ヤマアカガエルの卵塊

画像

春一番が吹き荒れた日の翌日、
谷戸の水辺はヤマアカガエルの卵塊でいっぱいになっていた
ヤマアカガエルは低気圧が近付きまとまった雨が降ると、
産卵のために里山を下りて来る
なぜわざわざ雨の日を選ぶのかというと、
乾いた地面にお腹が擦れると、やわらかい卵が壊れてしまうため、
地面が滑りやすい雨の日を選んで下りて来るのだとか
ヤマアカガエルは一匹のメスが、
一度に二千個近い卵を産卵すると言われていて、
産卵前のメスのお腹はそうとうぱんぱんに違いない
そんなお腹で山を下りて来るのはかなりの重労働で、
雨で地面が滑りやすい方が自分自身にとっても楽なのだろう
ヤマアカガエルの卵塊は産卵から五日程度は、
画像のように非常に透明度が高い
産卵から一週間を過ぎると、周囲の土などが付着して周りに同化して来る
この日、数え切れないほどの卵塊を見つけたが、
どれも透明度が高いものばかりで、
どうやら全て春一番がふいた日の前後に産卵したもののようだ・・・・・・
記事画面の画像クリックで大きくなります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 15

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック