ヨツモンカメノコハムシ

ヨツモンカメノコハムシ.png
画像はヨツモンカメノコハムシ
いわゆる南方系のカメノコハムシで、
日本では当初は琉球列島に分布していた種。

温暖化の影響なのか、
近年分布を急速に北へ広げており、
本州では2008年に静岡県で見つかったのが最初。

昆虫の世界では本種のように、
温暖化の影響で分布が北上して来た種が目立つ。

サツマイモの害虫として知られており、
農家からは厄介がられている。

畑にサツマイモがない時期は、
主にノアサガオを食草にしている。
画像の個体もノアサガオにいた。

他にもヒルガオ科の植物は食べるようだが、
サツマイモとノアサガオが特に好まれるようだ・・・・・・
記事画面の画像クリックで大きくなります。

"ヨツモンカメノコハムシ" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント