近所のスミレ調査③「アリアケスミレ」

画像

アリアケスミレは都市部の環境に適応しているスミレのひとつだ
里山では田んぼの畦や周辺の土手など、
湿り気の多い土の場所に多く自生している
そんな場所が好みなのかと思いきや、
都市部ではアスファルトの隙間や割れ目で生育している

画像

近所ではスミレのように道路に沿って、
ガードレールの下で花を咲かせている場所もあったが、
アリアケスミレはなぜか複数の月極め駐車場で多く見られた
コンクリートの車止めの後ろや、
月極め駐車場の縁に沿って長い群落を作っている
ちなみにアリアケスミレがガードレールに沿って見られる場所は、
近くにアリアケスミレが生育する月極め駐車場があって、
どうやらそこから種がこぼれ出て増えて行ったようだ

画像

一枚目の写真の場所を少し引いて撮影してみると、
こんな感じになるのだが、
この場所は五歩も歩けば、
アリアケスミレの生育する月極め駐車場がある
調べてみると近所の月極め駐車場がある場所は、
昔は空き地や畑だった場所がほとんどで、
更に時間を遡ると田んぼだったようだ・・・・・・
これがアリアケスミレと関係あるのかどうかは分からないが、
個人的に興味深い話だなとは思っている・・・・・・
(各種スミレの見分け方は、
記事下のテーマ「スミレの見分け方」より記事一覧に入れます。
タイトルに「○○スミレの識別」とあるのが、
いわゆる「見分け方」の記事になります

記事画面の画像クリックで大きくなります。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック