コバノタツナミの花

コバノタツナミ.JPG
画像はコバノタツナミの花
タツナミソウの仲間では唯一大きな群落を作る。

日当りのよい場所を好み、
土止めの板などに沿って群落が広がっていることが多い。

里山で見られるタツナミソウの仲間では最も早く開花するが、
開花は自生している場所の日当りに大きく左右される。

日当りがよい場所を好むが日陰でも見られ、
そのような場所では、
2~3週間開花が遅れる。

背の低い植物なので、
他の植物に覆われる草地などでは生育出来ない。

踏み固められて雑草の生えにくい道端や、
定期的に草刈りが入る場所でよく見られる。

このため人の手が入らなくなると耐えてしまう植物である・・・・・・
記事画面の画像クリックで大きくなります。

"コバノタツナミの花" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント