オトギリソウと弟切草伝説

画像

平安時代、晴頼という鷹匠がいた
晴頼は自分の鷹が怪我をすると、
ある薬草を使って傷をあっという間に直してしまっていた
当然、鷹匠の仲間たちは、その薬草の名前を聞き出そうとしたが、
晴頼は頑としてその名前を明かそうとはしなかったという
ところがある日、
晴頼の弟がうっかり薬草の名前を漏らしてしまった
激怒した晴頼はその場で弟を斬り殺してしまったという
この事件があってから、
この薬草のことを「弟切草」と呼ぶようになった
オトギリソウをよく観察すると、
花弁や蕾、葉に点々とした小さな黒いシミのようなものがある
これは弟を切った時に飛び散った、
血しぶきが残ったものだという伝説がある・・・・・・
記事画面の画像クリックで大きくなります。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック