エノコログサとベニシジミ

ベニシジミ.png
風に揺れるエノコログサを眺めていたら、
ベニシジミがやって来てくれた
この時期に見られるものは、
「夏型」ということになるのだろうが、
「夏型」のオスは画像のように、
翅の橙色の部分がかなり狭くなる特徴がある
これはオスの方が顕著で、
個体によっては、
ほとんど茶色のチョウになっているものまで見られる。
いわゆる草地のチョウで、幼虫の食草はスイバやギシギシ。
スイバやギシギシは都市部の環境にも適応しているため、
ベニシジミも身近に見られるチョウになっている・・・・・・
記事画面の画像クリックで大きくなります。

"エノコログサとベニシジミ" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント