オケラの花

オケラ.png
かつてオケラは里山の林縁や草地でよく見かけた
しかし、里山の管理放棄が原因で、
自生地の環境が変わり、急激に数を減らして行った。
現在、林縁でオケラが見られる場所は、
かなり貴重と言えるだろう。
かつては春の若葉は食用となり、
「山でうまいはオケラとトトキ」と歌われるほど、
美味い山菜であると言われていたが、
現在ではオケラ自体の数が少なく、
とても食用にするほどの収量は確保出来ない。
食用どころか保護が必要なぐらいの植物である。
ちなみに「トトキ」とはツリガネニンジンのことである・・・・・・
記事画面の画像クリックで大きくなります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント