ハリギリの冬芽葉痕

ハリギリの冬芽葉痕.png
画像はハリギリの冬芽葉痕
ハリギリは漢字では「針桐」と書く。
これは幹にびっしりとある鋭いトゲから来た名前だ。
画像のように幼木にもトゲはしっかり付いていて、
まるで鎧を着たようなその姿は非常に特徴的。
もう少し先の話になるが、
葉が開ききる前の若葉は山菜として利用出来る。
しかし、ウコギ科最強とも言える強烈なえぐみが特徴で、
天ぷら以外で利用する場合はあく抜きが必要だ・・・・・・
記事画面の画像クリックで大きくなります。

"ハリギリの冬芽葉痕" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント