環境の変化とギンランの花

ギンラン.JPG
画像はギンランの花
キンランが咲いている場所なら、
ギンランも咲いているだろうと思われるかもしれないが、
実際にはキンランよりもギンランの方が、
生育条件はシビアのようだ。

キンランは多少日当りのよすぎる場所でも育つが、
ギンランは枝払いなどで、
日の当たり具合がちょっと変わると、
姿を消してしまうことがよくある。

マイフィールドではギンランの個体数は、
毎年変わることなく安定しているが、
他のフィールドではキンランは見られるが、
ギンランは絶えてしまったという所が少なくない。

そのような場所では、
「環境は変わっていないのになぜ?」と思われていることが多い。

ところが人目線では「環境は変わっていない」ように見えても、
植物目線では環境が激変していることが多いのだ。

そのようにして消えて行った植物はじつに多い・・・・・・
記事画面の画像クリックで大きくなります。

"環境の変化とギンランの花" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント