園芸品種の黄色いマンサク

画像は園芸品種の黄色いマンサク。 花はシナマンサクによく似ているが、 枝に枯葉は全く付けない。 開花時期はシナマンサクよりやや早いか、 ほぼ同時に開花する。 花付きがすこぶるよくて、 外れ年というのがなく、 枝いっぱいに花を付ける。 咲き始めが早いので、 在来種の満開の時期には、 …
コメント:0

続きを読むread more

河津桜がようやく開花

画像は河津桜の花。 マイフィールドではようやく3~4分咲きになった。 昨年は半月前にこのぐらいになっていたので、 いかに今年が寒かったのかがよく分かる。 この日はとても暖かく、 メジロがたくさん蜜を求めてやって来ていた。 普段はほとんど人と出会わないこの場所だが、 河津桜の花が開花する…
コメント:0

続きを読むread more

シロフフユエダシャクのメス

画像はシロフフユエダシャクのメス。 マイフィールドでは毎年2月に、 ヒロバフユエダシャクとセットで出現する。 ぽってりとした体型をしていて、 ヒロバフユエダシャクのような精悍さはない。 小さく残った翅も、 なぜかぼさぼさしている個体が多く、 なんとなくだらしのない印象がある。 この2…
コメント:0

続きを読むread more

姉妹ブログを更新しました

姉妹ブログ、「くろねこさんの昼さがり」を更新しました。 日常生活に潜む、 思わず「プッ!」と吹き出してしまう笑撃を、 四季折々の写真と共に、 あなたにちょっとおすそわけ・・・・・・。             http://kuronekosannchi.cocolog-ni…
コメント:0

続きを読むread more

赤いマンサク

画像は園芸品種の赤いマンサク。 シナマンサクはもう満開に近かったが、 こちらはまだ蕾も見られる。 開花順でいうと、シナマンサクが最も早く、 その後少し遅れて画像の赤いマンサク、 そして最後に在来種という順番で開花して行く。 そうはいっても、花期は被っているので、 2月中旬ぐらいになれば、 …
コメント:0

続きを読むread more

ミツマタの花芽

画像はミツマタの花芽。 時期的にそろそろかなと思って見に行ってみたが、 まだほころび始めてもいなかった。 ミツマタの冬芽は、 画像のように大きな花芽がとてもよく目立つ。 いつも思うのだが、 ミツマタはなぜこんなに大きな花芽を露出したまま、 越冬するようになったのだろう。 どう考えても…
コメント:0

続きを読むread more

シナマンサク

画像はシナマンサクの花。 例年だとシナマンサクは、 もう終わりに近い時期なのだが、 今年は寒いせいかようやく見ごろを迎えた。 シナマンサクは枯葉をたくさん枝に付けたまま、 花を咲かせる特徴がある。 このため花の咲き始めの頃は、 花が枯葉に隠れてちょっと分かりずらい。 しかし、開花が進…
コメント:0

続きを読むread more

都市部に進出したイソヒヨドリ

画像はイソヒヨドリ。 昔は街中で見ることなんてなかった野鳥だが、 近年都市部でもしばしば目撃するようになった。 私が都市部で最初に目撃したのは、 なんとオフィスビルが立ち並ぶ場所。 早朝にビルとビルの間の広場に下りて来て、 まるでカラスのようにトコトコと歩いていた。 当時はイソヒヨドリ…
コメント:0

続きを読むread more

ヒロバフユエダシャクのメス

画像はヒロバフユエダシャクのメス。 2月に入ると現れるフユシャクの一種。 フユシャクのメスにしては翅が大きめで、 前翅よりも後翅の方が大きい特徴がある。 これはフユシャクのメスばかり見ていると、 あまり違和感として感じられないが、 昆虫全体としてみると、 かなりおかしなことであることに気付…
コメント:0

続きを読むread more

姉妹ブログを更新しました

姉妹ブログ、「くろねこさんの昼さがり」を更新しました。 日常生活に潜む、 思わず「プッ!」と吹き出してしまう笑撃を、 四季折々の写真と共に、 あなたにちょっとおすそわけ・・・・・・。             http://kuronekosannchi.cocolog-nifty.com/blog/ …
コメント:0

続きを読むread more

河津桜の開花は進まず・・・

画像は河津桜の蕾。 先々週、ちらほらとほころび始めていたので、 だいぶ開花が進んだかなと思って見に行ったのだが、 残念ながら咲いている花はほとんどなかった。 昨年の今ごろは、 もう河津桜の木々はピンク色に染まっていて、 一足早い花見を楽しめるほどだった。 それを考えると、 今年は河津桜の…
コメント:0

続きを読むread more

クズの冬芽葉痕

画像はクズの冬芽葉痕。 クズは一度草地や林縁に入り込むと、 一気にあたり一面に広がって厄介者扱いされる。 このため刈られてしまうことも多いのだが、 つる性の植物なので、 長いつるが葉を落とした後には、 たくさんの冬芽葉痕が残されている。 冬芽葉痕はなんと宇宙人グレイで、 あちこちで我々人…
コメント:0

続きを読むread more

むかごご飯

画像はむかごご飯。 むかごをたくさんいただいたので作ってみた。 自然薯を掘るのは大変だが、 蔓に付いているむかごを収穫するのは簡単だ。 里山では藪や低木の枝を払う時に、 ついでに収穫されることが多い。 むかごご飯は作り方も簡単で、 むかごをきれいに洗って、 ご飯を炊く時にいっしょにい…
コメント:0

続きを読むread more

ジョウビタキのメス

画像はジョウビタキのメス。 愛称はジョビ子だ。 ジョビ子とはいつも里山の畑の同じ場所で出会う。 畑にいるジョウビタキは、 畑を耕している時に出て来る虫やミミズを、 農家さんに放り投げてもらっているせいか、 あまり人を恐れない個体が多い。 ちなみに畑の別のエリアには、 ジョビ江とジョビ美も…
コメント:0

続きを読むread more

オオカマキリの卵嚢

画像はオオカマキリの卵嚢。 このユキヤナギの枝の中では、 毎冬10個以上のオオカマキリの卵嚢が見つかる。 ユキヤナギは枝が混み合っているので、 野鳥から卵嚢が守られて、 春まで生き延びる可能性が高い。 どうやらこのことをオオカマキリのお母さんは、 本能的に知っているようなのだ。 そし…
コメント:0

続きを読むread more

姉妹ブログを更新しました

姉妹ブログ、「くろねこさんの昼さがり」を更新しました。 日常生活に潜む、 思わず「プッ!」と吹き出してしまう笑撃を、 四季折々の写真と共に、 あなたにちょっとおすそわけ・・・・・・。             http://kuronekosannchi.cocolog-nifty.com/blog/ …
コメント:0

続きを読むread more

ヤブツバキの花

画像はヤブツバキの花。 サザンカとツバキの違いを上げる時、 花びらが一枚ずつ落ちるのがサザンカで、 花ごとポトリと落ちるのがツバキと覚えている人が多いと思う。 じつはサザンカとツバキの違いはそれ以外にもある。 サザンカの雄しべは1本1本がバラけていて、 下の方まで黄色いが、 ツバキの雄しべ…
コメント:0

続きを読むread more

シナサワグルミの冬芽葉痕

画像はシナサワグルミの冬芽葉痕。 シナサワグルミは中国原産のサワグルミで、 昔は公園などによく植えられていたが、 最近はあまり見かけなくなってしまった。 シナサワグルミの冬芽葉痕は、 日本のサワグルミと同様に眠り顔をしている。 枝にたくさん付いている眠り顔は、 春を待って眠り続ける木の妖精…
コメント:0

続きを読むread more

草餅

和菓子屋さんに草餅が並び始める季節になった。 草餅は現在ではヨモギの葉が使われているが、 もともとはハハコグサの葉が使われていた。 ちなみにハハコグサは七草粥に入れるゴギョウのことだ。 昔の人はハハコグサの香りが邪気を払ってくれると考えていたのだ。 このため草餅は上巳の節供(ひな祭り)に食べる…
コメント:0

続きを読むread more

アカハラ

画像は最近土手でよく出会うアカハラ。 とてもフレンドリーなやつであまり逃げない。 個人的にはアカハラには毎年あまり縁がなくて、 不思議なくらい出会いが少ない。 だから久々に出会ったアカハラが、 こんなフレンドリーなやつだと、 なんだかとても嬉しい・・・・・・。 {…
コメント:0

続きを読むread more