アカボシゴマダラの幼虫が越冬準備

長角型.png
こちらのアカボシゴマダラの幼虫はまだ角が長い
止まっているエノキの幼木の葉っぱも青々としていて、
これならまだ食事にありつけそうだから、
越冬の準備はもう少し先でいいやという判断なのだろうか。

短角型.png
そしてこちらは、
その1mくらい先の幼木にいたアカボシゴマダラの幼虫
よく見ると角がすでに短くなっている。
アカボシゴマダラやゴマダラチョウの幼虫は、
このように角を太短くして越冬準備を始める。
エノキの葉っぱはまだ青々としていたが、
「寒くなって来たし、そろそろ越冬の準備でもしとくか」
と思っているのかもしれない。

この日見つけたアカボシゴマダラの幼虫は、
角がまだ長いものと、
すでに短くなっているものが半々程度で、
いずれもまだ体色は緑色だった。
今後、エノキの葉っぱが黄葉し始めると、
幼虫の体の色も褐色へ変化して行き、
越冬体勢に入る・・・・・・
記事画面の画像クリックで大きくなります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント