなった。 現在、優勢になっているフユシャクは、 画像のシロフフユエダシャク{%上昇web…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナミスジフユナミシャクのメス(黒化タイプ)

画像はナミスジフユナミシャクのメス。 体色が通常個体に比べてかなり黒っぽいことに気付く。 ナミスジフユナミシャクに限らず、 ナミシャク亜科のフユシャクはなぜか黒化しやすいようで、 墨で塗りつぶしたように真っ黒になる個体も見られる。 もちろん通常個体に比べたら数は少ないのだが、 特別珍しい現象ではない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウシカメムシ

越冬中のウシカメムシに出会った。 まるで装甲車両のようなすごい形をしている。 ガンダムに出て来るモビルアーマーにいそうな形だ。 また、見方によっては、 どこかの島の民芸品の仮面のようでもある。 いったい何のためにこんな形にならなくてはならなかったのだろう。 もし、ウシカメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナミスジフユナミシャクのオス

フユシャクは短いスパンで次々と種類が入れ替わって行く。 現在は画像のナミスジフユナミシャクがピークを迎えていて、 オスもメスも至る所で見られる。 斜面の転倒防止用の手すりや、 谷戸の竹柵、土留めの板などを見て歩くと必ず止まっている。 目立たないところで、 ひっそりと越冬している昆虫が多い中で、 露…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオカマキリの卵嚢

ユキヤナギの藪の中に、 オオカマキリの卵嚢(らんのう)がたくさん産み付けられていた。 ユキヤナギが葉を茂らせている時には、 外側からは全く見えなかったので、 こんなに卵嚢が隠れていたことにまず驚いた。 ユキヤナギの葉が落ちて、藪の中が見えるようになって、 「野鳥…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イチモジさんとウスバさん

異種間交流中のイチモジフユナミシャク(左)とウスバフユシャク(右)。 この時期の里山は灯りの下にいるのはたいていこの二種。 特にウスバフユシャクはたくさんいる。 たくさん見つかるので、 姿のよく似た他のフユシャクが混ざっていないかと、 一応は全個体を確認するのだが、 見事なまでに全部ウスバフユシャク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャバネフユエダシャクの交尾態

交尾態のチャバネフユエダシャクに出会った。 どうやらチャバネフユエダシャクは、 今が発生のピークのようで、 谷戸のあちこちで牛柄のメスに出会う。 他のフユシャクもいるにはいるが、 チャバネフユエダシャクのメスの数と、 個性的な色柄に押されて、 あまり目立たない印象になってしまっている・・・・・・{…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナミスジフユナミシャクのメス

画像はナミスジフユナミシャクのメス。 ナミスジフユナミシャクは、 例年一月に入ると見られるようになる。 ナミシャクの仲間は腹部側面に、 画像のような丸い模様が並んでいておしゃれ。 マイフィールドのフユシャクは、 今シーズンはどの種もやや遅れて発生しているようなので、 ナミスジフユナミシャクもそうだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロスジフユエダシャクの産卵

マイフィールドでは、例年なら1月に入ると、 クロスジフユエダシャクはオスは全く見られなくなり、 メスも僅かに残っているぐらいなのだが、 今シーズンはメスがまだたくさん観察出来る。 この日、出会ったメスは6匹いて、 2匹は斜面への転倒防止用の手すりに、 4匹は樹木の幹に止まっていた。 画像は手すりに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャバネフユエダシャクのメス

フユシャクの中で最も目立つ、 チャバネフユエダシャクのメスを見つけた。 毎冬、こいつを見つけるたびに、 無意識に「牛・・・」と呟いてしまう自分がいる。 今シーズン、マイフィールドでは、 クロスジフユエダシャクもそうだったが、 チャバネフユエダシャクは発生が少し遅いような気がする。 そう考えると今シ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロオビフユナミシャクのメス

クロオビフユナミシャクは、 フユシャクの中でも発生期間が特に短く、 知らないうちにシーズンが終了している年も少なくない。 画像はメスだが他のフユシャクのメスに比べて、 翅がかなり大きいことに気付く。 ただ、それでも飛ぶことは出来ず、 こうしてじっとこの場所でオスを待ち続ける・・・・・・{%コーヒーw…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お腹がパンパンなクヌギカメムシ

お腹がはち切れんばかりにパンパンになった、 クヌギカメムシの仲間に出会った。 その様子は上から見るととても不自然で、 円盤でも抱えて歩いているかのようだ。 産卵直前にお腹が下方向に膨らむ昆虫はよくいるが、 クヌギカメムシのように左右に張り出すものは珍しいのではないだろうか・・・・・・{%コーヒーweb…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロスジフユエダシャクのメス

以前は11月下旬ごろになると、 おびただしい数のクロスジフユエダシャクのオスが、 林床をヒラヒラと飛び回っていたものだが、 なぜかここ数年はそこまでの数は見かけなくなった。 オスが少ないと言うことは、当然メスの数も少ない訳で、 昨年はクロスジフユエダシャクはほとんど見かけなかった。 そんな中、今年も数は少ないものの、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴマダラチョウの幼虫

12月に入ったし、そろそろエノキの木の下で、 ゴマダラチョウの幼虫が越冬しているだろうと、 毎年観察している木の下で落ち葉めくりをしてみた。 ところが幼虫はいるにはいたのだが、 なんとまだ緑色をしているではないか・・・・・・。 角も短くなって越冬体勢に入っているのに、 これはいったいどうした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コバネイナゴ

田んぼの周りではまだコバネイナゴが見られる。 コバネイナゴはかなり寒さに強いようで、 つい先日まで交尾態も見られた。 しかし、気温が上がって来るまでは動きが鈍く、 田んぼを囲っている杭やロープ、 草の上などでじっとしていることが多い。 このため田んぼを縄張りにしているモズの格好の餌食になってしまう。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more