里山の環境 「田んぼと水辺の草地」

谷戸.png
里山を復活させようとする活動が各地で行われている。
ひとくちに里山と言っても、
じつに様々な環境が含まれているが、
その多くは谷戸の田んぼを復活させようという取り組みのようだ。
これは田んぼそのものが、
生物多様性が高い場所であると勘違いしている人が多いからだ・・・・・・。

ここで注意しなければならないのは、
谷戸の環境を全て田んぼに戻してしまうことだ。
田んぼを復活させれば、
田んぼに依存している生き物は戻って来るだろうが、
それ以外の生き物は戻って来ない。

田んぼと言うのは、
稲というたった一種類の植物を育てる場であり、
田んぼだけが広がっているだけなら、
そこはただの単調な環境でしかない。

もともとの谷戸の環境と言うのは田んぼだけではなく、
そこから続く湿地があって、
背の低い湿性植物が生えるエリアがあり、
それより背の高くなるショウブが育つエリア、
そして更に背の高いオギやヨシが繁るエリア、
そしてそれを囲むようにして育つハンノキ林などが、
モザイク状に連続してあるものだ。

このような環境を理解し、セットで復活させなければ、
里山本来の生物多様性は戻って来ない・・・・・・
記事画面の画像クリックで大きくなります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント