花後のカントウタンポポは・・・?

カントウタンポポ.JPG
画像はカントウタンポポの花
カントウタンポポの自生場所は、
5月の中旬ごろになると草で覆われて行き、
ちょっとした草原のような光景に変わる。

カントウタンポポは花期が終わり、
大きな葉を枯らして、
夏を迎える準備に入る。

夏になるとカントウタンポポは、
背丈の高い草に周りを覆われて、
完全に見えなくなってしまう。

この頃になるとカントウタンポポは、
ロゼットの中央の葉だけを残して、
大きな葉は全て枯れてしまう。

これは夏に体力の消耗を避けるため、
葉の数を減らして、
秋に再び生長を始める準備をしているためと思われる・・・・・・
記事画面の画像クリックで大きくなります。

"花後のカントウタンポポは・・・?" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント