ウラシマソウ

画像

ウラシマソウは最も身近に見られるテンナンショウの仲間
強健で自然度がそれほど高くない場所でも見られる
都市部でも開発に取り残されたようなちょっとした場所で、
ひっそりと生き残っていることが多い
「こんなところに何で」というような場所で出会うこともある
近所では坂に沿ったフェンスの中の、
奥行きのない細長い草地に群生していることもあった
このあたりではそのフェンスの中のわずかなスペースだけが、
「昔と変わらない場所」ということのようだ・・・・・・
記事画面の画像クリックで大きくなります。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック