イモカタバミとムラサキカタバミの見分け方

イモカタバミ.png
画像はイモカタバミの群落
今の季節、都市部でよく見かける花だと思う。
もともとは南アメリカ原産の植物だが、
園芸植物として入って来たものが野生化している。
イモカタバミの特徴として、
紅紫色の花の絨毯を敷き詰めたような、
大きな群落を作ることがしばしばある。
花は濃厚な紅紫色で花の中心は更に色が濃い。
雄しべの葯は黄色いのも特徴の一つ。

ムラサキカタバミ.png
画像はムラサキカタバミ
ムラサキカタバミの花も、
イモカタバミの花と同時期に見られるが、
イモカタバミよりもやや遅れて咲き始める印象。
こちらも南アメリカ原産の外来種。
イモカタバミの花に比べて花色は淡く安定しない。
同じ株の花でも紅紫色から白色に近いものまで見られる。
花の中心は緑色で、雄しべの葯は白い。
イモカタバミのような大群落にはならず、
手の平ほどの大きさの群落がひと塊ずつ見られる・・・・・・
記事画面の画像クリックで大きくなります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント