センニンソウ

センニンソウ.png
センニンソウが花盛りだ
里山では低木や藪、民家の塀などをよじ登り、
白い小さな花をたくさん咲かせている。
センニンソウの花には花弁がなく、
四枚の白い花弁のように見える部分はじつはガクだ。
キンポウゲ科の植物には有毒のものが多いが、
センニンソウにも毒がある。
そのせいなのか、
センニンソウには「外れ年」というのがほとんどなく、
毎年あちこちでそこだけ雪が降ったように花を咲かせている。
じつは原種のクレマチスと言ってもいい植物で、
花の構造を見てみると、
なんとなくクレマチスに似ているのが分かる・・・・・・
記事画面の画像クリックで大きくなります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント