クコの花

クコの花.png
クコはナス科の落葉低木。
花期は7月から11月とかなり長く、
紫色の小さな花を咲かせる
花後に出来る果実は翌年の花期に熟すので、
花と果実が同時に見られるちょっと変わった木である。
クコの果実は朱色に熟すが、
自然に落果することはほとんどなく、
長い期間、枝に残っているので見つけやすい。

日本では杏仁豆腐の上に乗っている、
赤いドライフルーツとして知られるが、
本来は漢方薬の材料で栽培もされている。

漢方では果実を「枸杞子」、「木蜜」、
花を「長生薬」、葉を「枸杞葉」、
根を「地骨皮」と呼ぶそう。
主な効能としては、血圧降下や解熱があげられる。
中国では春の新芽、夏の茎、秋の実、
冬の根の全てが宝だと言われている。

また、クコの枝葉にはビタミンCが含まれていると言われ、
クコ茶、クコ飯、クコ粉末(ふりかけとして利用)など、
山菜として利用されることもあるようだ・・・・・・
記事画面の画像クリックで大きくなります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 18

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント