八重のムクゲの花

画像はムクゲの花。 ムクゲは中国原産の樹木で、 日本には薬用植物として、 奈良時代に渡来したといわれている。 都市部の夏を彩る花の代表で、 いまの時期ならどこへ行っても見ることが出来る。 耐暑性、耐寒性ともに優れていて、 都市部の排気ガスにも耐性があり非常に強健。 このため公園や…
コメント:0

続きを読むread more

ラミーカミキリ

画像はラミーカミキリ。 ラミーカミキリはこのように上から見ると、 体の背面にタキシードを着た謎の男が浮かび上がる。 目が異様に大きくて、 普通の人間じゃないことは明らかだ。 はたして彼は、 宇宙人なのか幽霊なのか、 いったい何者なのだろうか・・・・・・
コメント:0

続きを読むread more

ヒメジョオンの花

画像はヒメジョオンの花。 原っぱで小さな子供がお母さんに、 「このお花、春からずっと咲いてるよね」と言っていたが、 じつはそうではない。 4月ごろ咲いていたのは、 よく似たハルジオンの花で、 いま咲いている花はヒメジョオンの花なのだ。 ちなみにハルジオンの花期は4月から6月で、 現在…
コメント:0

続きを読むread more

カマキリの幼虫

久しぶりにカマキリの幼虫に出会ったら、 想像以上に大きくなっていた。 考えてみたら、 もうすぐ8月なのだから、 このサイズになっていたって、 なんの不思議もない。 クズの葉っぱの上でポーズをとるその姿は、 格好だけはもう一人前だ。 しかし、大きな成虫になるためには、 あと何回かの脱…
コメント:0

続きを読むread more

姉妹ブログを更新しました

姉妹ブログ、「くろねこさんの昼さがり」を更新しました。 日常生活に潜む、 思わず「プッ!」と吹き出してしまう笑撃を、 四季折々の写真と共に、 あなたにちょっとおすそわけ・・・・・・。             http://kuronekosannchi.cocolog-ni…
コメント:0

続きを読むread more

ウンモンスズメ

画像はウンモンスズメ。 玄関を開けたら目の前にいた。 ウンモンスズメは灯火に集まって来る習性がある。 きっと、玄関の灯りに呼び寄せられて、 ここまで飛んで来たのだろう。 ウンモンスズメの食樹はケヤキやマユミ。 ケヤキやマユミなら街中でも見られるので、 近所の公園あたりから飛んで来た…
コメント:0

続きを読むread more

ヤブカンゾウの花

画像はヤブカンゾウの花。 里山では田んぼの周辺の土手や林縁、道端など、 あちこちに群生している。 ほぼ全ての部分を食用に出来る優秀な山菜で、 この時期は蕾を天ぷらにしたり、 酢の物にして食べることが出来る。 最近はヤブカンゾウを食べる人は減ってしまったが、 昔は春の若芽や夏の蕾を味わお…
コメント:0

続きを読むread more

アゲハの蛹

観察を続けていたアゲハの幼虫が、 ついに蛹になっていた。 カラスザンショウの幼木には、 幼虫の姿が見えなくなっていたので、 あたりを探して見たところ、 民家の外壁で蛹になっていた。 アゲハの仲間は植樹でそのまま蛹になることは少なく、 安定した場所まで移動して蛹になることが多い。 幼虫…
コメント:0

続きを読むread more

ナガバギシギシ

画像は果実期のナガバギシギシ。 ナガバギシギシの花期は、 図鑑によると4月から7月と、 個体によってかなりばらつきがある。 しかし、実際には9月頃まで花を付けている個体がある。 このため早く開花したものは、 もう6月にはこんな状態になっている。 なんだか草地の中で、 ここだけが秋…
コメント:0

続きを読むread more

ミンミンゼミ

画像はミンミンゼミ。 7月20日を過ぎて、ようやくフィールドで、 ミンミンゼミを見かけるようになって来た。 そうは言っても、 実際はまだまだニイニイゼミの声が最も多く、 ニイニイゼミはいまがピークの印象が強い。 ミンミンゼミやアブラゼミは、 8月に入ってからが本番で、 隣の人との会話…
コメント:0

続きを読むread more

姉妹ブログを更新しました

姉妹ブログ、「くろねこさんの昼さがり」を更新しました。 日常生活に潜む、 思わず「プッ!」と吹き出してしまう笑撃を、 四季折々の写真と共に、 あなたにちょっとおすそわけ・・・・・・。             http://kuronekosannchi.cocolog-ni…
コメント:0

続きを読むread more

カナブンだらけ

観察しやす場所に樹液酒場が開店したようなので、 ちょっと覗きに行ったところ、 カナブンたちに占領されていた。 ちなみに木の裏面もこんな状況だった。 樹液を求めてチョウたちもやって来ていたが、 カナブンの突進にあい、 あえなく退散。 カナブンは意外と気が強く、 同種同士でもいい場所を取…
コメント:0

続きを読むread more

オニユリが見ごろになった

咲き始めていたオニユリの花数が揃い、 ようやく花が見ごろを迎えた。 谷戸ではオニユリがあちこちに自生していて、 至る所が橙色に染まっている。 オニユリは強健なユリで、 直射日光をもろともせず生育するので、 ヤマユリと違って生育場所は選ばない。 このため都市部でも開発から取り残された、 …
コメント:0

続きを読むread more

アゲハとクロアゲハの幼虫のその後

▲ナミアゲハの終齢幼虫。 カラスザンショウの幼木で育っていた、 ナミアゲハとクロアゲハの幼虫を見に行ったら、 早いものでもう終齢幼虫になっていた。 見ての通りぷっくぷっくになっていて、 もうすぐ蛹になるサイズだ。 ▲クロアゲハの終齢幼虫。 ナミアゲハの幼虫に比べると、 クロアゲハの幼虫はやや大きく…
コメント:0

続きを読むread more

ハンゲショウ

画像はハンゲショウの花。 ハンゲショウは花期になると、 上部の葉の下半分が白く染まる。 花は細長い穂に集まって多数が付き、 初め下垂しているが後に立ち上がる。 花は両性で花弁はない。 花期に葉が白く染まるのは、 花に花弁がないためで、 上部の葉を白い花弁のように見せ、 受粉して…
コメント:0

続きを読むread more

ニイニイゼミが最盛期

画像はニイニイゼミ。 マイフィールドでは現在ニイニイゼミが最盛期だ。 ミンミンゼミやアブラゼミも鳴き始めているが、 ニイニイゼミに比べると、まだまだ数が少ない。 画像のニイニイゼミは、抜け殻の隣に止まっていて、 あたかも「ここから出て来ました」と言っているようだったが、 残念ながらこの抜け殻…
コメント:0

続きを読むread more

姉妹ブログを更新しました

姉妹ブログ、「くろねこさんの昼さがり」を更新しました。 日常生活に潜む、 思わず「プッ!」と吹き出してしまう笑撃を、 四季折々の写真と共に、 あなたにちょっとおすそわけ・・・・・・。              http://kuronekosannchi.cocolog-n…
コメント:0

続きを読むread more

雨続きで・・・

まるで梅雨に逆戻りしたような天気が続いて、 アジサイが元気を取り戻している。 里山はもともと木陰が多いので、 市街地のように花が一気に咲いてしまうことはなく、 日陰のものほど花を遅くまで楽しめる。 特に雑木林に転倒防止用に植えられているアジサイは、 ようやく花を咲かせ始めたものもあって、 …
コメント:0

続きを読むread more

アゲハの若齢幼虫

カラスザンショウの幼木で、 アゲハの若齢幼虫がたくさん育っていた。 アゲハの仲間の幼虫は、 若齢時は野鳥の糞に擬態していて、 このような白黒のツートンカラーをしている。 ちなみに同じように見えるかもしれないが、 手前側2匹はナミアゲハの幼虫で、 奥の1匹はクロアゲハの幼虫になる。 今…
コメント:0

続きを読むread more

オニユリが開花

オニユリが開花した。 と言っても、まだ圧倒的に蕾の方が多いのだが、 この花が咲き出すと、いよいよ夏本番となる。 今年は咲き始めの時期に雨続きとなり、 気温が下がったため、 蕾が色付いてから開花まで時間がかかった。 この分だとオニユリは、 一気に咲いてしまうことはなさそうだ・・・・・・{%夏…
コメント:0

続きを読むread more