フユノハナワラビ

画像

フユノハナワラビは秋の初め頃に小さな葉を広げる
晩秋から冬にかけて胞子葉を出して、
これが花のように見えることから、
「フユノハナワラビ」の名前がある
フユノハナワラビは秋から冬にかけて光合成をする植物なので、
地面が笹や草、薮に覆われているような場所では育たない
里山で個体数が多いのは定期的な草刈りが入るためで、
管理を放棄した荒れ放題の場所では見られない・・・・・・
記事画面の画像クリックで大きくなります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック