テングタケの四兄弟

画像

テングタケは発生条件がそれほどシビアではないようで、
一度刺激を受けて出始めると、
ピークを過ぎてもだらだらと発生を続ける傾向がある
今シーズンは梅雨のキノコシーズンには、
雨不足でテングタケに限らず、キノコはほとんど出なかったが、
8月に入ってまとまった雨が降ったことで、
夏の終わりごろからキノコが次から次へと出始めた
特にテングタケは大豊作と言っていいほどの数が出た
10月に入ってピークは過ぎたものの、テングタケはまだ出て来ていて、
6月に不作と言っていたのがまるで嘘のようだ・・・・・・
記事画面の画像クリックで大きくなります。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック