トガリアミガサタケが出始めた

画像

林縁でトガリアミガサタケが出始めていた
まだ、小指の先端ほどの大きさのものばかりで、
大きな成菌は1本も見当たらなかった
トガリアミガサタケは大きくなると頭部が黒っぽくなる
最初はそのイメージで探していたら全く見当たらず、
例年より気温が低めであることが影響して、
出て来るのが遅れているのだろうと思っていた
たまたま足元で咲いていたアオイスミレを撮影しようとしゃがんだところ、
トガリアミガサタケの幼菌が、
その周辺にたくさん出ていることに気付いた
幼菌の頭部は灰色がかった茶色で、
小さなものほど灰色寄りの色になる
このため、降り積もった落ち葉に紛れて、
かなり分かりにくい状態だった・・・・・・
記事画面の画像クリックで大きくなります。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック