どんど焼き

画像

どんど焼きは小正月の行事で、
1月14日の夕方から行うのが本来の姿だ
最近では、多くのかたが参加出来るように、
1月14日に近い、
土、日、祝日に行う地域も多いようだ
 マイフィールドの里山では、
どんど焼きは毎年、
1月14日と決まっている
昔からの風習が、
いろいろと、
残っている地域なので、
どんど焼きのやり方も、
昔とほとんど変わっていないそうだ
 ちなみに、どんど焼きの「どんど」とは、
尊いもの」という意味で、
お正月の松飾りやお神札など、
神様が宿っているものを、
お焚き上げするという意味がある

画像

 どんど焼きの櫓を建てるのに、
竹は付き物だが、
櫓に点火し、竹に火が回ると、
「パン、パン」という破裂音が、
あたりに響き渡る
この音は災いを退けると言われている
 そして、櫓が燃えて行くにつれて、
熱気で顔が熱くて、
たまらなくなって来るが、
この火に当ることで、
一年間無病息災でいられるという
 お正月の歳神様は、
どんど焼きの炎と煙に乗って、
天に帰って行かれると言われている
 そして、松飾りが全て燃え、
炭火になったころ、
だんご焼き」が始まる
これについては、
長くなるので、明日の記事で、
ご紹介してみたいと思う
 また、今回、早めに出かけたので、
どんど焼きの櫓を作る過程を、
見せていただくことが出来た
これについても、
近いうちに記事にしてみたいと思っている
記事画面の画像クリックで、大きくなります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック