ムラサキケマンとシロヤブケマン

ムラサキケマン.png
里山ではムラサキケマンは草地や丘の上、道端、林縁など、
探すまでもなくどんな場所にも生えている。
よっぽど強健な植物なのかと思いきや、
都市部の環境には全く適応出来ないらしい。
花は全体に紅紫色で、茎の上部に集まって総状に付く。
群生している場所も多く、たくさん咲いてると見事である


シロヤブケマン.png
こちらはムラサキケマンの品種のシロヤブケマン
植物の特徴はまったくいっしょで花の色だけが違う。
シロヤブケマンは花弁の先端の方だけが色付き、
他の部分は白いのが特徴。
色の抜け方は様々で、
色付いている部分がもっと小さいものや、
色が薄くほとんど白花に近いものまで見られる。
ちなみに花が完全に真っ白になったものはユキヤブケマンという。
シロヤブケマンの花は、
咲き終わると白い部分も色付いてから落下するようだ。
マイフィールドでは、ムラサキケマンとシロヤブケマンは住み分けていることが多く、画像のようにシロヤブケマンが見られる場所では、シロヤブケマンのみの群落が見られる・・・・・・
記事画面の画像クリックで大きくなります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント