恵比須講

画像

1月20日は恵比須講
恵比須様が出稼ぎに出掛ける日と言われている
この日は「朝恵比須」と言って、恵比須様は朝出掛けて行くので、
朝のうちに供え物をする
供え物の内容は地域によって様々だが、
そば、赤飯、尾頭付きの魚は供える地域が多いようだ
画像のように二人分準備するのは、
恵比須様は大黒様といっしょに「二福神」として祀られているため、
大黒様の分もいっしょに供えているためだ

画像

また、これといっしょに、
一升枡に空の財布を入れたものを置いておく
なぜ、空の財布かと言うと、
恵比須様にお金を見せると、出稼ぎに行かなくなるので、
空の財布を置いておかなくてはいけないのだという
「うちには見ての通りお金がないので、たくさん稼いで来て下さい」
という意味がある
ちなみに恵比須講というのは各家庭で行われる年中行事で、
神社や地域で行われる「十日えびす」とは関係がない・・・・・・
記事画面の画像クリックで大きくなります。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック