タンポポの見分け方

ほころぶ.png
近所では3月に入って間もなく、
3倍体雑種タンポポの蕾がほころび始めた。
ひとくちに3倍体雑種と言っても、
大きく3種類のタイプがあって、
うちの近所で最も多く見られるのは、
私が識別のために、
勝手に「タイプA」と呼んでいるタイプ。
画像のように3倍体雑種のタンポポは、
蕾の時はカントウタンポポのように総苞片は直立している

3倍体総苞.png
画像は3倍体タイプAの花が開花した後の総苞
総苞の外片はやや開き気味になる程度で、
セイヨウタンポポのように反り返ったりすることはない。
総苞の色は濃緑色であることも特徴の一つ。

3倍体開花.png
花は在来種に比べてかなり大きくボリュームがある。
そして花粉をたくさん付けることも、
3倍体タイプAの特徴の一つだ・・・・・・。

昔は都市部ではセイヨウタンポポの勢力が強く、
道端で見られるタンポポの大半はセイヨウタンポポだった。
しかし、最近は都市部で見られるタンポポは、
そのほとんどが雑種タンポポになってしまって、
セイヨウタンポポは探し回らないと、
なかなか見つからなくなって来ている・・・・・・

(各種タンポポの見分け方は記事上、または記事下のタグ、
「タンポポの見分け方」より記事一覧に入れます。
「里山再生計画」では、
関東平野で見られるタンポポを紹介しています)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント