テーマ:野鳥

アオジ

春の陽光が降り注ぎ、谷戸には草が芽生えて来た。 そんなすっかり春めいて来た谷戸で、 アオジが何かついばんでいた。 春は別れの季節でもある。 顔見知りになったアオジとも、 そろそろ一時、お別れの季節が近付いている。 別…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジョウビタキ

画像はジョウビタキのオス。 個人的に「葦原のジョウ」と名付けている個体。 里山の葦原付近にいつもいるので、そう呼んでいる。 同じ谷戸にいる他の個体と識別出来るように、 分かりやすい名前を付けたという訳だ。 画像の杭は彼のお気に入りの場所で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒドリガモのオス

画像はヒドリガモのオス。 カモは丸っこくてかわいい。 フィールドで出会うと、 無条件にカメラを向けてしまう被写体の一つだ。 水鳥なのに陸にも普通に上がって来て、 よちよち歩く姿を見ていると、 思わず萌え死にそうになる・・・・・・{%コーヒーwebry%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モズ

谷戸であどけない表情をしたモズと出会った。 枝から枝に飛び移りながら、時折見せる表情がかわいらしい。 モズというと「小さな猛禽類」とも言われ、 精悍な顔つきをしているものだが、 こんなに優しい表情をした個体もいるのだな~。 けっこういい場所に縄張りを張ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヌルデの果実

ヌルデの果実は野鳥の大好物。 たくさん実るが熟すとあっという間に丸坊主になる。 ヌルデの果実は見た目はパサパサしていそうで、 あまり美味しそうには見えないのだが、 赤く瑞々しく見るからに美味そうな果実よりも、 野鳥の目には魅力的に映るらしい・・・・・・{%コーヒーwebry%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おかえり、ジョウビタキ

谷戸を散策していたら、「ヒッ、ヒッ、ヒッ」と懐かしい声が聞こえて来た。 「帰って来たのか」とキョロキョロあたりを見回すが、 なかなか見つからない。 声を頼りに方向を絞って行くと、いたいた。 思っていたより遠くで鳴いていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カシラダカ

林縁で何かが動いたように感じた。 しかし、何がどこにいるのかさっぱり分からない。 谷戸の開けた場所で、林縁にじっと目を凝らす。 カサカサという音を頼りに集中すると、 ようやくそれがカシラダカであることに気付いた。 しかも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キセキレイ

田んぼの水溜りを歩き回るキセキレイ。 何か食べ物があるのか、しきりに水溜りを覗き込んでいた。 都市部で人なれしたハクセキレイを見慣れていると、 キセキレイはずいぶん小さく感じる・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シメ

薮の中で何か動いたような気がして、 立ち止まって目を凝らしていると、 向こう側からもこちらを観察している者がいた。 予想していたよりもずっと近くにいたので、 遠くばかり気にしていて気付くのがかなり遅れた。 目が合ってもシメは全く動じる気配はなく堂々としている{%拍手webr…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シロハラ

里山ではシロハラをあちこちで見かける。 ほとんどの場合、シロハラは落ち葉の積もった地面にいる。 背中の色が周囲の落ち葉に溶け込んで、 じっとしていると、まず気付かれることはない。 しかし、シロハラはじっとしていられない鳥で、 目の前に落ち葉があればひたすらめ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハトに人気のベンチ

よく晴れた冬の日、公園のベンチに座っていたのは、 人ではなくハトだった。 この日の最高気温は一桁だったので人もまばらで、 寒くてじっとしている人は少なく、 ベンチに座っている人は見当たらなかった。 人の少ない公園でハトはのんびり、 ゆったり日向ぼっこをしていたのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アオジ

谷戸を歩いている時、薮の中や低木の陰から、 「チッ、チッ!」という鳴き声が聞こえて来る。 目を凝らしていると、 薮の中を小さな黄色い鳥が移動して行くのが分かる。 じっと待っていると、開けた場所まで出て来て、 地面に落ちている草の種などをついばんでいる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホオジロ

道端でしきりに何かをついばんでいたホオジロ。 何を食べているのか確認したかったのだが、 くわえているいるものが小さすぎて何なのかは分からず・・・・・・。 カメラを向けると「ん」という感じでこちらを見ていたが、 食べるのが忙しくて飛び立つことはなかっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モズ

谷戸の耕作地とその周辺はモズに人気で、 毎年複数のモズの姿を見ることが出来る。 畑に立つ農業用の支柱を一本一本見て行くと、 たいていどれかにモズが止まっている。 それはそれで里山らしくていい光景なのだが、 「出来ることなら人工物ではなくて、 自然の場所に止まってほしいな~」とキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジョウビタキ

例年だとジョウビタキは湿地や田んぼなどで、 複数の個体が縄張りを張っている。 これはそのような環境がエサが豊富だからだ。 しかし、今冬はなぜか湿地や田んぼでジョウビタキとあまり出会わない。 その代わり、人の生活圏でよく見かける。 民…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シロハラ

この時期、里山を散策中、耳を澄ましていると、 「枯れ葉の上を何かが歩いている音」や、 「カサッ、カサッ!」と枯れ葉の上で、 何かを探しているような音が聞こえて来る。 こういう時は音がする場所に目を凝らすとたいてい野鳥がいる。 野鳥に限らず、生き物を探す時、音は大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アオジ

今冬の里山は冬鳥の飛来が少ない。 いわゆる「外れ年」というやつだろう。 散策していても、野鳥との出会いが少ないので、 初めから野鳥用の装備は持ち歩かないことにした。 ほとんど使わない重たいレンズを持って歩いて、 フットワークを悪くした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里山の時間

木々の黄葉が映り込んで、黄金色に染まった池面に、 昼寝中のカモがプカプカと浮かんでいる。 何とも平和でのんびりとした光景だ・・・・・・。 街でせわしなく行きかう人の流れに、 身を任せて生きていると、 里山で出会う、 こんな何でもない光景にとても癒される{%感想メモhdec…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野鳥のヒナ

野鳥のヒナが道に落ちていた。 ヒナと言っても、 まだ目も開いていない状態で、 羽毛も生えていない。 なぜ、巣から落下したのかは不明。  ヒナは残念ながら、すでに死んでしまっていた。 道の真ん中に放置しておくのはあまりに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キンクロハジロ

私は子供の頃に、 このキンクロハジロというカモを はじめて見た時たいへん驚いた。 ちょんまげをした黒いカモが、 池にぷかぷか浮かんでいる様は、 私の中では強烈な印象として残った。 キンクロハジロは、 まるで、忍者のようないでたちをしているのに、 体形はまるっこくてとても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コガモのメス

コガモはとても小さいので、 葦の茂る場所でじっとしていると、 あまり目立たない。 特にメスは枯れた葦に溶け込んで、 どこにいるのか分からなくなる。 今日はコガモたちが見当たらないので、 どこかへ出かけているのかなと思っていると、 じつは葦の周りで、 昼寝をしているだけだった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コガモのオス

コガモは小さくて愛嬌があり、 とても可愛いカモだ。 体が小さいので、 カモとは思えないほどの身軽さで、 陸にもよく上がっている。 セキレイやジョウビタキがよくとまっている湿地の杭に、 普通に乗っていることもある・・・・・・。 飛び立つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マガモ

今日の横浜は朝から雪となり、 畑や住宅の屋根は真っ白になった。 昼前ごろまでは、このまま、 一日中雪になりそうな降り方をしていたが、 昨日の予報通り昼には雨に変わっていた。 二月は気温の低い日が続くそうで、 来週も雪の可能性があるとのこと・・・・・・。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キンクロ隊

画像はキンクロハジロ。 カモは水面に浮かんで、 地上を歩くように、水中で足を動かし、 水をかいて前に進んでいる。 ボートがオールで水をかきながら前進する仕組みと同じだ。 だから、「泳いでいる」という表現は おかしいと思うのだ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かゆいカモ

画像はキンクロハジロのオス。 カモの仲間は水面にいながら、 片足で頭をかいたり、 仰向けに浮かびながら、 嘴で羽づくろいをすることが出来る。 普段何気なく観察している、 何でもない光景だが、 よく考えてみると、 ものすごいバランス感覚だと思う。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キンクロハジロのメス

画像はキンクロハジロのメス。 この池は毎シーズン、 キンクロハジロが百羽近く越冬に来るが、 なぜかオスが圧倒的に多い。 今冬も今のところメスは5~6羽で、 他は全てオスだった。 更にここはたいして広い池でもないのに、 なぜ、こんなにたくさんのカモ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キンクロハジロのオス

画像は潜水して、 水面に上がって来た直後のキンクロハジロ。 キンクロハジロは黒装束をまとった、 ちっちゃな忍者みたいで、 とっても可愛いカモだ。 後頭部のちょんまげもまた、 忍者っぽくていい感じだ記事画面の画像…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カルガモ

カルガモが普段あまり見かけない林縁を歩いていた。 何をしているのか覗き込むと、 逃げる様子もなくどんぐりを食べていた。 たまには違うものが食べたくなったのだろうか でも、それにしては、 丸飲みでは意味がないと思うのだが、 気分の問題なのか・・・・・・{%コ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バン

今日はケーキ屋さんに、 クリスマスケーキの予約に行って来た。 歩いて行くと、 片道40分くらいかかるのだが、 電車で行くとかなり遠回りになり、 バスだと本数が少ない場所なので、 いつも歩いて行く。 クリスマスだからといって、 別に何かするという訳ではないの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近所のツバメ/ショウジョウバカマ

近所では四月に入って間もなくして、 ツバメが帰って来ているのを確認した。 その時は、 いつも巣を作る建物の近くで、 一羽がさえずっていた。 あれから、十日ほどが経過したので、 ツバメが増えたのではないかと思い、 注意して近所を歩いてみることにした{%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more