「白いシモツケ」と「クロヒカゲ」

シモツケ白.JPG
画像は先月末に撮影していた白いシモツケの花
白いシモツケは咲いているそばから、
すぐに茶色く悪くなって行くので、
なかなかいい状態のものを撮影出来ない。

普通のピンク色のシモツケ同様、
5月の開花期の花が終わった後も、
秋ごろまでだらだらと咲き続ける傾向がある・・・・・・。

クロヒカゲ.JPG
画像はクロヒカゲ
里山ではお馴染みのチョウで、
林縁を歩いていれば必ず出会う。

それもそのはず、
幼虫の食草はアズマネザサなので、
ごく普通に見られるチョウなのも納得がいく。

成虫は樹液によく集まるが、
この時期は樹液が出ている木がまだ少ない。

そのせいかこの個体はアカシジミといっしょに、
栗の花にやって来ていた・・・・・・
記事画面の画像クリックで大きくなります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
かわいい

この記事へのコメント