クロアシボソノボリリュウ

画像
クロアシボソノボリリュウは一ヶ所で見つかると、
あちこちに出ていることに気付く
小さく地味で分かりづらいキノコなので、
こういう形のキノコの存在を知らない人には「見えない」キノコだ
谷戸の林縁でよく見つかるが、
林縁から離れた場所でもよく見かける
ノボリリュウの仲間は以前はノボリリュウタケと呼ばれていたが、
「タケ」が取れて「ノボリリュウ」となった・・・・・・
記事画面の画像クリックで大きくなります。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック