ツクツクボウシ

ツクツクボウシは8月のお盆の頃から、 急激に数を増して来るセミだ。 マイフィールドでは土日あたりから、 急に鳴き声が目立つようになって来た。 そうは言っても、 他のセミと入れ替わって、 ツクツクボウシが出現したという訳ではない。 ニイニイゼミやミンミンゼミ、 アブラゼミにプラスして、…
コメント:0

続きを読むread more

姉妹ブログを更新しました

姉妹ブログ、「くろねこさんの昼さがり」を更新しました。 日常生活に潜む、 思わず「プッ!」と吹き出してしまう笑撃を、 四季折々の写真と共に、 あなたにちょっとおすそわけ・・・・・・。             http://kuronekosannchi.cocolog-ni…
コメント:0

続きを読むread more

サトクダマキモドキの幼虫

画像はサトクダマキモドキの幼虫。 木の幹を少しずつ上へ昇って行っていたので、 ブレずに写ってくれるか心配だったが、 なんとか撮影出来た。 もうサイズ的にはかなり大きく見えたが、 こうして撮影画像で確認すると、 あと2回ほど脱皮しないと、 成虫にはならないようだ。 サトクダマキモドキは…
コメント:0

続きを読むread more

クサギの花と訪花昆虫

画像はクサギの花。 夏の里山を彩る樹木の花だ。 クサギは里山では林縁に沿ってあちこちに自生している。 個体数が多い樹木なので、 あちこちに鳥に運ばれた種子が眠っているらしく、 藪を刈ったり、雑木林の間伐をして、 地面に日が当たるようになると、 真っ先に発芽して来るパイオニア植物。 花…
コメント:0

続きを読むread more

未だ勢力衰えず、ニイニイゼミ

画像はツワブキで羽化していたニイニイゼミ。 ニイニイゼミは梅雨明け前から鳴き出すセミで、 他のセミよりも一足早く地上に姿を現す。 ということは、普通に考えたら、 地上から姿を消すのも、 他のセミより一足早いはずだ。 ところがニイニイゼミは、 未だに勢力は衰えることなく、 次々と羽化し…
コメント:0

続きを読むread more

マンネンタケ

マイフィールドではなぜか今シーズン、 こいつによく出会う。 なんだか卑猥な形をしているが、 これはマンネンタケというキノコの幼菌になる。 画像の個体の周辺には6本の幼菌が伸びていた。 マンネンタケは成長すると画像のような姿になる。 傘の大きさは5~15cmで…
コメント:0

続きを読むread more

ヒメアカタテハ

草地をひらひらと飛ぶヒメアカタテハに出会った。 草地には意外とチョウが潜んでいるもので、 一歩足を踏み込むと、 身を潜めて休んでいたチョウが、 びっくりして飛び立って行く。 こちらとしては、 「バッタでもいないかな~」と、 軽い気持ちで草地に入ってみたのだが、 チョウにしてみたら、 「…
コメント:0

続きを読むread more

姉妹ブログを更新しました

姉妹ブログ、「くろねこさんの昼さがり」を更新しました。 日常生活に潜む、 思わず「プッ!」と吹き出してしまう笑撃を、 四季折々の写真と共に、 あなたにちょっとおすそわけ・・・・・・。             http://kuronekosannchi.cocolog-nifty.com/blog/ …
コメント:0

続きを読むread more

ハイビスカスじゃないよ、ムクゲだよ

先週は八重咲のムクゲの花をUPしたので、 今週は一重咲きの普通のムクゲの花をUPしようと思う。 ムクゲは中国原産で、 日本へは薬用植物として、 奈良時代に渡来したといわれている。 ムクゲは古くから夏の茶花としても用いられ、 「夏の花」のイメージを強く植え付けられたといってもいいと思う。 …
コメント:0

続きを読むread more

セミの羽化ラッシュ

セミの発生がピークを迎えている。 というか、当分の間、ピークが続く。 画像のケヤキの木は、 毎年大量のセミを育み、羽化を見守って来た。 画像のように8月のこの時期になると、 幹は巣立って行ったセミたちの抜け殻でいっぱいになる。 正にセミたちにとっては、 母なる木と言ってもいいだろう。 …
コメント:0

続きを読むread more

カノコユリ

畑の一角で農家さんが育てているカノコユリが 今年もたくさん咲いている。 このカノコユリ、 ずっと植えっぱなしなのだが、 毎年画像のようにたくさんの花を付けてくれる。 花の少ない真夏の今の時期には、 被写体が昆虫に偏りがちなので、 とてもありがたい。 カノコユリはオニユリが咲き終わった…
コメント:0

続きを読むread more

ツクツクボウシ

マイフィールドでは先週から、 早くもツクツクボウシが鳴き始めている。 そうは言っても、 まだまだちらほら鳴き声が聞こえる程度だが、 それにしたってちょっと早い気がする。 ツクツクボウシはもう少し数が増えてから、 撮影しようかなと思っていたのだが、 画像の個体は赤目だったので撮影しておいた・…
コメント:0

続きを読むread more

ワルナスビの花

画像はワルナスビの花。 一見、ジャガイモやナスの花にそっくりで、 「誰がこんな所に植えたんだろう」なんて思うかもしれない。 しかし、ワルナスビは葉や茎に鋭い刺があり、 葉の形もジャガイモやナスとは全然違う。 ワルナスビは明治時代に、 牧草に紛れて渡来したと言われている。 ワルナスビ…
コメント:0

続きを読むread more

姉妹ブログを更新しました

姉妹ブログ、「くろねこさんの昼さがり」を更新しました。 日常生活に潜む、 思わず「プッ!」と吹き出してしまう笑撃を、 四季折々の写真と共に、 あなたにちょっとおすそわけ・・・・・・。             http://kuronekosannchi.cocolog-ni…
コメント:0

続きを読むread more

キハラゴマダラヒトリ

画像はキハラゴマダラヒトリ。 ゴマ塩模様の白いきれいな蛾だ。 キハラゴマダラヒトリはその名の通り、 腹部が黄色いのだが、 黄色いのは上部だけで、 ちょうど翅で隠れていてこの部分が見えない。 そこで確認したいのが脚の付け根で、 この部分が黄色ければキハラゴマダラヒトリになる。 じつ…
コメント:0

続きを読むread more

八重のムクゲの花

画像はムクゲの花。 ムクゲは中国原産の樹木で、 日本には薬用植物として、 奈良時代に渡来したといわれている。 都市部の夏を彩る花の代表で、 いまの時期ならどこへ行っても見ることが出来る。 耐暑性、耐寒性ともに優れていて、 都市部の排気ガスにも耐性があり非常に強健。 このため公園や…
コメント:0

続きを読むread more