テーマ:キノコ

ツルタケの会話

木陰で休むツルタケの兄弟。 「毎日暑いね~」 「そうだね~」 「セミは暑くないのかね~」 「そうだね~」 なんていう会話が聞こえて来そうだ・・・・・・記事画面の画像クリックで大きくなります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニセショウロの仲間

花壇の外側を囲うように、おびただしい数の丸いキノコが出ていた。 よく見ると花壇の中にまで発生しているのが分かる。 林床や植え込みの下でよく見かけるニセショウロの仲間だが、 こんなにまとまった状態で出ているのは初めて見た。 何しろレンガで囲ってある花壇の周りから、花壇の中にまで、 まるで綺麗に並べてある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカヤマドリが成菌に!

一昨日、記事にしたアカヤマドリの双子が、 たったの中一日でこんなに巨大化していた。 とてもあのちっちゃくてまんまるだった双子と、 同一のキノコとは思えない・・・・・・。 キノコはたった一日で姿が激変することがよくあるが、 ここまで大きさに変化があると、 思わず自分の目を疑ってしまう・・・・・・{%コ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカヤマドリの幼菌

以前、ヤマドリタケモドキが爆生していた一角に、 アカヤマドリの幼菌が点々と発生していた。 アカヤマドリは成長すると、 橙色の大きな傘を広げるイグチの仲間で、 優秀な食用菌でもある。 大きく成長するのが楽しみだな~・・・・・・記事画面の画像…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クサウラベニタケ

キノコは目まぐるしく種類が入れ替わる。 つい2週間ほど前まで、 ヤマドリタケモドキが爆生していた場所に、 クサウラベニタケがたくさん出始めていた。 ちなみにクサウラベニタケというのは広義の呼び名で、 形態の異なる複数の種類が含まれているようだ。 マイフィールドではシメジのように、 数本が束生するタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっぱりオキナクサハツだった

先日の「温泉まんじゅう」が成菌になっていた。 予想していた通りオキナクサハツで間違いなさそうだ。 マイフィールドではオキナクサハツは、 よく見かけるキノコの一つだが、 これまではあそこまで小さな幼菌を見かける機会がなくて、 本当にオキナクサハツなのか気になっていた。 「確認出来ないうちに全部終わって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

温泉まんじゅう

「温泉まんじゅうが落ちている」と思っていたら、 苔を割って現れたキノコの幼菌のようだった。 大きさは小ぶりな温泉まんじゅうと同じくらいで、 「一口サイズでこのくらいがちょうどいいな~」 などと考えていると思わずよだれが出て来る。 周辺には5~6個の温泉まんじゅう(キノコ)があって、 どれも同じくらい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ササクレヒトヨタケの幼菌

ササクレヒトヨタケを見つけた。 この時期に発生するキノコは、 短期間であっという間に種類が入れ替わる。 先週あんなにたくさん出ていたキノコが 今週は一本も見られず、 全く違う種類のキノコが出始めているということが、 毎週のように起こるのだ・・・・・・。 個人的にはササクレヒトヨタケとの出会いはかな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニオイコベニタケ

キノコは地味な色のものが多いが、 画像のニオイコベニタケを始めとするベニタケ科のキノコは、 色鮮やかな赤系の濃淡がとても美しい。 落ち葉を押し上げて顔を出すニオイコベニタケは、 遠目には何かの花が咲いているのかと思ってしまう・・・・・・記事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白いヤマドリタケモドキ

広範囲にヤマドリタケモドキが爆生していた場所で、 白いヤマドリタケモドキを見つけた。 白いヤマドリタケモドキが発生していたのは、 わずか1メートルほどの範囲だけで、 その中に10本程度の白い個体が見られた。 ちなみに大きな成菌は画像の個体だけで、 あとはまだ傘の開いていない幼菌ばかりだった。 白い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカウラベニイロガワリの群生

昔はあまり見かけなかったと思うのだが、 マイフィールドでは、 近年アメリカウラベニイロガワリがよく発生するようになった。 この日も広範囲に渡って、 イグチ類特有の丸いカサがボコボコ出ているのが確認出来た。 画像は身を寄せ合って成長していた五兄弟。 声を掛けたら快く撮影に応じてくれた・・・・・・{%コ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シロツルタケ

シロツルタケはツルタケと特徴が全く一緒なので、 ツルタケの変種なのだろうが、 別種の可能性も捨て切れていないそうだ。 全身真っ白なので、 一緒に生えている他のキノコに比べてかなり目立ち、 真っ先に見つかる・・・・・・。 林床でスッと立っている姿は思わず息を呑む美しさで、 時間を忘れてずっと見ていら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

群生するヤマドリタケモドキ

ヤマドリタケモドキが爆生していた。 この日は出始めの幼菌が多く、 カサが開いている成菌はほぼゼロだった。 しかし、それでも大きなものは、 頭部が私の握りこぶしぐらいのサイズで、 十分過ぎる存在感を放っていた・・・・・・記事画面の画像クリッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カバイロツルタケの幼菌

地上に顔を出して間もないカバイロツルタケを見つけた。 カバイロツルタケは名前の通り茶色いツルタケの仲間で、 カサだけでなく、 柄も成長と共に褐色に色付いて行く。 マイフィールドではツルタケよりは数は少なめだが、 毎年数ヶ所で必ず見ることが出来るキノコだ・・・・・・。 {%B…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツルタケの幼菌

画像はツルタケの幼菌。 テングタケのように場所を選ばず、 あちこちに出て来たりはしないが、 シーズン中に何度も出会う普通種だ。 雑木林や林縁はもちろんだが、 道端や草地のような所にも普通に出て来る。 この日は数ヶ所で画像のような幼菌に出会った・・・・・・。 {%BIGLO…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカウラベニイロガワリの幼菌

テングタケが出始めたのを確認した日、 アメリカウラベニイロガワリもあちこちで出始めていた。 この日はこんなだるまさんのような形をした幼菌ばかりで、 カサが開いたものはほとんど見られなかった。 最近、アメリカウラベニイロガワリは急に発生数が増えて、 よく見かけるようになった・・・・・・{%コーヒーweb…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ようやくキノコが・・・

里山ではようやくキノコが出始めた。 例年だとキノコは6月中にあちこちで見かけるようになるのだが、 今年は雨量が足りなかったのか、 6月はほとんど見かけることがなかった。 「もしかしたら、このまま夏のキノコシーズンは終了なんてことになるんじゃ・・・」と心配したのだが、7月に入ってようやく顔を出し始めた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トガリアミガサタケの幼菌

林縁のポイントでトガリアミガサタケが出始めた。 まだ地上に姿を現したばかりで大きさは小指の先ほど。 このくらいの大きさだと、立っているとほぼ気付かず、 中腰かしゃがんで見回すことでようやく気付く。 トガリアミガサタケは大きくなると、頭部が黒くなるが、 小さい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スッポンタケの幼菌

毎年、スッポンタケは卵(幼菌)はたくさん見つかるのに、 綺麗な成菌はなかなか見つからない。 「出ている」と思っても、 すでに地面にぐったりと横たわっていたり、 雨でグレバが流れ落ち真っ白になっていたりする。 毎年一本でいいから、 綺麗な成菌を観察…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒイロベニヒダタケ

ヒイロベニヒダタケは名前の通り、とても色鮮やかなキノコだ。 小さなキノコだが派手な色をしているので、 出ていればすぐに気付く。 マイフィールドでは枝掃いをして、木の枝を積み上げてある場所で、 毎年必ず見られる。 丸太のように大きなものよりも、 細かい枝が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハタケシメジ

谷戸の草地にハタケシメジが出ていた。 道からほんの少しだけずれた場所なのだが、 いい具合に草に隠れてカムフラージュされていて分かりにくい。 こんなところにキノコが出ているなんて思う人は少ないらしく、 草地に足を踏み込んだような跡も見られなかった・・・・・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キツネノエフデ

マイフィールドではキツネノエフデは毎年同じ場所に出て来る。 竹林の林縁の開けた場所で多く見られる。 低木の下や草の間から顔を出していることが多く、 ちょっと分かりにくい・・・・・・。 秋も深まり気温がぐっと下がってからの方が 出会いが多いキノコだ・・・・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロアシボソノボリリュウ

クロアシボソノボリリュウは一ヶ所で見つかると、 あちこちに出ていることに気付く。 小さく地味で分かりづらいキノコなので、 こういう形のキノコの存在を知らない人には「見えない」キノコだ。 谷戸の林縁でよく見つかるが、 林縁から離れた場所でもよく見かける。 ノボリリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シロソウメンタケ

シロソウメンタケは里山では谷戸の林縁や林道でしばしば出会う。 梅雨のころから秋遅くまで断続的に見られるキノコだが、 キノコらしくない形状をしているので、 たまたま見つけた人は、「何これ」と頭をかしげている・・・・・・記…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

姉妹ブログを更新しました

姉妹ブログ、「くろねこさんの昼さがり」を更新しました。 今回は街でよく見かける「腕をブンブン振って歩く女性」のお話。                   http://kuronekosannchi.cocolog-nifty.com/blog/
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオクワガタと植菌材

現在ではオオクワガタというと、 野生というよりもペットの印象の方が強い。 飼育方法も確立されていて、 簡単に卵を産ませて繁殖することが出来る。 野生のオオクワガタは木が養分を保ったまま枯れて、 白色腐朽菌の回った朽木に産卵する。 飼育されているオオクワガタにも、 最近ではこの習性を利用して産卵をさせようと、 あらかじめキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニオイコベニタケ

ニオイコベニタケは桃色の美しいキノコ。 谷戸の林縁ではあちこちから発生する普通種。 他のキノコとも相性がいいようで、 他種といっしょに並んで生えていることもしばしばある。 他のキノコを撮影したカットに偶然写りこんでいることも多い・・・・・・{%コーヒーwebry…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テングタケの幼菌

こう晴れ続きで強風の日が続くと、地面はカサカサに乾燥して、 キノコの発生は期待出来ないな~と思っていたら、 テングタケがちゃんと出て来ていた。 しかし、この先順調にキノコが発生して行くためには、 やっぱり少し雨が降って欲しい・・・・・・記事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スミゾメヤマイグチ

数年前から林道、林縁に発生ポイントが出来て、 それからは毎年ほぼ同じ場所に発生している。 里山のポイントはけっこう乾燥気味の場所で、 あまりキノコが出そうな感じはしないのだが、 なぜかこの場所に定着している。 マイフィールドの里山では、 林道に沿った10メートルほどの範囲にしか発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キツネノエフデが現れた

昨日の記事のイチモンジチョウが飛び去ったら、 その下からぐったりと横たわったキツネノエフデが現れた。 キツネノエフデは頭部がグレバという悪臭を放つ粘液に包まれている。 このグレバはハエなどの昆虫を引き寄せて、 ハエの足などについたグレバが、 他の場所に運ばれて次の世代を繋いで行く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more