テーマ:カエル

モリアオガエルの卵塊(泡巣)

関東南部ではモリアオガエルは、 局所的にしか分布していないようだ。 普段は樹木の繁る環境で樹上生活をしているため、 カエルそのものを見る機会は少ない。 モリアオガエルは水辺に張り出した樹木の枝に、 泡巣を作ってその中に産卵する。  同時期に谷戸田では、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマアカガエルの卵塊

里山では2月の中旬ごろから、 ようやくヤマアカガエルの卵塊が目立ち始めた。 里山は市街地に比べて冷え込みが厳しく、 早くから産卵が確認出来たのは、 木々が覆いかぶさっているため、 凍結しない林縁の池だけだった。 そんな里山でも、先週ぐらいから、 ようやく春を感じるようになって来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アマガエル

大きく反り返った葉っぱの内側を覗くと、 アマガエルが隠れていた。 この日は朝から弱い雨が 降ったり止んだりの微妙な天気。 もしかしたら、アマガエルは、 雨宿りをしていたのかもしれない。 せっかくだから、撮影させてもらおうと、 反り返った葉っぱを 少し開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマアカガエルのおたまじゃくし

卵から孵った直後は、 一ヶ所に集まっていた、 ヤマアカガエルのおたまじゃくしだが、 いつの間にか、 分散して行動するようになっていた。  写真は里山で一番最後に、 産卵が確認されたポイントで、 以前に比べたら、 だいぶ散らばったが、 まだ、兄弟で固まっていたいらしい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒキガエルの卵塊

今年は予想に反して、 ヒキガエルの産卵が早かった。 と、いうよりも、 例年通りの時期に、 蛙合戦が行われたというべきか・・・・・・。  今シーズンは、 寒い冬になり、 積雪が多かったこともあり、 産卵はもう少し、 気温が上がってからかな、 と思っていた・・・・・・{%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマアカガエルの卵塊

ここのところ、 里山の湿地や池は、 厚い氷に覆われていて、 ヤマアカガエルの産卵は、 まだ、先になると思っていた。 ところが、一昨日の散策で、 卵塊を二つ見つけた。 まだ、一斉に産卵が、 始まったという感じではなく、 先走って出て来たペアが、 産卵をしたらしい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アマガエルの謎

アジサイの葉っぱにアマガエルがたくさんいたので、 よ~く観察してみることにした。 すると、アマガエルの「手の置き方」が、 一般的なイメージと、 かなり違うことに気付かされた・・・・・・。 ほとんどの人は、 アマガエルは両手両足の吸盤で、 葉っぱに止まっていると、 思っているのでは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田植えとアマガエル

里山では8割程度の田んぼで田植えが終わった。 里山の田んぼは谷戸の地形そのもので、 どの田んぼも緩やかにカーブした独特の形をしている。 このように、 谷戸の地形を利用して作られた田んぼを谷戸田という。 谷戸田は真四角の田んぼではないため、 田植えの時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

代掻き

里山ではゴールデンウィークに田んぼに水が入ったが、 すでに田植えが済んでいる谷戸と、 まだ、代掻き作業中の谷戸があった。 写真の谷戸は代掻き作業の真っ最中だった。 シュレーゲルアオガエルが、 土と一緒に掻き出されたらしく、 うるさいぐらいの大合唱だった
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

谷戸田とカエル

関東地方の里山では、 ゴールデンウィークのころに、 田んぼに水が引き込まれる・・・・・・。 田んぼではすでにたくさんのカエルが合唱しているが、 アマガエルやシュレーゲルアオガエル、 トウキョウダルマガエルは、このタイミングを待って産卵をする・・・・・・。 谷戸田の一部には、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

氷が張ったが・・・

ヤマアカガエルの産卵が確認されてから、 湿地と田んぼは、朝の冷え込みが厳しく、 連日氷が張っている・・・・・・。 ヤマアカガエルの卵塊は氷の下に見えていて、 一見、凍結してしまっているように見える。 ところが、午後になって、 氷がとけてから確認に行くと、 卵塊はしっかり生きてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマアカガエルの卵塊

谷戸ではヤマアカガエルの卵塊が、 あちこちで見られるようになった。 ヤマアカガエルは池よりも、 湿地や田んぼのような、 水溜りに好んで産卵する・・・・・・。 まだ、ヤマアカガエルの、 「キャララ、キャララ」という声が聞こえていたので、 産卵活動はまだ終わっていないようだ・・・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマアカガエル(おたまじゃくし)

写真はヤマアカガエルのおたまじゃくし。 小さいうちはみんなで一ヶ所に集まっていたが、 少し大きくなり、ようやく分散して来たようだ記事画面(「続きを見る」から入る)の画像クリックで、等倍画像が開きます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒキガエルのオタマジャクシ

里山のカエル池が凄いことになっていた・・・・・・。 写真は全てアズマヒキガエルのオタマジャクシだが、 いったい何匹いるのだろう・・・・・・。 雨不足で水位が下がっていたので、 干上がっていないか心配していたのだが、 どうやら無事だったようだ・・・・・・。 {%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒキガエルの幼生

いつの間にかヒキガエルの卵が孵っていた。 まだ、オタマジャクシの形になっていないため、 自力で泳ぐことは出来ないようで、卵塊があった場所でじっとしている記事画面(「続きを見る」から入る)の画像クリックで、等倍画像が開きます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蛙合戦

ヒキガエルの産卵が始まった。 蛙合戦と呼ばれるヒキガエルの産卵は、 首都圏では啓蟄の前後に観察されることが多い。 今冬は寒いので、少し遅れるかなと思っていたのだが、 里山では例年通り、土曜日に観察された。 まだ、ところてんのようなひも状の卵塊は目立たず、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマアカガエルの卵塊

大雨の翌日にヤマアカガエルの卵塊を見つけた。 まだ、数は少なかったので、本格的な産卵はこれからだろう。 なぜかこの場所だけは一足早く産卵がはじまっていた。 撮影していた時は、 「キャララ、キャララ」というヤマアカガエルの鳴き声はしていたが、 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アマガエル

あじさいの葉っぱでアマガエルが数匹休んでいた。 こう暑いと、干物にならないか心配になる・・・・・・記事画面(「続きを見る」から入る)の画像クリックで、等倍画像が開きます。 アマガエルのヒミツ (Nature Discovery Books)山と溪谷社…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヒキガエルのオタマジャクシ

池の縁におびただしい数のオタマジャクシが集まっていた。 これは全てアズマヒキガエルのオタマジャクシだ。 それにしても、これだけ集まると、 親であるカエルを見るよりインパクトがある記事画面(「続きを見る」か…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アズマヒキガエル(幼生)

今年は雨続きで、蛙合戦を見逃してしまったので、 せめてところてんのような卵塊だけでも見ておこうと、 毎年アズマヒキガエルが産卵に訪れる池に行ってみることにした。 ところが、着いてびっくり、卵塊どころか、すでに発生が始まっていて、 池のところどころに写真のような黒いカタマリが見られた・・・・・・{%ビックリ(チ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トウキョウダルマガエル

9月も半ばを過ぎ、だいぶ過ごしやすくなった。 これはカエルたちも同じように感じているようで、 真夏にはほとんど目に付かなかったトウキョウダルマガエルが、 谷戸のあちこちで見つかるようになった・・・・・・記事画面(「続きを見る」から入る)の画像クリック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シュレーゲルアオガエル

葉っぱの穴を恐る恐る覗き込むシュレーゲルアオガエル。 何かが飛び出して来るとでも思っているのだろうか・・・・・・。 そっと葉っぱを持ち上げて確認してみたけど何にもいなかったよ。 安心していいよ、シュレちゃん。 {%BIGLOBEwebry…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アマガエル

ススキの葉陰にアマガエルを見つけた。 そっと、覗き込むと、親指ほどの大きさの成体だった。 アマガエルは小さな幼ガエルにはよく出会うのだが、 成体に出会うのは久しぶりである。 あまり絵にならない場所ではあったが、 久しぶりの再会が嬉しくて、思わず撮影してしまった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒキガエルの卵塊

このヒキガエルの卵塊は、 3月8日のおたまじゃくしの写真と同じ日に撮影している。 産卵から数日が経過しているが、 今のところおたまじゃくしの姿は見られなかった。 従って、8日の記事のおたまじゃくしは、 ヒキガエルのものではなさそうだ・・・・・・。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おたまじゃくし

生まれたばかりのおたまじゃくしを見つけた。 時期的にもヤマアカガエルのおたまじゃくしと思われるが、 今年は暖冬の影響で、ヒキガエルの産卵も早かったので微妙なところだ。 ヤマアカガエルのおたまじゃくしなら、 成長とともに体色がグレーに変化していく。 ヒ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマアカガエル

林道を歩いていると、ヤマアカガエルによく出会う。 雑木林や湿地では大きく成長した親ガエルに出会うことが多いが、 林道にひょっこり姿を現すのは、 なぜか、今年上陸した子ガエルばかりだ。 小さいのでジャンプの間隔もまだせまく、 注意していないと思わず踏みつけそうになってしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シュレーゲルアオガエル

林縁でシュレーゲルアオガエルに出会った。 まだ、とても小さく、今年生まれの幼ガエルだ。 シュレーゲルアオガエルは、アマガエルよりもずっと大きく成長するが、 上陸して間もない幼ガエルは、どちらも同じくらいの大きさで、ちょっと紛らわしい・・・・・・。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

アマガエル

田んぼの水路に沿って生えているカラムシに、アマガエルの幼ガエルがたくさん乗っかっていた。 まだ、上陸してそれほど経っていないようで、小指の爪ほどの大きさしかない。 幼ガエルはどことなく、あどけない表情をしていて、とても可愛らしい・・・・・・。 アマガエルは成長…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヤマアカガエルのオタマジャクシ

ヤマアカガエルのオタマジャクシが順調に成長している。 ヤマアカガエルは1~2月に産卵をするので、年によっては寒波で水が凍結し、卵が全滅してしまうこともある。 昨冬は寒かったので心配していたのだが、谷戸田や湿地を覗き込んで見ると、おびただしい数のオタマジャクシが元気に泳ぎ回っていた{%笑いwe…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

蛙合戦

蛙合戦が始まった。 里山では例年よりも1週間から10日ほど遅れた。 ちなみに蛙合戦とは、ヒキガエルの繁殖活動の際に見られる、メスの取り合いのことを言う・・・・・・。 1匹のメスに複数のオスが群がり、団子状に絡み合っている様子を、昔の人が合戦に例えたのだと言わ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more