小正月の小豆粥

画像

元日を大正月というのに対して、1月15日を小正月という
民間の年中行事では、小正月には小豆粥を作って神棚と仏壇に供え、
無病息災を願って、家族も小豆粥を食べる
昔は小豆には邪気を払う効果があると信じられていて、
小正月の日に小豆粥を食べると、
鬼を追い払い、厄病除けになると言われていた
また、小豆には動脈硬化の予防や、肝機能の改善など、
様々な健康効果があると言われている
忘年会、お正月、新年会と、胃腸を酷使して来たかたには、
小豆粥は正にぴったりのメニューと言えるだろう・・・・・・
記事画面の画像クリックで大きくなります。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック