テーマ:スミレの見分け方

ちょっと図々しいアリアケスミレ

都市部ではスミレやヒメスミレと同じような場所に自生しているアリアケスミレ。 ガードレールの下のアスファルトの隙間はもちろん、 月極め駐車場でもよく見られる。 里山ではアリアケスミレは、 スミレよりもやや湿り気の多い場所(畑や田んぼの周りなど)にも自生している。 月極め駐車場というのは、駐車場になる前は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スミレの紫色

そういえば今春は、 スミレは色変わりばかりUPしていて、 普通の花色のものをまだ記事にしていなかった。 で、上の画像のものがスミレの一般的な花色だと思う。 この混じり気のない濃密な紫色は、 スミレと間違えやすいと言われる、 ノジスミレやヒメスミレにはないもの。 逆に言うなら、ノジスミレやヒメスミレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤みの強いスミレの花

道端で赤みの強いスミレの花を見つけた。 一瞬、スミレじゃないんじゃないかと思うほど、 鮮やかの色合いの花だったが、 冷静になって観察してみれば、特徴は全てスミレと一致する。 画像の株はスミレとヒメスミレが、 点々と自生している道端で一緒に育っていた。 しかし、赤みの強い花はこの一株だけで、 他の株…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

V.sororia プリセアナの識別

▲プリセアナの花。 近所の道幅の狭い緑道で見つけたプリセアナ。 花は白地に青紫の筋が密に入るのが特徴。 日本の在来種によく似た花はないので、 他種と間違えることはないと思う。 もともとは北米原産のスミレで、 日本には観賞用に明治の末頃入って来た。 野生化したものが見られるようになったのは197…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暖冬の影響はなかったマルバスミレ

今春、都市部のアスファルトで育つスミレたちは、 暖冬の影響もあってか咲き始めるのが早かった。 だから里山のスミレたちも、 開花が早まるのではと気にかけていたのだが、 全くそんなことはなくて、 ほぼ例年通りの開花となった。 里山はアスファルトの都市部と違って、 温度変化の幅が少ないからだろうか・・・・・・。 マルバスミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜の花弁を着飾ったタチツボスミレ

散った桜の花弁を着飾って、おすまし顔のタチツボスミレ。 いつもの薄紫色ではなくて、 花色が少し赤みがかって見えたので念のため確認。 桜色が花弁に反射して、 赤みがかって見えているのかと思ったのだが、 どうやらそうではなさそうで個体差のようだった。 たまにこんな花色のやつにも出会うのだが、 こういう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「スミレの色変わり」と「交雑種」について

スミレは個体数が多いこともあって、 花色や花の形、 花の大きさなどに様々な変化が見られる。 画像は昨年見つけた花色の色変わり個体。 (ちなみに画像は今年新たに撮影したもの) 大きな道路の歩道側、アスファルトの隙間に沿って、 普通の花色のスミレといっしょに自生していた。 見つけた時は他種との交雑も疑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

適応環境が広いタチツボスミレ

タチツボスミレは適応環境の幅が広く、 里山の中でもじつに様々な環境に生育している。 日当たりの良い丘の上や、道端、 半日陰の林縁や明るい雑木林、 日当たりの悪い常緑樹の雑木林や、 建物の陰になっている場所など、 見られない場所はないと言ってもいいくらいだ。 また、乾燥気味の里山の尾根付近や、 湿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スミレとヒメスミレ

画像はガードレールの下、 それも車道側で育っているスミレ。 スミレは郊外の花のイメージがあるかもしれないが、 都市部でも探すと案外見つかる。 ガードレールの下はスミレのお気に入りの場所で、 5メートル、10メートルと群落が続く場所もあるくらいだ。 平坦な場所ではガードレールの死角になって、 普通に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アツバスミレ(二色咲き)の識別

画像は昔から近所の道端でよく見られるスミレ。 強健でアスファルトの隙間でも大きな葉を繁らせ、 毎年たくさん花を咲かせている。 近所では数ヶ所に群落があるが、 いずれもアスファルトの道端で育っている。 花は大輪で上弁が白く、側弁と唇弁が紫色の二色咲き。 距はぼってりとしていてアリアケスミレに近い感じ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

駐車場のアリアケスミレ

強健なアリアケスミレはこんな所にも自生している。 ここは舗装しないで、 砂利を敷き詰めただけの月極め駐車場。 よく見るとアリアケスミレの白い花が、 あちこちで咲いているのが見て取れる。 砂利が敷き詰められているにも関わらず、 アリアケスミレ以外にも、タンポポなど背の低い植物が、 群落を作るほどに増…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スミレの色変わり

タチツボスミレと並んで分布域の広いスミレは、 個体数が多いこともあって、 花色や花弁の形、大きさなどに変化が見られる。 画像のスミレは大きな道路の道端に生えていたもので、 典型的なスミレに比べて、 紫色の色合いがかなり青寄りである。 また、唇弁と側弁の一部が白く抜けている{%電…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナガバノスミレサイシンと湿度の関係

里山では4月に入って、 ナガバノスミレサイシンの花が目立つようになった。 雑木林や林縁の半日陰で湿り気の多い場所を好む。 里山の絞り水が染み出して来る、 斜面下などに群落が出来やすい。 また、林縁のキノコが生えやすい場所には、 タチツボスミレやマルバスミレに紛れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スミレの見分け方

先週、里山で咲いていたスミレは、画像のアオイスミレのみだった。 アオイスミレは早咲きのスミレで、 他のスミレよりも一足早く咲き始める。 日当たりのよい土手や、丘の上では、 タチツボスミレも咲いているかなと期待したのだが、 残念ながら、まだ一輪も咲いていなかった・・・・・・{%新芽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒメスミレの生育環境

近所ではヒメスミレの花が目立ち始めた。 10日ほど前から花は咲き始めていたのだが、 何しろ名前の通りとても小さなスミレなので、 道端で1~2輪の花が咲いていても誰も気付かない。 ヒメスミレは里山でも見られるが、 数は圧倒的に家の近所の方が多い。 道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スミレの見分け方

画像は里山でコスミレと並んで最も早く咲き出すアオイスミレ。 花期には花も葉も地面にぺたりと貼り付いたような印象のスミレで、 花が咲いていても周囲の草や落ち葉に紛れてしまい、 その存在を知らないとちょっと分かりにくいところがある・・・・・・。 スミレシーズンに入ったので、 記事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナガバノスミレサイシンの生育環境2

里山ではナガバノスミレサイシンは、 明るい雑木林の林床や林縁などの、 半日陰の環境に自生している。 落ち葉が堆積して腐葉土になっているような場所や、 コケが枯れることなく生育しているような、 湿り気の多い土の場所を好むようだ。 里山環境を維持して行くためには、 間伐や枝掃いは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スミレの見分け方

近所ではアスファルトの割れ目で、ヒメスミレがちらほら咲き出した。 ヒメスミレは名前の通り、とても小さなスミレだが、 花が咲き始める時期は特別小さくて、 一枚の葉の大きさは小指の爪ほどしかない。 このため、意識していないと、道端で咲いていても、 気付かずに通り過ぎてしまうかもしれな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オカスミレの生育環境

オカスミレはフィールドで実際に見ると、 画像よりもかなり赤みの強い印象がある。 薄紫色の花のスミレが多い中、 オカスミレの赤紫色はかなり目立つ。 里山のような丘陵地に多いスミレで、 平地ではあまり見たことがない。 マイフィールドでは林道脇や雑木林…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タチツボスミレの生育環境

里山では環境を選ばず、 どこにでも咲いている印象のタチツボスミレ。 強健で増えやすく、丘の上などでは、 薄紫色の花が一面に広がっている場所も見られる。 タチツボスミレは日本で最も普通に見られるスミレではないだろうか。 里山では土留めの石垣の、石と石の僅かな隙…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スミレの見分け方

マイフィールドのコスミレは、 アオイスミレと競うように早く咲き出すポイントと、 暖かくなってから、一気に蕾が上がって来るポイントがある。 薄暗い林縁では三月下旬になってようやく咲き始めた。 早くから咲き出していたポイントでは、 一輪一輪、ゆっくりと咲いて行く印象だが、 暖かくなっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アリアケスミレの生育環境

里山のアリアケスミレは、 田んぼの周りや草地など、 土にある程度の湿り気が 保たれている場所を好んで自生している。 アリアケスミレは湿気が多い、 土の場所が好きなのかなと思いきや、 決してそんな訳ではないようだ・・・・・・。  近所で見られるアリアケスミレは、 道端や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スミレの生育環境

スミレは里山にも自生しているが、 数は圧倒的に近所の道端に多い。 住宅地の道端や、 バス通りに沿う歩道脇を探すと、 あちこちで見つかる。 そんな場所は決まって、 アスファルトで舗装されているものだが、 スミレはむしろそんな場所を好む傾向がある{%タクシー(ブンブン)hdeco…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白花のタチツボスミレ

タチツボスミレには、 花や距が全て真っ白になった「シロバナタチツボスミレ」や、 花は真っ白で距だけ薄紫色の、 「オトメスミレ」という品種がある。 「品種」といっても、 園芸的に作出されたものではなく、 野生下で見ることが出来る・・・・・・。  画像のタチツボスミレは、 花弁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パピリオナケアの識別

画像はV.sororiaパピリオナケア。 外来種だがニオイスミレ同様、 都市部で野生化している。 しかし、在来種の「スミレ、アリアケスミレ、ヒメスミレ」のように、 アスファルトの割れ目に生えていることは少なく、 ほとんどが土が残っている場所で増えている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白い蕾のタチツボスミレ

このタチツボスミレを見つけたとき、 オトメスミレだと思っていた。 オトメスミレとは距の部分にだけ薄紫色が残り、 花が真っ白になったタチツボスミレのこと。 里山の尾根の林縁で見つけたこの株はとても大きく、 たくさんの白い蕾が上がって来ていた。 しかし、残念な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

都市部では見られないマルバスミレ

里山のマルバスミレは斜面に多く自生している。 平らな場所でもちらほらとは見られるが、 大きな群落は圧倒的に急な斜面に多い。 里山から谷戸へ下りて来る斜面だったり、 林縁の土手だったり、 谷戸の小川の土手などにも多い。 そのどれもが、 少なからず土が崩れか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スミレの見分け方

今シーズン、 里山ではコスミレが2月の下旬に早くも開花し、 2週間ほど遅れてアオイスミレが咲き出した。 早咲きのスミレは、現在見ごろを迎えている。 この分だとタチツボスミレも、 早く咲き出すのかなと思っていたら、 まだ、ちらほらといったところで、 谷戸が薄紫色に染まるのは、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人知れず咲く、アオイスミレ

里山ではコスミレから約2週間遅れて、 アオイスミレが咲き始めた。 花期のアオイスミレは葉がとても小さく、 花茎をほとんど伸ばさずに、 地面すれすれで開花する。 このため、平らな場所では、 木々の落ち葉に埋もれて、 人知れず、花を咲かせていることも多い。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コスミレの花色について

今シーズン、里山ではコスミレの開花が早かった。 もともと、早咲きのスミレではあるが、 2月の下旬にすでに開花していた。 コスミレは花色がフィールドによって違うことが多く、 マイフィールドの里山の中だけでも、 花色が濃く出る群落と、 花色が淡い群落がある{%吹き出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more